構内ネットワークを無線LANで迅速に構築

自然災害などの影響でオフィス機能を別の建物などに仮設する場合、仮設オフィスの構内ネットワークを迅速に構築するにはケーブル敷設が不要な無線LANが最適です。

無線LANなら仮設オフィスに構内ネットワークをすばやく構築

オフィスの全部をインターネット回線のある別の建物などに仮設移転する場合、構内ネットワークの構築に無線LANがご利用いただけます。無線LANアクセスポイントを使って、ケーブル敷設を行うことなくネットワークが構築できます。

災害により仮設オフィスを移転。仮設オフィスの構内ネットワークを無線LANですばやく構築

構成例

無線LANで構内ネットワークをすばやく構築 ケーブル敷設が不要ですぐにネットワークが使える、11g/11a同時接続対応のアクセスポイントで通信負荷を分散 ・11n/a(5GHz帯)、11n/gどちらに対応した機器でも接続できるa、g同時接続タイプのアクセスポイントを使用する。
・暗号化はAESを使用する。

 

使用機器

・
管理者機能搭載アクセスポイント
WAPM-APG300N
LANケーブル
WAPM-APG300N ※お客様のご利用環境に応じてご用意ください。
 
設定用パソコン
設定用パソコン ※お客様のご利用環境に応じてご用意ください。
 
 
TOP 無線LAN拠点間接続でネットワーク構築 無線LANで
構内ネットワークを復旧
3G回線を利用して
インターネットを復旧
概要 設定ガイド

サポート関連情報

ダウンロード

追加機能の利用が可能になったり、トラブル解決に役立つ場合があります。

製品添付のマニュアルを紛失された時などにご利用下さい。

お問い合わせ窓口

電話/Webでのお問い合わせ方法をご案内しております。

おすすめ情報

一覧を見る