HOME > 製品情報 > プレスリリース > 2011年 > 1月 > 情報漏洩からビジネスデータを守る。盗難・紛失時に加え、オプションの一括管理ソフトで内部統制も可能としたハードウェア暗号化外付けハードディスク
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
[新製品]
2011年01月26日

プレスリリース

情報漏洩からビジネスデータを守る。盗難・紛失時に加え、オプションの一括管理ソフトで内部統制も可能としたハードウェア暗号化外付けハードディスク

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、ハードウェア暗号化機能を搭載し、さらに別売りの管理者向けソフトウェアで情報漏洩の防止及び内部統制を可能とした外付けハードディスク「HDS-CXU2シリーズ」(2TB,1TB)を発売いたします。
 2011年2月上旬より、全国のパソコン販売店、パソコンを取り扱う家電量販店などでお求めいただけます。

商品概要

HDS-CXU2シリーズ

高解像度画像

管理ソフトウェア対応 自動暗号化機能搭載 USB2.0用 外付けHDD

容量 型番 価格 出荷予定
2TB HDS-CX2.0TU2 ¥23,200(税抜) 2011年2月上旬
1TB HDS-CX1.0TU2 ¥16,800(税抜) 2011年2月上旬


 本製品は、情報漏洩の防止と内部統制を可能にするハードウェア暗号化外付けハードディスク。
 データを保存するだけで強制的に暗号化し、紛失や盗難など万一の時でも情報漏洩を防げます。パソコンへソフトウェアインストールなしに認証可能なため、ユーザー権限環境下のパソコンでもすぐにお使い頂けます。
 また、本製品はシステム管理者向け管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager(セキュアロックマネージャー)」に対応。管理設定ソフトウェアを利用すれば、本製品に企業オリジナルのパスワードポリシーなどのセキュリティーを設定することが可能。社内コンプライアンス(社内運用ルール)の徹底を実現します。

開発の背景

 業務で使用しているハードディスクには部外秘・社外秘などの情報が多く保存されています。
 このような機密データを盗難や紛失、さらに内部の人間の不正な持ち出しから守ることは、セキュリティーや情報統制管理上、重要な課題となっています。
 本製品は、ハードウェア暗号化により権限の無い使用者にはハードディスクが使用できないよう保護。また、別売りのシステム管理者向けの管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager」を導入いただくことで、社内コンプライアンス(社内運用ルール)の徹底を実現できます。
 業務データの外部への流出が気になる企業・官公庁に適したソリューションを提供いたします。

追記

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.