インターネットに接続できない


インターネットに接続できないときは、以下にしたがって設定を確認してください。

Check 1

Check 2

Check 3

Check 4



Check 1
パソコンのTCP/IP設定を確認します。


1.
パソコンにIPアドレスが以下のように正常に割り当てられているか確認してください。
・IPアドレスが正しく設定されているか。

・BroadStationと同じネットワークアドレスのIPアドレスが設定されているか。

・DNSとゲートウェイにBroadStationのIPアドレスが設定されているか。


Check 2
PPPoEの設定を確認します。(PPPoEを使用しないCATV/xDSL回線の場合は、Check 3へ進んでください)


以下の手順でPPPoEの設定がおこなわれているか確認してください。

1.
「設定画面を表示する」を参照して、設定画面を表示します。
2.
BroadStationのトップ画面の「接続状態」欄を確認します。

「通信中」と表示されいる場合
正常に通信しています。インターネットに接続してください。

「未接続」や「接続処理中」、「待機」などと表示されている場合
・ BroadStationとCATV/xDSLモデムが正常にLANケーブルで接続されているか確認してください(WANランプが点灯しているか確認してください)。モデムとBroadStationは、パソコンとモデムをつなぐものと同じケーブルをご利用ください。

・ 設定内容(接続ユーザ名、接続パスワード、DNS(ネーム)サーバアドレスなどの内容)に誤りがあります。もう一度最初から設定しなおしてください。

・ モデム内に接続状態が保持されているために接続できません。しばらく時間をおいてから再度接続してください。
(フレッツADSLでは、強制切断後、NTT西日本で20分、NTT東日本で10分程度、接続できなくなることがあります。ご注意ください。)



Check 3
BroadStationのWAN側のTCP/IPの設定を確認します。


≪プロバイダからのIPアドレスを自動取得する場合≫
以下の手順にしたがって確認してください。

1.
BroadStationの設定画面で、[アドバンスト]−[管理]を選択します。
2.
「WAN」にある「IPアドレス」欄の内容を確認します。
IPアドレスが表示されているとき
BroadStationとプロバイダ間の接続は正常です。
IPアドレスをメモしてCheck 4へ進んでください。

IPアドレスが表示されていないとき:
・ BroadStationとCATV/xDSLモデム間のケーブルに問題がないか、またプロバイダ側に問題がないか確認してください。BroadStationとモデム間のケーブルをパソコンに接続して、インターネットに接続できるか確認してください。

・ CATV/xDSLモデムの電源コードをコンセントから一度抜いて30秒〜1分程度経過後に電源コンセントに差し込んでください。また、モデムの電源をONにしてからBroadStationのACアダプタを抜き差ししてください。
それでも復旧しない場合は、一度モデムの電源をOFFにして30分程度経過してから、モデムの電源をONにしてください。
それでもなお復旧しない場合は、モデムの電源をONにしたまま、最大36時間放置してください。

・ プロバイダに接続する機器(パソコン等)のMACアドレスを登録しているときは、BroadStationのWAN側のMACアドレスで登録しなおしてください。
(MACアドレスについては、「らくらく!セットアップシート」を参照してください)

・ BroadStationのWANランプまたはCATV/xDSLモデムの各種ステータスランプが正常に点灯しているか確認してください。


≪IPアドレスを手動で設定する場合≫
以下の項目を確認してください。

・ プロバイダから指定された、パソコンに設定するIPアドレス、ネットマスク、デフォルトゲートウェイ、プライマリ/セカンダリDNSがBroadStationに正しく設定されているか確認してください。

・ BroadStationに設定したIPアドレス、ネットマスク、デフォルトゲートウェイ、プライマリ/セカンダリDNSについて、プロバイダ側に問題がないか確認してください。

設定内容は、設定画面の[アドバンスト]−[管理]−[システム情報]で確認できます。


Check 4
パソコンとプロバイダ間の接続を確認します。


以下の手順にしたがって確認してください。

1.
お使いのWindowsに応じて、以下の手順をおこなってください。
・ WindowsMeの場合は、[スタート]−[プログラム]−[アクセサリ]−[MS-DOSプロンプト]を選択します。

・ Windows98/95の場合は、[スタート]−[プログラム]−[MS-DOSプロンプト]を選択します。

・ WindowsXP/2000の場合は、[スタート]−[(すべての)プログラム]−[アクセサリ]−[コマンドプロンプト]を選択します。

・ WindowsNT4.0の場合は、[スタート]−[プログラム]−[コマンドプロンプト]を選択します。

2.
以下の書式を入力して、<Enter>キーを押します。
書式:
ping (プロバイダのDNSのIPアドレス)

または

ping (ホームページのアドレス)

例:
ping www.melcoinc.co.jp

正常に接続されている場合は、以下のように表示されます(プロバイダのDNSのIPアドレスが「202.247.1.254」の場合)
Pinging from 202.247.1.254 with 32 bytes of data:
Reply from 202.247.1.254 with 32:bytes=32 time=1ms TTL=32
Reply from 202.247.1.254 with 32:bytes=32 time<10ms TTL=32
Reply from 202.247.1.254 with 32:bytes=32 time=4ms TTL=32
Reply from 202.247.1.254 with 32:bytes=32 time<10ms TTL=32
正常に接続されていない場合は、「Request timed out」、「Destination host unreachable」のように表示されます。
pingコマンドを2、3回繰り返しても接続されない場合は、TCP/IPの再インストールをおこなってください。
3.
手順2で正しく接続されていることが確認できたのに、インターネットに接続できない場合は、「設定画面が表示されない」の「対策 9」を参照してWEBブラウザの設定を確認してください。


WAN側IPアドレス、DNSアドレスをプロバイダのDHCPサーバから取得している場合には、以下の設定でDNSサーバのIPアドレスを確認できます。

1.
CATV/xDSLモデムとBroadStationの接続を切り離し、パソコンに直接モデムを接続してください。
2.
パソコンのTCP/IP設定でIPアドレスを自動取得する設定になっていることを確認します。
3.
IPアドレスを解放・再取得します。操作方法については、「パソコンのTCP/IP設定を確認したい」を参照してください。
4.
再取得できたら、WINIPCFGやIPCONFIGコマンドで[詳細]をクリックし、ホスト名、DNSサーバ、デフォルトゲートウェイの各欄に表示されている内容をメモしてください。
5.
もう一度BroadStationをモデムに接続し、パソコンをBroadStationのLANポートに接続しなおして、IPアドレスを解放・再取得します。
6.
Check 4の手順1に戻って、メモをしたDNSアドレスやデフォルトゲートウェイのIPアドレスで、pingコマンドを実行してください。