WLPシリーズの802.1X認証の設定について(Windows 7/Vista)

ここでは、クライアントマネージャVを使った802.1X認証について説明します。
認証形式によっては、証明書をあらかじめインストールする必要があります。 また、入力値が不明な場合は、ネットワーク管理者の指示に従って設定を行ってください。



  1. [スタート]−[すべてのプログラム]−[BUFFALO]−[エアステーションユーティリティ]−[クライアントマネージャV]を選択してクライアントマネージャVを起動し、[接続先の作成]を選択します。

  2. [手動設定]をクリックします。


  3. [セキュリティ情報を手動で入力して接続]をクリックします。


  4. 接続対象のネットワーク名(SSID)を選択するか、[ネットワーク名(SSID)を手動で入力します]をクリックします。


  5. 認証形式に合わせて、ネットワーク名(SSID)やセキュリティの種類、暗号化の種類を入力し、[次へ]をクリックします。


  6. ネットワークの認証方法を選択し、[設定]をクリックします。


  7. 認証形式に合わせて適切な値を入力し、[OK]をクリックします。


  8. [次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックすると、接続と認証が開始されます。
  9. 「正常に接続しました」と表示されたら、接続先の名前(任意の名称)を入力して、[保存して閉じる]をクリックします。


      接続形式によっては、ユーザー名、パスワードの入力を求める画面が表示されることがあります。その場合は、あらかじめ決められたユーザー名とパスワードを入力してください。
  10. 以上で設定は完了です。