[ FAQ番号:FAQ1177 ]

誤って削除しないために。(ごみ箱機能)

【詳細】

TeraStationに[ごみ箱]を設定し、共有フォルダにあるファイルを誤って削除したとき、[ごみ箱]からファイルを取り出す方法を教えてください。

【対象製品】

TS-HTGLシリーズ

【用意するもの】

パソコン(NAS Navigator2インストール済み)



■Before


■After

    TeraStationに[ごみ箱]機能を設定していない場合、パソコンからTeraStationのデータを
    削除(Delete)すると、データは完全に消えてしまい復元できません。
    定期バックアップを設定していても、同様です。
    ここでは、TeraStationに[ごみ箱]を設定し、誤ってデータを削除したとき、[ごみ箱]から
    復元する方法を説明します。

    ※[ごみ箱]は、フォルダ毎に設定できます。

  1. パソコンでNAS Navigator2を起動します。
    [スタート]−[プログラム]−[BUFFALO]−[BUFFALO NAS Navigator2]
    −[BUFFALO NAS Navigator2]を クリックします。

    ※MACでは、[Dock]内の[NAS Navigator2]アイコンをクリックします。



    「NAS Navigator2」が起動し、ネットワーク上のTeraStationを自動検索します。
  2. TeraStationの設定画面を表示します。
    TeraStationアイコンを右クリックし、[Web設定を開く]をクリックします。

    ※MACでは、コントロールキーを押しながらTeraStationアイコンをクリックし、
    [Web設定を開く]をクリックします。

  3. ブラウザが起動します。ユーザー名欄に[admin]、パスワード欄に[password]を入力し、
    [ログイン]をクリックします。

  4. TeraStationの設定画面が表示されます。

  5. [共有フォルダ管理]-[共有フォルダ設定]をク リックします。
    ゴミ箱を設定する共有フォルダーの設定アイコンをクリックします。

  6. [ごみ箱]を[使用する]にチェックし、[設定]をクリックします。

  7. 設定画面をログアウトします。

  8. つづいて、パソコン1・2からTeraStationにアクセスし、ファイルを削除します。
    NAS Navigator2でTeraStationアイコンをダブルクリックします。

  9. TeraStationの共有フォルダが表示されます。
    [share]をダブルクリックします。

  10. [share]フォルダ内のファイルを選択し、[Delete]キーを押します。

  11. [はい]をクリックします。ファイルが削除されます。

  12. [trashbox] フォルダが作成されます。このフォルダが[ごみ箱です]
    [share]フォルダ内のファイルを選択し、[Delete]キーを押します。

  13. ファイルをドラッグし、[share]フォルダに移動します。

  14. 以上で、削除したファイルが[share]フォルダに復元されました。

アンケートにご協力お願いします

このコンテンツは、参考になりましたか?

参考になった

参考になった

TeraStation・LinkStation
サポート&サービスのご案内

最新のドライバー、マニュアルがダウンロードいただけます。

おすすめ情報

一覧を見る