サイト内検索&Quick!ナンバー

企業情報 ショッピング サイトマップ

HOME > サポート > ダウンロードサービス > ドライバーダウンロード > PC-MV5/U2

 

PC-MV5/U2 ドライバディスク Ver.1.31(2004年9月13日掲載)

 

 ●PC-MV5/U2 ドライバディスク Ver.1.31

 データ名  PC-MV5/U2 ドライバディスク
  Ver.   Ver.1.31
 登 録 名  pcmv5u2131.exe
 バイト数  1,037,785 Bytes
 掲 載 日  2004年9月13日
 対応機種  DOS/V、PC98-NX(対応表一覧をご参照ください)
 対応 OS  Windows 98SE/Me/2000/XP
 対象製品  PC-MV5/U2
 著作権者  株式会社 バッファロー
 作成方法  自己解凍
 転載条件  転載禁止
【ソフト紹介】
このソフトは、PC-MV5/U2用ドライバソフトのVer.1.31です。
WinDVR等添付アプリケーションは含まれていません。
 ※お手持ちのドライバCDのバージョンは、CDのボリュームラベルで
  確認できます。PCMV5U2_120の場合、バージョンはVer.1.20になります。

【変更履歴】
Ver.1.31
 ・インストーラ機能の修正をしました。

Ver.1.30
 ・ビットレート設定がより正確になるように修正しました。
 ・スタンバイから復帰後、まれにデバイスマネジャーで認識されない問題を修正しました。

Ver.1.20
 ・下記動作を確認致しました。
   ・Windows Me/98SEでの動作を確認いたしました。※1 ※2
   ・Windows XPにてハイパースレッディング搭載CPU(Intel Pentium4 3.06GHzなど)での
    動作を確認いたしました。
   ・Ver.1.20β1と比較してドライバファイルに変更はありません。
   ・Windows98SE/Meでご使用されるユーザー様向けに、ドライバインストールの
    説明用PDFマニュアルを追加しました。
 ・既知の制限事項
   ・Windows 98SE/Meでは、タイムシフト録画機能は使用できません。
    (使用した場合、プレビュー表示の映像にコマ落ちが発生するため。録画した
    ファイル自体にコマ落ちは有りません。)

   ※1:Windows98SE/MeにてUSB2.0接続で使用する場合について
    USB2.0接続でのご使用は、弊社製USB2.0インターフェースカードのみ対応です。
    他社製のUSB2.0インターフェースではご使用になれません。他社製のUSB2.0
    インターフェースをお使いの場合は、パソコン本体のUSBポートに接続して
    お使い下さい。(USB1.1で動作します。)
    詳しくは添付のPDFマニュアルをご覧下さい。

   ※2:Ver.1.10以前のユーティリティCDをご使用のユーザー様が、Windows98SE/Meで使用
    するには、WinDVR3のアップデートも必要になります。
    下記インタービデオジャパン社webサイトよりアップデートビルドをダウンロードして、
    アップデートを行ってください)
     [WinDVR3アップデートビルドの公開先URL]
     [インタービデオ社HP TOP URL]

Ver.1.20β1 
 ・下記機能を追加致しました。
   ・録音ボリュームの設定変更機能を追加。
   「TV」受信時と「コンポジットまたはS端子」入力時それぞれで、設定を
    変えることが可能となります。(本機能はWinDVR3のアップデートも必要になります。
    下記インタービデオジャパン社webサイトよりアップデートビルドをダウンロードして、
    アップデートを行ってください)
     [WinDVR3アップデートビルドの公開先URL]
     [インタービデオ社HP TOP URL]

 ・下記問題を修正致しました。
   ・RF(アンテナ)入力で、ビデオデッキのテープ再生映像を入力した場合、
    再生映像が乱れる場合がある。
   ・PC-MV5/U2からDVD画質設定で録画したファイルを使用して作成した
    DVD-Videoが、民生機のDVDプレーヤによっては再生できないことがある。

 ・既知の制限事項
   ・WinDVR3のセットアップ画面[TVタブ]のオーディオモード設定を「自動検出」に
    設定した場合、チャンネル変更時に表示されるオーディオモードのOSD表示が
    正しく表示されません。

Ver.1.10β1 
 ・下記問題を修正致しました。
   ・コンポジット及びS-Video入力で、ビデオデッキによっては再生映像が
    乱れる場合がある。
   ・コンポジット及びS-Video入力時の音声録音レベルを調整しました。

Ver.1.00
 ・製品添付。

【ドライバディスク作成方法】
1.ダウンロードデータをハードディスク上にダウンロードします。
 ※この時、ダウンロードデータを保存する任意のフォルダを作成しておかれることを
  お勧め致します。
2.ダウンロードしたファイルを実行(ダブルクリック)します。
3.ファイルの保存先を問い合わせてきますので、フォーマット済みのフロッピーディスク
 を1枚用意し、フロッピーディスクを指定して[OK]を押してください。

【ユーティリティディスクの使用方法】
※ドライバディスクの使用方法は、添付のREADME.TXT および、製品添付のユーザーズ
 マニュアルを参照してください。
 特に、ドライバアップデート行う際には必ずREADME.TXT記載の手順で行って下さい。
 手順通り行わないと正しくアップデートできない場合があります。
ダウンロードソフトウェア使用許諾について
ダウンロード「ダウンロードソフトウェア使用許諾契約」に同意してダウンロードする
Warning:This download service is ONLY for Buffalo products being purchased in Japan.
For Buffalo products being purchased except Japan,please access the following site:
http://www.buffalotech.com/
注意:
※ダウンロードボタンクリック時に、エラーが表示されダウンロードができない場合は、
  ページの更新後(再読み込み)、再度ダウンロードボタンをクリックしてください。
※本ソフトウェアは日本国外で購入された製品での動作を保証致しません。
  海外で購入された製品のダウンロードはこちらをご覧ください。

  絵で説明   ダウンロード方法とダウンロードファイル解凍方法について
※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせプライバシーポリシー情報セキュリティポリシー Copyright, BUFFALO INC. All rights reserved.
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー