HOME > プレスリリース > 2017年 > 01月 > 世界初(※)、「テラステーション 5010シリーズ」が Ethernet新規格「IEEE 802.3bz」に対応 既設LANケーブルで最大5Gbps(規格値)通信が可能に
文字サイズ変更:
  • 小
  • 小
お知らせ
2017年01月05日

プレスリリース

世界初(※)、「テラステーション 5010シリーズ」が
Ethernet新規格「IEEE 802.3bz」に対応
既設LANケーブルで最大5Gbps(規格値)通信が可能に

 メルコホールディングス(東・名6676)グループの中核企業株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木邦明、以下バッファロー)は、発売中の法人様向けNAS「テラステーション 5010シリーズ」について、「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」に対応し、2.5Gbps(規格値)および5Gbps(規格値)での通信が可能になるファームウェアアップデート(ver.2.20)を2017年1月5日に公開します。本アップデートにより「テラステーション 5010シリーズ」は、世界で初めて「IEEE 802.3bz」に対応したNASとなります※1

 「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」(以下、2.5/5GbE)は、2016年9月に標準規格化された新しいEthernet規格です。通常、10GbE(10ギガビットイーサネット)対応のNASを導入する際、従来のCat5eおよびCat6ケーブルでは最大1Gbps(規格値)の伝送速度しか出せず、最大10Gbps(規格値)の伝送速度を実現するためにはCat6A規格より上位のケーブルが必要となりLANケーブルの入れ替えなどインフラ側の施工作業が発生します。しかし、「2.5/5GbE」に対応した「テラステーション 5010シリーズ」では、LANケーブルを上位規格に入れ替えせずとも現在敷設されているCat5eおよびCat6ケーブルを利用して最大5Gbps(規格値)の高速通信が可能です※2。この対応により、さらにリプレース導入が容易になります。

 また、IEEE 802.3bz対応の法人様向けスイッチ「BS-MP20シリーズ」も2017年春に発売を予定しています。

※1 2017年1月4日時点で市場に流通しているエントリーモデルのネットワーク対応ストレージ(NAS)において。
(2017年1月、バッファロー調べ)
※2 スイッチはIEEE 802.3bz対応製品への変更が必要。

「テラステーション 5010シリーズ」ラインナップ

TS5410RNシリーズ

TS5410RNシリーズ

TS5410DNシリーズ

TS5410DNシリーズ

TS5210DNシリーズ

TS5210DNシリーズ

各Ethernet規格とLANケーブル規格の対応について

IEEE 802.3an
(10GBASE-T)
IEEE 802.3bz
(2.5/5GBASE-T)
IEEE 802.3ab
(1000BASE-T)
10GbE2.5/5GbE1GbE
Cat7◯対応◯対応◯対応
Cat6A◯対応◯対応◯対応
Cat6△対応※◯対応◯対応
Cat5e×非対応◯対応◯対応

※10GbEで通信できるケーブル長上限は55m。ケーブル長55m以上、100m以下の場合は1GbEになります。

ページの先頭へ

※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.