HOME > プレスリリース > 2014年 > 04月 > 成田市観光協会がFREESPOT無線ルーターを採用。 公衆無線LANサービス「アクセスフリー成田」にて 市内70箇所の無料Wi-Fiスポットとして活用
文字サイズ変更:
  • 小
  • 小
お知らせ
2014年04月23日

プレスリリース

成田市観光協会がFREESPOT無線ルーターを採用。
公衆無線LANサービス「アクセスフリー成田」にて
市内70箇所の無料Wi-Fiスポットとして活用

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、一般社団法人 成田市観光協会様(千葉県成田市、会長:滝澤 尚二、以下 成田市観光協会)が実施する観光ガイドサービス「アクセスフリー成田」の公衆無線LANサービスにおいて、当社が開発・販売するWi-Fiスポット構築用無線ルーター「FS-HP-G300N」が採用されたことをお知らせ致します。

成田市は、国内でも有数の乗降客数を誇る成田国際空港や初詣客数全国2位の成田山新勝寺を擁すなど、交通の要衝としても観光地としても魅力的なエリアであり、海外からの観光客が日本の歴史を感じさせる街並みや建造物を手軽に楽しめることで人気となっています。
「アクセスフリー成田」は成田市内約70箇所の公共施設、空港・駅、ホテル・飲食店、観光地・商業施設に観光客や市民が無料で利用できるWi-Fiスポットを設置し、地域の観光ガイド情報やインターネット接続を提供するサービスです。2014年4月15日より順次、サービスが開始されます。

「アクセスフリー成田」の公衆無線LANサービスにて用いられる無線ルーターは、全国にサービスを展開している「FREESPOT」(運営:FREESPOT協議会、主宰:バッファロー)でも採用されている公衆無線LANサービス運営に実績ある製品です。無料の公衆無線LANサービスを通じて観光ガイドサービスを提供でき、観光促進につながると評価いただき採用に至りました。
今後も当社は観光振興に役立つ公衆無線LANサービスを推進してまいります。

公衆無線LANサービス「アクセスフリー成田」とは

 観る、食べる、買う、泊まる、移動する、皆様の今いる場所から必要な情報を丁寧なご案内で提供する、市内来訪客のためのモバイル端末向けの多言語対応の街歩き観光情報サービスです。

最近成田市でもスマートフォンを片手に市内を周遊する人たちが急増しています。
観光情報や買い物やグルメ情報など、市内観光を充実させる便利な情報を周遊中にも取得でき、Naritaの楽しさを余すことなく堪能できる環境を整備することは、観光都市Naritaのお客様に対するあたらしい時代の「おもてなし」につながると考え、成田市観光協会会員有志のご協力でこのサービスが実現しました。

特に、国内電話会社との契約を持たない世界各地からのお客様の利便性も考慮し、接続時にパスワードも登録も不要で、誰でも自由に接続ができる専用接続ターミナルを、成田駅から成田山新勝寺へ続く表参道を中心にホテルロビー、ショッピングセンター等、市内各所に配置しました。
外国人観光客の皆様のみならず、すべてのお客様に成田観光の魅力を感じていただくことを目指しています。

問い合わせ先

アクセスフリー成田についての問合せ

成田市観光協会 事務局:0476-22-2102

FREESPOT一般の問合せ

FREESPOT協議会 TEL:050-5538-5496

ページの先頭へ

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。
To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.

プレスリリース配信

RSS配信

バッファローでは、プレスリリースをRSSで提供しております。