HOME > プレスリリース > 2014年 > 05月 > ウイルスチェック機能付きモデルもラインナップ。 強制暗号化機能付きで管理ソフトに対応した 法人様向けUSB3.0対応メモリーを発売
文字サイズ変更:
  • 小
  • 小
新製品
2014年05月14日

プレスリリース

ウイルスチェック機能付きモデルもラインナップ。
強制暗号化機能付きで管理ソフトに対応した
法人様向けUSB3.0対応メモリーを発売

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、ウイルスチェック機能付きで、当社製システム管理者向け設定管理ソフトウェア「SecureLock Manager2」に対応したハードウェア強制暗号化機能付きUSB3.0対応メモリー「RUF3-HSTVシリーズ」(容量:32GB、16GB、8GB、4GB)と、「SecureLock Manager2」に対応したハードウェア強制暗号化機能付きUSB3.0対応メモリー「RUF3-HSシリーズ」(容量:32GB、16GB、8GB、4GB)を発売します。2014年5月中旬より、OA機器販社、全国パソコン販売店、パソコンを扱う家電量販店及び当社直販サイト「バッファローダイレクト」などでお求めいただけます。

 ウイルスチェック機能付きモデル「RUF3-HSTVシリーズ」は、トレンドマイクロ株式会社製Trend Micro USB Security™ 2.1を搭載。USBメモリーにウイルスが感染することを防ぎ、USBメモリー経由で取引先や社内にウイルスが蔓延することを防ぎます。Trend Micro USB Security™ 2.1によるウイルスチェック機能は、簡単な操作で有効にでき、インターネット経由で最新のウイルスパターンファイルを自動的に更新します。システムに常駐することで感染ファイルの侵入を自動的に検知し、対象ファイルを隔離します。ウイルススキャン機能のライセンス期間は5年間、3年間、1年間の3タイプからお選びいただけます。

 両シリーズの共通機能として、「ハードウェア強制暗号化機能」を搭載。解読が困難とされ、アメリカ政府でも採用された実績を持ち、機密情報の保護に広く用いられている高度な暗号化方式「AES-256bit」を採用しています。保存してあるデータはハードウェア上で強制的に暗号化されるためユーザー自身での操作は一切不要。暗号化のし忘れは発生せず情報漏洩を防ぎます。  また、別売のシステム管理者向け設定管理ソフトウェア「SecureLock Manager2」に対応。パスワードの一括設定や、配布用にUSBメモリーを読み取り専用に設定するなど、多様な設定が行えます。  両シリーズ共に、高速接続規格USB3.0に対応。大容量データをより短時間で転送可能です。また、USBコネクター部分はスライド式でボディー内に収納できるキャップレス構造で、持ち運び時にコネクターを保護できます。

RUF3-HSTVシリーズ

高解像度画像

RUF3-HSシリーズ

高解像度画像

ハードウェア暗号化機能搭載 管理ツール対応 USB3.0対応 セキュリティーUSBメモリー ウイルスチェックモデル 5年ライセンス付

容量型番価格出荷予定
32GBRUF3-HS32GTV5¥32,600(税抜)2014年5月中旬
16GBRUF3-HS16GTV5¥25,000(税抜)2014年5月中旬
8GBRUF3-HS8GTV5¥20,000(税抜)2014年5月中旬
4GBRUF3-HS4GTV5¥17,700(税抜)2014年5月中旬

ハードウェア暗号化機能搭載 管理ツール対応 USB3.0対応 セキュリティーUSBメモリー ウイルスチェックモデル 3年ライセンス付

容量型番価格出荷予定
32GBRUF3-HS32GTV3¥30,600(税抜)2014年5月中旬
16GBRUF3-HS16GTV3¥23,000(税抜)2014年5月中旬
8GBRUF3-HS8GTV3¥18,000(税抜)2014年5月中旬
4GBRUF3-HS4GTV3¥15,700(税抜)2014年5月中旬

ハードウェア暗号化機能搭載 管理ツール対応 USB3.0対応 セキュリティーUSBメモリー ウイルスチェックモデル

容量型番価格出荷予定
32GBRUF3-HS32GTV¥28,600(税抜)2014年5月中旬
16GBRUF3-HS16GTV¥21,000(税抜)2014年5月中旬
8GBRUF3-HS8GTV¥16,000(税抜)2014年5月中旬
4GBRUF3-HS4GTV¥13,700(税抜)2014年5月中旬

ハードウェア暗号化機能搭載 管理ツール対応 USB3.0対応 セキュリティーUSBメモリー

容量型番価格出荷予定
32GBRUF3-HS32G¥27,600(税抜)2014年5月中旬
16GBRUF3-HS16G¥20,000(税抜)2014年5月中旬
8GBRUF3-HS8G¥15,000(税抜)2014年5月中旬
4GBRUF3-HS4G¥12,700(税抜)2014年5月中旬

ウイルスチェック機能 「Trend Micro USB Security™ 2.1」について

 ウイルスチェック機能付きモデルに組み込まれるTrend Micro USB Security™ 2.1は、利用開始時にアクティベーションを行うことでOSに常駐し、USBメモリーへファイルを書き込んだり、USBメモリーからファイルを読みだす際にリアルタイム検索を行います。ウイルスに感染したファイルが検出された場合には、USBメモリー内の隠し領域に検知したファイルを隔離し、ユーザー側にポップアップを表示してウイルス感染を知らせます。また、接続しているパソコンを介して自動的にインターネットから最新のウイルスパターンファイルをダウンロードし、いつも最新の状態に保ちます。ウイルスチェック機能のライセンス期間は1年、3年、5年からお選びいただけます。

システム管理者向け設定管理ソフトウェア「SecureLock Manager2」について

 「SecureLock Manager2」は、対応USBメモリー、対応HDDを集中管理できる設定管理ソフトウェア。利用者権限の設定や、使用できる容量の制限、配布用の読み取り専用USBメモリーの作成など、多様な設定が行えます。既に「SecureLock Manager」をお使いの場合は、無償で「SecureLock Manager2」にアップグレード可能。近日、当社サポートページにてアップデーターを提供予定です。  発売中のUSB2.0対応セキュリティーUSBメモリー4シリーズ(RUF2-HSC-Tシリーズ、RUF2-HSC-TVシリーズ、RUF2-HSC-TVA3シリーズ、RUF2-HSC-TVA5シリーズ)も、「SecureLock Manager2」に対応予定。「SecureLock Manager」で管理している製品を、「SecureLock Manager2」での管理に移行できる「SecureLock Manager設定引き継ぎツール」も提供予定。

※ 「SecureLock Manager設定引き継ぎツール」は、2014年7月公開です。

開発の背景

 企業でUSBメモリーを利用している多くのユーザーが、USBメモリーへのウイルス混入、USBメモリーの紛失・盗難、ハードウェア故障によるデータ消失などをセキュリティ上懸念しているにもかかわらず、大多数の企業がUSBメモリーについて管理ルールを設けておらず、現場に管理が任されていることがわかりました。(2013/10現在、トレンドマイクロ調べ。)  利便性に富むUSBメモリーを今後も業務で利用していくには、維持管理だけでなく、紛失・盗難時の情報漏えい対策や、ウイルス対策といったセキュリティ対策の必要性が求められています。

ページの先頭へ

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。
To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.

プレスリリース配信

RSS配信

バッファローでは、プレスリリースをRSSで提供しております。