その他の情報 > Windowsファイアウォールの例外にアプリケーションを追加する方法



Q Windowsファイアウォールの例外にアプリケーションを追加する方法
A

手順は以下をご覧ください。

・Windows 10 の場合
・Windows 8.1/8 の場合
・Windows 7 の場合
・Windows Vista の場合
・Windows XP の場合



≪Windows 10の場合≫ ※以下はクライアントマネージャVをWindowsファイアウォールの例外に追加する例です。  ご利用のソフトウェアが異なる場合、クライアントマネージャVを  ご使用のソフトウェア名に置き換え、確認ください。  1.Windowsロゴをクリックし、[Windowsシステムツール]−[コントロールパネル]を選択します。      2.コントロールパネルから[システムとセキュリティ]をクリックします。    表示方法がカテゴリの場合:        表示方法が大きいアイコン、小さいアイコンの場合:    [Windows ファイアウォール]−[Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可]を選択し、    手順4へ進んでください。          3.[Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可]をクリックします。      4.[設定の変更]をクリックします。     5.[別のアプリの許可]をクリックします。     6.使用するソフトウェア名を選択し[追加]をクリックします。     7.[許可されたアプリおよび機能]欄に手順6で追加した    ソフトウェア名が表示されていることを確認し画面を閉じます。     以上で完了です。  TOPへ戻る
≪Windows 8.1/8の場合≫ ※以下はクライアントマネージャVをWindowsファイアウォールの例外に追加する例です。  ご利用のソフトウェアが異なる場合、クライアントマネージャVを  ご使用のソフトウェア名に置き換え、確認ください。  1.デスクトップ画面でカーソルを右上端に移動し、[設定]を選択します。          2.[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]をクリックします。    (表示方法がカテゴリの場合)        (表示方法が大きいアイコン、小さいアイコンの場合)    [Windowsファイアウォール]-[Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可]を選択します。   ※「ユーザー制御」の画面が表示される場合は、[続行]をクリックします。  3.[Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可]をクリックします。      4.[設定の変更]をクリックします。     5.[別のアプリの許可]をクリックします。     6.使用するソフトウェア名を選択し[追加]をクリックします。     7.[許可されたアプリおよび機能]欄に手順6で追加した    ソフトウェア名が表示されていることを確認し画面を閉じます。     以上で完了です。  TOPへ戻る
≪Windows 7の場合≫ ※以下はクライアントマネージャVをWindowsファイアウォールの例外に追加する例です。  ご利用のソフトウェアが異なる場合、クライアントマネージャVを  ご使用のソフトウェア名に置き換え、確認ください。  1.[スタート]−[コントロールパネル]を開きます。  2.[システムとセキュリティ]をクリックします。       ※「ユーザー制御」の画面が表示される場合は、[続行]をクリックします。  3.[Windowsファイアウォールによるプログラムの許可]をクリックします。      4.[設定の変更]をクリックします。       [プログラムの追加]をクリックします。     5.使用するソフトウェア名を選択し[OK]をクリックします。     6.[プログラムおよびサービス]欄に手順5で追加した    ソフトウェア名が表示されていることを確認し[OK]をクリックします。     以上で完了です。  TOPへ戻る
≪Windows Vistaの場合≫ ※以下はクライアントマネージャVをWindowsファイアウォールの  例外に追加する例です。  ご利用のソフトが異なる場合、クライアントマネージャVを  ご使用のソフト名に置き換え、確認ください。  1.[スタート]−[コントロールパネル]を開きます。  2.[セキュリティ]− [Windowsファイアウォールの有効化または無効化を]クリックします。    ※コントロールパネルがクラシック表示になっている場合、     [Windowsファイアウォール]をクリックします。         3.[全般]タブ画面の中央「すべての着信接続をブロックする」にチェックが    入っていれば外します。    [例外]タブをクリックします。      4.[プログラムの追加]をクリックします。      5.使用するソフト名を選択し[OK]をクリックします。      6.[プログラムおよびサービス]欄に手順5で追加した    ソフト名が表示されていることを確認し[OK]をクリックします。      以上で完了です。  TOPへ戻る
≪Windows XPの場合≫ ※以下はIP設定ユーティリティをWindowsファイアウォールの  例外に追加する例です。  ご利用のソフトが異なる場合、IP設定ユーティリティを  ご使用のソフト名に置き換え、確認ください。  1.[スタート]−([設定])−[コントロールパネル]を開きます。  2.[Windowsファイアウォール]をダブルクリックで開きます。    ※コントロールパネルがカテゴリ表示になっている場合、     クラシック表示に切り替えます。      3.[全般]タブ画面の中央「例外を許可しない」にチェックが    入っていれば外します。    [例外]タブをクリックします。      4.[プログラムの追加]をクリックします。      5.使用するソフト名を選択し[OK]をクリックします。      6.[プログラムおよびサービス]欄に手順5で追加した    ソフト名が表示されていることを確認し[OK]をクリックします。        ※ClientManager*(クライアントマネージャ*)は、     「ClientMgr*」と表示されます。    ※アタックブロックは、「ABReceiver」と表示されます。  以上で完了です。  TOPへ戻る