HOME > お客様サポート > 旧製品向け「よくある質問」
Pingコマンドを実行して接続確認をする方法(無線親機、有線ルーター)
  [QA番号: BUF1853] 
(更新日:2009/11/20)

 Pingコマンドを実行して接続確認をする方法(無線親機、有線ルーター)


 

Pingコマンドを実行してIPパケットが通信相手に正しく届いているかを
確認します。手順は次のとおりです。


【手順】

1.Windowsの[コマンドプロンプト]もしくは[MS-DOSプロンプト]画面を
  起動します。

 ■Windows 7/Vista の場合
  [スタート]−[(すべての)プログラム]−([アクセサリ])−[コマンド
  プロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択してください。

 ■Windows XP/2000 の場合
  [スタート]−[(すべての)プログラム]−([アクセサリ])−[コマンド
  プロンプト]をクリックします。

 ■Windows Me/98/95 の場合
  [スタート]−[プログラム]−([アクセサリ])−[MS-DOSプロンプト]を
  クリックします。

2.画面のカーソルが点滅しているところから次のように pingコマンド を
  入力し、[ENTER]キーを押します。

  ping XXX.XXX.XXX.XXX

   ※pingXXX.XXX.XXX.XXXの間にはスペースを入れます。
   ※XXX.XXX.XXX.XXX には通信相手(例:無線親機/有線ルーター)の
    IPアドレスを入力してください。

    ≪例≫通信相手のIPアドレスが192.168.11.1の場合、
         ping 192.168.11.1
       と入力し、[ENTER]キーを押します。

    【参考Q&A】無線親機/有線ルーター出荷時のIPアドレス

3.接続状態によって以下のとおり返答が表示されます。

 ■正常に接続できている場合
  Reply from 192.168.11.1:bytes=32 time=1ms TTL=254 などと
  表示されます。

  Ping成功例

 ■接続ができていない場合
  Request timed outDestination host unreachable と
  表示されます。

  Ping失敗例


※※注意※※
 ・ウイルスバスターやノートンインターネットセキュリティなどファイアウォール
  機能が有効なソフトをインストールしている場合、通信相手と接続できていても
  「Request timed out」と表示されることがあります。

  セキュリティソフトをインストールしている場合、ファイアウォール機能を
  無効にするかアンインストールしたうえで、再度PINGコマンドを実行してください。
  設定に関する手順についてはソフトメーカへお問合せください。

  【参考Q&A】ファイアウォール機能を無効にする方法


【参考Q&A】Windows XP/2000/Me/98/95をご利用の場合、以下をクリックして
      動く画像でのQ&Aも参考ください。

      


【参考】Pingコマンドを実行する場合、あらかじめ、TCP/IPプロトコルを
    インストールしておく必要があります。手順は以下をご覧ください。

  → Windows 7/Vista の場合
  → Windows XP/2000 の場合
  → Windows Me/98/95 の場合





TOPへ戻る
■このQ&Aの対象環境
【バッファロー対象製品】
[シリーズ]WZR-G108、WZR-G54、WZR-HP-G54、WZR-RS-G54、WZR-RS-G54HP、WZR2-G108、およびそのセット品
[製品]WRP-AMG54
[シリーズ]WZR-AGL300NH、WZR-AMPG144NH、WZR-AMPG300NH、およびそのセット品
[シリーズ]WZR-G144N、WZR-G144NH、WZR2-G300N、WZR2-G300NM、およびそのセット品
[シリーズ]WHR-AMPG、WHR-G、WHR-HP-G、およびそのセット品
[シリーズ]WHR-AM54G54、WHR-AMG54、WHR-G54S、WHR-HP-AMPG、WHR-HP-G54、およびそのセット品
[シリーズ]WHR-G300N、WHR-G300N/P、WHR-G300N/U、WHR-G300N/E
[シリーズ]WZR-HP-G300NH、WZR-HP-G300NH/P、WZR-HP-G300NH/U、WZR-HP-G300NH/E
[シリーズ]WER-AM54G54、WER-AMG54、WER-A54G54、WER-AG54、およびそのセット品
[シリーズ]WHR2-A54G54、WHR3-AG54、WHR2-G54、WHR2-G54V、およびそのセット品
[製品]WHR-G54
[製品]WHR-G54/P
[製品]WHR-HP-G/UA
[シリーズ]WBR2-G54、WBR2-B11、WBR-G54、WBR-B11、およびそのセット品
[製品]WBR-G54L/P
[シリーズ]WYR-ALG54/P、WYR-G54/P、WYR-G54/PN
[シリーズ]WLAR-L11G-L、WLAR-L11-L、およびそのセット品
[シリーズ]WLAR-8MACGT、WLAR-8000ACG、およびそのセット品
[シリーズ]WLAR-128G、WLAR-128、およびそのセット品
[製品]WLAR-L11-S
[製品]WLAR-L11-M
[シリーズ]WLA2-G54、WLA2-G54C、WLA-G54、WLA-G54C、WLA-B11、およびそのセット品
[シリーズ]WLA2-S11、WLA-S11GK、WLA-S11G、WLA-L11G、WLA-L11、WLA-AWCG、WLA-AWC、およびそのセット品
[シリーズ]WLM2-AM54G54/HA、WLM2-A54G54/HA、WLM2-A54G54/H、WLM2-A54G54、WLM2-G54/HA、WLM2-G54/H、WLM2-G54、WLM2-L11G、WLM-L11G
[シリーズ]WAPM-AG300N、WAPM-APG300N、WAPM-HP-AM54G54
[シリーズ]WAPS-HP-AM54G54、WAPS-HP-G54
[シリーズ]WLAH-AM54G54、WLAH-A54G54、WLAH-G54、WLAH-HG-G54/R
[シリーズ]BBR-4HG、BBR-4MG
[シリーズ]BHR-4RV、BLR-TX4M、BLR-TX4S
[シリーズ]BLR3-TX4、BLR2-TX4、BLR-TX4、BLR3-TX4L、BLR2-TX4L、BLR-TX4L、BLR-TX4L-5V
 【使用環境】

【目的と症状】
Pingコマンドを実行して接続確認をする方法


本Q&A情報へアクセスするためには、以下をクリックしてください
URL : http://buffalo.jp/php/lqa.php?id=BUF1853

サポート&サービスのご案内

よくある質問

新製品および現在販売している製品のよくある質問(Q&A)を一覧からお選びいただけます。

最新のソフトウェア、取扱説明書、カタログ、製品写真がダウンロードいただけます。

お使いのパソコンなどに対応する周辺機器をお調べいただけます。

> サポートセンター

製品の分からないことやお困りの点についてお答えいたします。

各種サービス

添付品の購入について

故障・修理について

おすすめ情報

一覧を見る