HOME > お客様サポート > 旧製品向け「よくある質問」
【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】WEP(暗号、暗号キー)
  [QA番号: BUF3204] 
(更新日:2005/05/24)

 【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】WEP(暗号、暗号キー)


 
Wired Equivalent Privacy の略。

無線LANの規格である802.11に追加されたデータを暗号化する機能です。

WEP(暗号化)キーに40ビット(64ビット)長のデータを使う旧方式と
104ビット(128ビット)長のデータを使う新方式の2つがあります。

このWEP(暗号化)キーを元に送受信データを暗号化します。

万一、第三者に電波を傍受されても、暗号化されたデータの解読は
困難です。ビット数の値が大きいほど(40bit < 128bit)暗号が
複雑化し、セキュリティ度が向上します。

アクセスポイントにWEP設定を行なうと同じWEPキーを設定した
無線パソコンからしか接続ができなくなります。


■参考情報
 ・【用語説明】WPA
 ・【用語説明】TKIP
 ・【用語説明】AES




TOPへ戻る
■このQ&Aの対象環境
 

【目的と症状】
【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】WEP(暗号、暗号キー)


本Q&A情報へアクセスするためには、以下をクリックしてください
URL : http://buffalo.jp/php/lqa.php?id=BUF3204

サポート&サービスのご案内

よくある質問

新製品および現在販売している製品のよくある質問(Q&A)を一覧からお選びいただけます。

最新のソフトウェア、取扱説明書、カタログ、製品写真がダウンロードいただけます。

お使いのパソコンなどに対応する周辺機器をお調べいただけます。

> サポートセンター

製品の分からないことやお困りの点についてお答えいたします。

各種サービス

添付品の購入について

故障・修理について

おすすめ情報

一覧を見る