HOME > 会社情報 > 環境活動 : マーク、ラベル表示による環境訴求

マーク、ラベル表示による環境訴求

J-Mossグリーンマーク

バッファローは、J-Mossグリーンマークの表示可能な製品において、同マークを表示しています。
J-Mossグリーンマーク該当各製品のWEB製品仕様ページ内にて「J-Mossの定めるWebへの含有箇所による含有状況の表示」をご覧いただけます。

J-Mossグリーンマーク該当製品例
J-Mossとは?

J-Moss(電気・電子機器の特定化学物質の含有表示に関する新規格)とは、「資源有効利用促進法」で指定する家電製品およびパソコンの7品目を対象に、6物質(※)の含有表示を電気・電子機器の製品本体等に実施するものです。
「J-Mossグリーンマーク」とは、電子・電気機器全般を対象としたもので、対象の6物質※)を含有しない製品にメーカーが任意で表示することができるマークです。

※ J-Mossで含有表示の対象となる6物質 (1)鉛、(2)水銀、(3)カドミウム、(4)六価クロム、(5)ポリ臭素化ビフェニール(PBB)、(6)ポリ臭素化ジフェニールエーテル(PBDE)

PCグリーンラベル

バッファローは、一般社団法人パソコン3R推進協会が行う「PCグリーンラベル制度」の企業審査に合格しました。
また、この制度の定める環境基準を満たした製品について「PCグリーンラベル ロゴマーク」の取得を推進し、お客様が周辺機器をご購入いただく際に「環境に配慮した製品」をお選びいただけるよう努めてまいります。

PCグリーンラベル該当製品例
PCグリーンラベル制度とは?

環境に対するパソコンおよび周辺機器の包括的取組みを表現するもので、3つのコンセプトから構成されています。
このコンセプトに基づき、パソコン3R推進協会が策定した環境基準を満たした製品のみに「PCグリーンラベルロゴマーク」を表示することが許されています。

PCグリーンラベル制度とは?

・ 環境(3R)に配慮した設計・製造がなされている
・ 使用済後も、引き取り、リユース/リサイクル、適正処理がなされている
・ 環境に対する適切な情報開示がなされている

グリーン購入法

バッファローでは、製品の環境情報提供を行っております。各製品ごとに定められた基準を基に環境負荷の少ない製品選択に努めています。
当社取扱製品では、「各種ハードディスク」と「液晶ディスプレイ」がグリーン購入法適合商品です。
また当社では、グリーン購入法適合商品情報を積極的に公開しています。
当社のカタログやWebサイト等で、右のマークがついている商品は、「グリーン購入法」適合製品です。

グリーン購入法適合製品例
グリーン購入法とは?

2001年4月(一部1月)より施行された法律で、国、独立行政法人等及び地方公共団体にグリーン購入(※)を義務づける法律です。
国が率先して環境配慮型製品を購入することで、市場全体を環境配慮型へと誘導していくことを目的としています。
グリーン購入法では、事業者に対しても製品の環境情報提供と、環境負荷の少ない製品選択を努めることが義務付けられており、商品ごとに判断基準・配慮項目が定められています。

※ グリーン購入:製品やサービスを購入する際、必要性を十分に考慮し、価格や品質、利便性、デザインだけでなく環境のことを考え、環境への負荷ができるだけ小さいもの(エコマーク商品など)を優先して購入すること

↑ ページの先頭へ

おすすめ情報

一覧を見る