●WSR-1166DHP2 ファームウェア for Windows Ver.1.12

 データ名  WSR-1166DHP2 ファームウェア
  Ver.   Ver.1.12
 登 録 名  wsr1166dhp2-112.exe
 バイト数  8,108,712 Bytes
 掲 載 日  2017年6月12日
 対応機種  Windowsパソコン
 対応 OS  Windows 10 (64ビット/32ビット)
 Windows 8.1 (64ビット/32ビット)
 Windows 7 (64ビット/32ビット)
 Windows Vista (64ビット/32ビット)
 対象製品  WSR-1166DHP2
 著作権者  株式会社 バッファロー
 作成方法  自己解凍
 転載条件  転載禁止
 マニュアル  取扱説明書はこちら
【ソフト紹介】
このソフトウェアは、WSR-1166DHP2のファームウェア(Ver.1.12)です。
対象製品以外での使用はしないでください。

本ソフトウェアはWindows用実行ファイルです。
実行(ダブルクリック)すると、必要なファイルが解凍されます。
お好みのフォルダー(ディレクトリー)、もしくはUSBストレージ等にファイルをコピーし、
解凍(ダブルクリック)し、ご使用ください。
詳しいご使用方法については解凍後のreadme.txtファイルをご参照ください。

【変更履歴】
Ver.1.12 [2017.6.12]
・BUFFALOダイナミックDNSへ新規登録する際、本製品に設定が反映されないことがある問題を修正しました。
・スマートフォンやタブレット用の設定画面のレイアウトを調整しました。
・LAN側IPアドレスを変更すると、経路設定ができないことがある問題を修正しました。
・設定画面を表示できなくなることがある問題を修正しました。
・設定画面のレイアウトの一部が崩れる問題を修正しました。
・Internet側とLAN側ネットワークが競合した際に表示される再設定画面で、
 Internet側IPアドレスが正しく通知されない問題を修正しました。
・不要なログが表示される問題を修正しました。
・LEONETなど特定回線でインターネット回線の種別が正しく判定されず、
 「サーバー未検出」と表示されることがある問題を修正しました。
・無線LANを無効に設定した場合、無線パケットが異常に大きな値でカウントされてしまう問題を修正しました。
・DHCPリースの設定を「手動割当」に変更した後にLAN側IPアドレスを変更すると、
 「手動割当」に設定した機器がインターネットに接続できなくなる問題を修正しました。
・設定画面の表示に関する問題を修正しました。
・設定を変更した後にPOWERランプが点滅し続けることがある問題を修正しました。
・ファームウェアをアップデートすると、過去に作成した設定ファイルで
 設定を復元できないことがある問題を修正しました。

以前の変更履歴は【こちら】を参照してください。
「ファームウェア自動更新」機能についてのご注意

上記、注意事項を理解しました



ダウンロードソフトウェア使用許諾について

上記、使用許諾に同意します


※上記チェックボックス(2箇所)にチェックを入れるとダウンロードが可能となります。


Warning:This download service is ONLY for Buffalo products being purchased in Japan.
For Buffalo products being purchased except Japan,please access the following site:
http://www.buffalotech.com/
注意:
  • ダウンロードボタンクリック時に、エラーが表示されダウンロードができない場合は、ページの更新後(再読み込み)、再度ダウンロードボタンをクリックしてください。
  • 本ソフトウェアは日本国外で購入された製品での動作を保証致しません。海外で購入された製品のダウンロードはこちらをご覧ください。

 ダウンロード方法とダウンロードファイル解凍方法について

おすすめ情報

一覧を見る