HOME > 製品情報 > プレスリリース > 2011年 > 10月 > テレビの視聴スタイルを変える 「まるっと全録」機能搭載モデルなど 3種のテレビ用レコーダーが一挙登場
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
[新製品]
2011年10月19日

プレスリリース

テレビの視聴スタイルを変える
「まるっと全録」機能搭載モデルなど
3種のテレビ用レコーダーが一挙登場

メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、地上デジタル放送を24時間全チャンネル8日間連続録画ができる「まるっと全録」機能を搭載したテレビ用レコーダー「ゼン録(DVR-Z8)」を含む3種のレコーダーを発売します。
 「ゼン録(DVR-Z8)」は2011年12月中旬より、その他の2モデルは2011年11月上旬より順次、全国の家電量販店などでお求めいただけます。

商品概要

「ゼン録(DVR-Z8)」

高解像度画像

ゼン録(ロゴ)

DVR-W1/1.0T

高解像度画像

DVR-S1C/500G

高解像度画像

ゼン録 8チャンネル自動録画機能搭載 地デジ対応 HDDレコーダー

チューナー数 容量/録画可能時間 型番 価格 出荷予定
地上デジタル ×8 2TB(8日間×8チャンネル+予約用) DVR-Z8 オープン 2011年12月中旬


Wチューナー搭載 地上・BS・110度CSデジタル放送対応 HDDレコーダー

チューナー数 容量/録画可能時間 型番 価格 出荷予定
(地上/BS/CSデジタル)×2 1TB(約163時間 地デジ時) DVR-W1/1.0T オープン 2011年11月上旬


地上・BS・110度CSデジタル放送対応 HDDレコーダー

チューナー数 容量/録画可能時間 型番 価格 出荷予定
(地上/BS/CSデジタル)×1 500GB(約73時間 地デジ時) DVR-S1C/500G オープン 2011年11月上旬


テレビの視聴スタイルを変える“全番組録画機能”搭載レコーダー「ゼン録(DVR-Z8)」

 “らくらくTVレコーダー”を徹底的に追求した結果、番組録画予約の操作自体を不要とし、8チャンネル分の地上デジタル放送を最大8日間自動で録画する機能「まるっと全録機能」を実現しました。
 いつでも好きな時に過去8日分の番組を自由に視聴することができます。
 また、番組の再生は過去の番組表から見たい番組を選択するだけの簡単操作。ジャンルで録画番組を検索して再生することもできます。また、番組再生中に、チャンネルボタンで同時刻の別のチャンネルに切り替えることも可能です。
 8日分の全番組を録画していますので、「録画予約のし忘れ」「あとから番組を知った」「テレビをつけたらたまたま面白い番組がやっていた」など、起こりがちだった番組の見逃しがありません。
 残したい番組は、内蔵ハードディスク保存領域に保存可能。USB外付ハードディスクの増設にも対応していますので、内蔵ハードディスクがいっぱいになっても、外付けハードディスクにダビングすることができます。
 番組録画予約の操作そのものが不要となるため、操作が苦手・面倒という方にもおすすめです。
 番組録画予約や番組の見逃しなど従来のレコーダー概念を覆す「まるっと全録機能」により、テレビの視聴スタイルを大きく変える製品です。

「らくらくTVレコーダー」ラインナップ

「らくらくTVレコーダー」は、シンプルかつかんたんな操作で“らくらく”お使いいただけるレコーダーとして開発された、レコーダー製品シリーズです。前述したDVR-Z8はらくらくを突き詰めた究極のかたちです。
 多機能化するレコーダー製品の傾向に対し、「もっとシンプルでかんたん操作のレコーダーが欲しい」というお客様のご意見に着目。「シンプル・かんたん・コンパクト」をコンセプトとして録画機能に特化したシンプルな製品を開発しました。
 従来モデルで培った「シンプルで使いやすく」を継承しながら、BSデジタル放送への対応や静音化、2番組同時録画などハードディスクレコーダーの基本機能として求められるニーズを反映し、さらに使い易いレコーダーとしました。
 様々な切り口の“らくらく”機能が加わることで、お客様のテレビ録画環境や視聴スタイルに合わせてお選びいただける、手軽に追加していただけるスマートな録画ソリューションをして「らくらくTVレコーダー」のラインナップを展開してまいります。


見たい番組ダブルで録画「DVR-W1」

 地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2個搭載し、シンプルな操作性で地上/BS/110度CSデジタル放送の2番組同時録画に対応した新スタンダード録画機です。
 2番組同時録画中もそれぞれの録画中番組をはじめから再生できる「追っかけ再生」、録画済みの番組の再生にも対応しています。
AV機器向け高信頼の1TBハードディスクとともに、低回転・静音ファンを採用。Wチューナーモデルながら、本体設置面積はほぼB5サイズのコンパクト設計です。
 USB外付ハードディスクの増設にも対応。内蔵ハードディスクがいっぱいになっても、外付けハードディスクに保存し、録画時間を増やすことができます。

シンプル・マイルーム仕様「DVR-S1C」

 地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載した、ファンレス仕様の静音モデル。リビングルームでは気づかなかったファンの動作音を抑えるためファンレス設計とし、プライベートルームでの使用に配慮しました。蓄光型の「光るリモコン」を採用し、夜間の利用にも便利です。
 番組を録画しながら、録画中番組のはじめから再生できる「追っかけ再生」。また、シングルチューナーモデルながら、地デジ放送の録画中にBS/110度デジタル放送を視聴する、またはBS/110度デジタル放送を録画中に地デジ放送を視聴するといった裏番組録画にも対応しています。
 USB外付ハードディスクの増設にも対応。内蔵ハードディスクがいっぱいになっても、外付けハードディスクに保存し、録画時間を増やすことができます。

シリーズ共通仕様

らくらく設定

・コンパクトだから置き易い。
・初期設定がらくらく簡単。
・マニュアルは分かりやすいシートタイプ。

らくらく操作

・ボタンが少なめで大きい、シンプルリモコン。

らくらく容量追加

・ハードディスク容量追加ができるUSBポートを搭載。

追記

<お詫びと訂正>

2011/10/20更新 ※初出時に、DVR-Z8のチューナー数に誤りがございましたので修正いたしました。お詫びして訂正いたします。

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.