HOME > お客様サポート > ダウンロード > ソフトウェアダウンロード > TeraStation 5000シリーズ ファームウェア アップデータ

 ●TeraStation 5000シリーズ ファームウェア アップデータ (Macintosh) Ver.3.51

 データ名  TeraStation 5000シリーズ ファームウェア アップデータ
  Ver.   Ver.3.51
 登 録 名  ts5000-4000_series-351_fwmac.dmg.zip
 バイト数  459,411,961 Bytes
 掲 載 日  2017年5月18日
 対応機種  Macintosh
 対応 OS  macOS X 10.4 〜 10.12
 対象製品  TS5200D, TS5200DN, TS5400D
 TS5400DH, TS5400DN, TS5400DWR
 TS5600D, TS5600DN, TS5800D, TS5800DN,
 TS5400R, TS5400RH, TS5400RN
 著作権者  株式会社 バッファロー
 作成方法  ZIP書庫
 転載条件  転載禁止
 取扱説明書  製品添付マニュアル、リファレンスガイド
 GPL/LGPL
 のライセンス
 本製品は、GPL/LGPLの適用ソフトウェアを使用しており、
 これらのソフトウェアソースコードの入手、改変、再配布の
 権利があります。詳しくは、【こちら】をご覧ください。
 ソースコードの入手方法は【こちら】をご覧ください。
【ソフトウェア紹介】
このソフトは、TeraStation 5000シリーズのファームウェアアップデートユーティリティです。
ファームウェアをVer.3.51に更新します。
ご使用中のTeraStationがVer.3.51以上の場合はアップデートを行う必要はありません。

【ファームウェア バージョンの確認方法】
NAS Navigator2の検索画面を開き、TeraStationを選択します。
ダイアログ右下最下段の「ファームウェア」に記述してある数字が、
製品のファームウェアバージョンになります。

【ファームウェアアップデートに関する注意事項】
・更新が完了するまで時間がかかる場合がありますが、必ずメッセージが表示されるまでお待ちください。
・ファームウェアのアップデート完了後、USBハードディスクが自動的にマウントされない場合があります。
 このような場合は、一旦USBハードディスクを取り外した後、再度取り付けていただくことで、認識されます。
・iSCSIイニシエーターから接続解除を行った後にファームウェアアップデートを実施してください。

【ファームウェアに関する注意事項】
・イーサネットフレームサイズ (Jumbo Frame) に関してのご注意
 TeraStationのイーサネットフレームサイズの値は、接続しているハブやルーターの
 イーサネットフレームサイズより小さい値を設定してください。
 大きい場合、TeraStation へデータを転送できません。

・Ver.2.40以前のファームウェアからVer.3.51にアップデートする場合、
 あらかじめ次の事項をご確認ください。
 - guestユーザーアカウントを無効にしていた場合、アップデート後、guestユーザーが
  有効になります。元の設定にするときは、無効にしてください。
 - ユーザー情報にメールアドレスを登録していた場合、
  アップデート後、ユーザー情報に登録したメールアドレスが空欄になります。
  アップデートする前にメールアドレスを記録し、各ユーザー情報に登録し直してください。

・フォルダー名に大文字を使った共有フォルダーでDropbox連携機能を設定すると、
 不要なキャッシュフォルダーが作成されることがあります。
 Dropbox連携機能で使用するフォルダーはすべて小文字に変更してください。

・Ver.2.70以前のファームウェアからVer.3.51にアップデートする場合、
 Amazon S3をご利用されている状態でアップデートすると、Amazon S3の設定情報が初期化されます。
 アップデート完了後に設定し直してください。

【アップデータの使用方法】
1.ダウンロードしたファイルをダブルクリック(実行)してください。
2.解凍されたイメージ内の"update"を実行し、画面の指示に従ってアップデートしてください。
 アップデート方法は【こちら】
 フェイルオーバー運用中の方は【こちら】

【変更履歴】
Ver.3.51 [2017.5.18]
* 機能追加・改善
[フェイルオーバー]
・セキュリティーを改善しました。

[レプリケーション]
・バックアップアクセスキーに対応しました。アクセスキーはバックアップで使用するものと共通設定です。

[Dropbox]
・DropboxのAPIバージョンをV1からV2に変更しました。

[Web設定]
・セキュリティーを改善しました。

* 不具合修正
[バックアップ]
・かんたん設定画面でバックアップの設定ができない問題を修正しました。
・LVMを有効にしている状態で履歴管理バックアップを行うと旧世代のバックアップが残る問題を修正しました。

[フェイルオーバー]
・フェイルオーバーのメイン機にUSBドライブを接続した状態でフェイルオーバーを構築すると、
 USBドライブの設定情報がバックアップ機にコピーされてしまう問題を修正しました。
・フェイルオーバー設定されたバックアップ機が昇格したときに、
 バックアップ機能の検索対象IPアドレス設定が引き継ぎされていないため、
 うまくバックアップができなくなる問題を修正しました。
・フェイルオーバーを、メイン機の故障時に手動でバックアップ機を昇格する設定で構築した場合、
 メイン機が検出できない状態になってもバックアップ機が昇格しないことがある問題を修正しました。

[レプリケーション]
・設定されているLAN端子の通信が切断されると、
設定と異なるLAN端子を使用してレプリケーションを再同期してしまう問題を修正しました。
・複数タスクを登録すると同期に失敗することがある問題を修正しました。

[ウイルススキャン]
・LVMを有効にしていると、ウイルススキャン設定画面で
 ウイルスを検出したファイルのパスが正しく表示されない問題を修正しました。
・メール通知機能のウイルス検知メールに、無効な隔離対象のファイルパスが記載される問題を修正しました。
・隔離フォルダーがウイルススキャン対象になる問題を修正しました。
・ディスク構成によって、隔離フォルダーがウイルススキャン情報画面で正しく表示されない問題を修正しました。
・共有フォルダーに対して、ウイルススキャンを無効にしても無効にならない問題を修正しました。
・ウイルスに感染した複数のファイルを同時に検知すると、隔離に失敗する問題を修正しました。

[UPS連動]
・シリアル接続のUPS機器のシリアルケーブルを抜き差ししても
 「E10」エラー状態から復旧しない問題を修正しました。
・UPS接続時に本体の時刻設定を未来時刻から過去時刻に変更すると不定期に
 「E10」エラーが表示される問題を修正しました。

[iSCSI]
・iSCSIボリュームの接続を無効にした後にボリュームを削除しようとしても、削除できない問題を修正しました。
・RAID環境でLVM有効にすると、iSCSIボリュームが破損する恐れがある問題を修正しました。

[ディスク]
・ハードディスクをメディアカートリッジに設定したときに自動で作成される
 「mediacartridges」フォルダーが削除できない問題を修正しました。

[Windowsネットワーク]
・デフォルトゲートウェイを本製品に設定した状態で、
 かんたん設定画面からActive Directoryドメインが設定できない問題を修正しました。
・かんたん設定画面で、代替DNSサーバーアドレスと異なるIPアドレスを
 「Active Directoryドメイン名(DNS名)」欄に入力すると、
 Active Directoryドメインが設定できない問題を修正しました。

[NFS]
・特定のNFSクライアントから接続できなくなる問題を修正しました。

[スリープ]
・UPS連動機能とスリープタイマー機能を同時に使用すると、
 正しくスリープタイマーが機能しないことがある問題を修正しました。

[Working Folder]
・Working Folderで大量なデータをアップロードすると不安定になる問題を修正しました。

[Dropbox]
・Dropbox設定画面のタスク情報が正しく表示されない問題を修正しました。
・Dropbox設定画面で使用済み容量が正しく表示されない問題を修正しました。

[ネットワーク]
・ARPテーブルのキャッシュがクリアされない問題を修正しました。

[システム]
・設定復元USBドライブからの設定復元に失敗する問題を修正しました。

[Web設定]
・複数のレプリケーションタスクの編集時に、予期しないエラーダイアログが表示されてしまう問題を修正しました。
・多数のユーザーを削除するときに、予期しないエラーダイアログが表示されてしまう問題を修正しました。


以前の変更履歴は【こちら】をご確認ください。
ダウンロードソフトウェア使用許諾について

ダウンロード 「ダウンロードソフトウェア使用許諾契約」に同意してダウンロードする
Warning:This download service is ONLY for Buffalo products being purchased in Japan.
For Buffalo products being purchased except Japan,please access the following site:
http://www.buffalotech.com/
注意:
  • ダウンロードボタンクリック時に、エラーが表示されダウンロードができない場合は、ページの更新後(再読み込み)、再度ダウンロードボタンをクリックしてください。
  • 本ソフトウェアは日本国外で購入された製品での動作を保証致しません。海外で購入された製品のダウンロードはこちらをご覧ください。

 ダウンロード方法とダウンロードファイル解凍方法について

おすすめ情報

一覧を見る