実験主旨 災害時に急務となる「正確かつ迅速な情報ネットワークづくり」。その有効な手段としてソーラー飛行船による無線LANインターネット環境を実験検証します。
名古屋市が実施する総合防災訓練において、災害時の情報収集・伝達手段としての可能性を検証いたします。地震をはじめとする天災は年々増加し、発生予測も極めて困難な状態です。いつどこで起こるかわからない災害に見舞われた時、的確に対応するためには、正確かつ迅速な現場情報の把握が重要です。その際、LANケーブル不要で接続できる無線LANインターネットと、電源不要のソーラー飛行船が果たす役割は大きいと考えます。
この実験参加を機に、簡単・便利という従来の利便性とは別に、人命を救う手段としてのFREESPOT活用を推進していきます。
日 時 2005年9月4日(日)
場 所 名古屋市総合防災訓練守山区会場
実験内容 1. 無線LAN機能搭載ノートPCを使用し、SoLan搭載の無線LANアクセスポイントに
  地上からアクセス、インターネット接続の可否を検証。
2. 避難所(訓練会場)から名古屋市ホームページにアクセスし、災害状況の把握、
  被災者向け災害情報の取得を試行。
3. SoLan搭載のWebカメラを用いて上空から現場を撮影、その映像の受信を試行。

※無線LAN機能を持つモバイルゲーム機を利用した災害情報の取得実験も実施。
  身近なゲーム機を活用した情報収集・伝達方法も検証いたします。

ヘリウム注入開始。
迅速な作業が要求される。

ヘリウム注入完了。飛行準備完了。

「SoLan」は子供たちに大人気でした。

一度屋上に上げてから、上空へ。

無事打ち上げ完了。実験の開始です。

地上から無線LANの電波状況を確認。

子供たちの避難訓練から始まりました。

集団下校の訓練です。

被災者の運搬訓練。

消防や自治体の方々も
無線通信の様子を視察に。

中部大学 梅野教授も
実験を見守られていました。

ソーラー飛行船「SoLan」に搭載された
カメラからのライブ映像が
ご覧いただけます。

消火器を使った、消火訓練。

炊き出し班では、
“袋に入れて炊くだけでおにぎりができる”キットを使って、
炊き出しが行われていました。

倒壊した建物からの救助訓練。

次々に救護所に運び込まれる被災者。

救護訓練も行われました。

はしご車、登場!

一斉放水開始!

SONY PSP(R)に搭載された無線LAN機能を利用したアクセスも実験しました。


たくさんの取材をいただきました。

中日新聞 9月5日朝刊に掲載

NHK 東海地区ニュース
6:45〜6:53放映