Products DNA −ものづくりの系譜−

SSD搭載のNASを新たにラインナップ。高速・耐振動・省電力を実現したテラステーション。開発スタッフへのインタビューを通して、商品開発にまつわるエピソードやアイデアの秘密をご紹介する『Products DNA』。今回はテラステーション「TS5210DFシリーズ」の開発担当、中島佑樹と池上響に開発に込めた想いを語ってもらった。

世界三大デザイン賞「レッドドット・デザイン賞」を受賞。性能とデザインを高い次元で両立。

── 「TS5210DFシリーズ」はSSD(Solid StateDrive)を搭載した意欲的なNASです。この製品が開発された経緯を教えてください。

中島:「TS5210DFシリーズ」の前に「TS5210DNシリーズ」という2016年9月に発売されたNASがあります。外観は似た製品ですが、今回の製品と決定的にちがうのはHDDをストレージに採用しているということ。最大10Gbpsの伝送速度を持つ10GbEも搭載しているのですが、そのポテンシャルを最大限に引き出そうとした場合、やはりHDDではストレージそのもののスピードがボトルネックになってしまうという課題がありました。いかにしてストレージの速度を向上させるか、その解決策として上がったのがSSDを搭載するというアイデアです。

── 速度的にSSDとHDDはどの程度の差があるものなのでしょうか。

中島:HDDの転送速度は一般的に150〜180MB/sec、一方でSATA SSDは450〜500MB/secの転送速度です。また、ストレージが1秒当たりに処理できるアクセス数を表す「IOPS(Input/Output Per Second)」の数値では、HDDが100〜300であるのに対し、SSDでは1万〜100万という、もはや比較にならないレベルで差があります。スペック上でこれだけ速度に差がありますから、体感的にもちがいが出ますね。
「TS5210DFシリーズ」はSSDを搭載したことで、10GbEの恩恵をHDDよりも格段に大きく受けることのできる性能を誇っています。

── 「TS5210DFシリーズ」は高い耐振動性能も特長のひとつですね。

中島:SSDは半導体素子を用いるその仕組みから言っても、ディスクと読み取りヘッドが存在する繊細なHDDよりも耐振動性能で優れており、一般的に3倍〜20倍程度の耐振動性能を持つと言われています。「TS5210DFシリーズ」においても、1G〜6Gの耐振動性能試験をクリアしています。

── 省電力性能も大きな特長ですが、それもSSDの恩恵によるものでしょうか。

中島:SSD とHDDの消費電力に大きな差が出るのはフルでリード・ライトを行っているときではなく、「アイドル状態」なんです。HDDではアイドル中もモーターを回し続けなくてはなりませんが、SSDは低電力モードに移行することができます。アイドル状態とアクセス状態をくり返すNASという製品特性からいっても省電力効果は顕著で、HDDモデルの「TS5210DNシリーズ」と比較すると平均63%もの消費電力カットを実現しています。

── SSDを搭載するにあたっての課題はどのようなものがあったのでしょうか。

中島:SSDと一口に言っても、SSDごとにその特性はさまざまです。例えばディスクの容量が一定量を超えると途端に転送速度が落ちてしまう製品があるなど、いわばスペックには現れない「クセ」のようなものがあるんです。今回「TS5210DFシリーズ」に搭載するSSDを決定するにあたって、10種類のSSDを本体と組み合わせて検証しました。中でも、クセが少なく相性の良いSSDを採用しています。

── 「TS5210DFシリーズ」はドイツの歴史あるデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」において「プロダクトデザイン賞」を受賞しています。受賞理由はどのようなものだったのでしょうか。

池上:「レッドドット・デザイン賞」は、「iFデザイン賞」「インターナショナル・デザインエクセレンス賞」とともに世界三大デザイン賞に数えられる権威あるデザイン賞です。デザインの革新性、機能性、品質、人間工学、持続可能性、象徴性など9つの基準に基づき審査され、2017年は54カ国から約5,500件以上の応募がありました。「TS5210DFシリーズ」の選定理由は、単に美しい筐体であるというだけではありません。「サーバールームに置かないNAS」であるというコンセプトが明確にデザインに落とし込まれているという点が受賞の理由です。ストレージを持ち去られないための鍵の配置や、ホコリから内部の機器を守る防塵ネット、誤操作を予防するボタン配置など、機能に即したデザインを施したことが評価されました。

中島:「TS5210DFシリーズ」の登場でSSDの特性を活かした新たな活用シーンが創造されます。たとえば、スピードを要求される結婚式場での映像編集作業や、振動が避けられない建設現場や工場内でのサーバー活用など、これまでにない新たなニーズを拡げる製品としてたいへん期待しています。

製品紹介 TeraStation TS5210DFシリーズ

SSD、そして10GbEネットワークを標準搭載。高速・耐振動・省電力を極めたNAS。

SSD搭載モデルをラインナップに追加。
10GbEのスピードを最大限に発揮する、テラステーションの高速・耐振動・省電力モデル。新たな活用シーンを創造します。

製品の詳細ページへ

※高速性能・耐振動性能・省電力性能を実証するそれぞれの数値は、製品Webページに詳しいデータを掲載しています。ご参照ください。
ネットワーク事業部 中島佑樹 (写真:右) 休日には一眼レフカメラを片手に自然を散策、植物や動物を写真に収めるのが趣味。画像編集にもこだわり、ベストショットの数々は自宅のサーバーで大切に保管している。 共通技術部 デザイン課 池上響 (写真:左) Jリーグ「名古屋グランパスエイト」の熱烈なファン。ホーム戦はもちろんアウェイ戦も可能な限り観戦する。本製品にてドイツの「レッドドット・デザイン賞」受賞。