HOME > お客様サポート > 旧製品向け「よくある質問」
キーボードの構造の違いについて
  [QA番号: BUF10374] 
(更新日:2006/09/27)

 キーボードの構造の違いについて


 
キーボードのキー構造はいくつか種類があります。
「メカニカルキーボード」、「メンブレンキーボード」、
「パンタグラフキーボード」の構造を以下でご確認ください。


■メカニカルキーボード

 メカニカルキーボードは、金属で出来た機械的接点を持ったスイッチであるため、
 キーを押したときにばねの感覚があり、ガチガチしているのが特徴です。
 
 他のキーボードに比べると、構造が複雑であるため、
 高価になります。

 メカニカルキーボード

 例:BKBC-MJ109シリーズ


■メンブレンキーボード

 メンブレンキーボードは、いわゆる普通のキー感覚のキーボードです。

 接点となるゴムのパーツが使用されて構造が簡単なので、
 比較的安価なのが特徴です。

 一部に、非接触型といわれるものがありますが、
 現在のところバッファロー製キーボードで採用はされていません。

 例:BKBU-WJ109/SV


■パンタグラフキーボード

 パンタグラフキーボードは、ノートパソコンで使われていることが多く、
 薄いのが特徴です。

 また、構造上キーの傾きや擦れ感が発生しにくく、キートップを外した際、
 二つのパーツが交差しているのもパンタグラフの特徴です。

 パンタグラフキーボード

 例:BKBC-J91SBK


以上




TOPへ戻る
■このQ&Aの対象環境
【バッファロー対象製品】
[ジャンル]USB接続 キーボード
[ジャンル]USB接続 無線キーボード
[ジャンル]USB接続 Skypeフォン付キーボード
[ジャンル]USB接続 Mac用キーボード
[ジャンル]USB & PS/2接続 キーボード
[ジャンル]PS/2接続 キーボード
 【使用環境】

【目的と症状】
キーボードの構造の違いについて
メカニカルキーボードとは
メンブレンキーボードとは
パンタグラフキーボードとは


本Q&A情報へアクセスするためには、以下をクリックしてください
URL : http://buffalo.jp/php/lqa.php?id=BUF10374

サポート&サービスのご案内

よくある質問

新製品および現在販売している製品のよくある質問(Q&A)を一覧からお選びいただけます。

最新のソフトウェア、取扱説明書、カタログ、製品写真がダウンロードいただけます。

お使いのパソコンなどに対応する周辺機器をお調べいただけます。

> サポートセンター

製品の分からないことやお困りの点についてお答えいたします。

各種サービス

添付品の購入について

故障・修理について

おすすめ情報

一覧を見る