HOME > サポート > ダウンロードサービス > ドライバーダウンロード > DVR-Z8

 

DVR-Z8 アップデート・ソフトウェア (Windows) (2012年7月19日掲載)

 

 ●DVR-Z8 アップデート・ソフトウェア (Windows) Ver.00.71B

 データ名  DVR-Z8 アップデート・ソフトウェア (Windows)
  Ver.  Ver.00.71B
 登 録 名  dvrz8-71b.exe
 バイト数  10,318,826 Bytes
 掲 載 日  2012年7月19日
 対応機種  Windowsでの解凍用
 対象製品  DVR-Z8
 著作権者  株式会社 バッファロー
 作成方法  自己解凍
 転載条件  転載禁止
 マニュアル  ユーザーズマニュアル「付録 ソフトウェアの更新方法」をご覧ください。
【ソフトウェア紹介】
DVR-Z8のアップデート・ソフトウェアを公開いたします。

【変更履歴】
Ver.00.71B
・まるっと全録停止した後、10時間以内に再開した場合は、それまで
 まるっと全録で録画した番組を保持したまま全録を再開するようになりました。
  
・放送休止・停波期間はまるっと全録を自動的にスキップするようになりました。

・開始時刻が過ぎた番組を録画予約した場合は録画予約時より録画開始するようになりました。

・録画番組一覧の番組が、使用状況によって新しい順に並ばない場合があったのを改善しました。

・録画件数が多い外付けハードディスクを接続すると稀に録画番組一覧の表示に
 時間がかかる場合があったのを改善しました。

・アンテナを接続しないで製品を起動した場合にも、それまでまるっと全録で
 録画した番組を再生できるようになりました。

・タイムシフト再生時の安定性を向上しました。

・ダビング時の安定性を向上しました。

・長期間使用時の安定性を向上しました。

・その他、細かい挙動を改善しました。

【ソフトウェアの更新手順】
1. ダウンロードデータをパソコンのハードディスク上にダウンロードします。

2. ダウンロードしたファイルを解凍します。

3. USBメモリーを用意し、解凍されたフォルダ内の本製品用ソフトウェア(autorun.inf、dvrz8sw)を
  USBメモリーに保存します。
   ※デスクトップに解凍されたフォルダ(dvrz8-71b)へのショートカットが作成されます。
   ※ソフトウェアはフォルダーには入れないでください。

4. ファイルをコピーしたUSB機器を本製品背面のUSB端子に接続します。
  ソフトウェアの更新画面が起動するので、[はい]を選択してください。
  更新が完了すると、本製品が再起動します。
   ※ソフトウェアの更新画面には「ソフトウェアのアップデートを行うと、
   まるっと全録で録画した番組が消去されます。」と表示されますが、
   実際にはソフトウェアの更新後にそれまでまるっと全録で録画した番組は保持されます。
   
   【注意】
   再起動後、以下の画面が表示された場合はまるっと全録を再開する際に
   今までまるっと全録で録画した番組はすべて消去されます。
   
   
   
   [はい]を選択すると以下のダビング確認画面が表示されますので、
   [ダビングする]を選択して大切な番組を内蔵ハードディスク
   または外付けハードディスクへダビングしてください。
   
   

5. USBメモリーを取り外してからリモコンのメニューボタンを押し、
  設定 > 機器設定 > 機器情報確認の画面右上を確認してください。
 「Ver.00.71B」になっていれば更新成功です。

※※注意※※
ソフトウェアの更新を開始すると個別録画が一時中断されます。

ソフトウェアのアップデートが完了するまで、本体の電源を絶対に切らないでください。
ソフトウェアのアップデートの失敗が原因での修理依頼については、有償対応となります。

7/19にネットワーク経由でソフトウェアの更新を提供開始しましたが、
上記USBメモリーでの更新とは異なり、更新前にまるっと全録で録画した番組が
消去される仕様のため、提供を中止しました。
お手数ですが、本製品をインターネットに接続された環境でお使いのお客様も
上記USBメモリーでの更新をご利用ください。
※すでにネットワーク経由で更新されたお客様は、そのままご使用ください。