HOME > 製品情報 > プレスリリース > 2012年 > 2月 > パソコンを劇的にスピードアップ。 転送速度最大513MB/sを誇る内蔵SSD
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
[新製品]
2012年02月29日

プレスリリース

パソコンを劇的にスピードアップ。
転送速度最大513MB/sを誇る内蔵SSD

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、パソコンの体感速度を大きく左右しているディスク性能を大幅に向上する、高速な内蔵SSD「SSD-NS/PM3P」(容量512GB、256GB、128GB)を発売いたします。
 2012年3月中旬より、全国パソコン販売店、パソコンを取り扱う家電量販店などでお求めいただけます。

商品概要

SSD-NS/PM3Pシリーズ

高解像度画像

2.5インチ MLC搭載 ターボPC EX対応 Serial ATA6Gbps用 内蔵SSD

容量 型番 価格 出荷予定
512GB SSD-N512S/PM3P ¥90,300(税抜) 受注生産
256GB SSD-N256S/PM3P ¥47,700(税抜) 2012年3月中旬
128GB SSD-N128S/PM3P ¥24,400(税抜) 2012年3月中旬


 本製品は、高速なMarvel製コントローラーと東芝製フラッシュメモリーを搭載した「PHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS(PLDS)製SSD」を採用。また、当社独自の高速転送ソフトウェア「ターボPC EX」の併用により、更なる高速化を実現しました。

 高速転送規格SATA 6Gbps(規格値)での接続に対応し、転送速度最大513.4MB/s(※256GBモデルの場合)を実現しています。

 ハードディスクと交換した場合、大幅にスピードが向上するのはもちろん、従来のSSD(当社製SSD-N256S/MC400 405MB/s)と比べても大幅に高速化(※)。
 添付の高速化ソフトウェア集「バッファローツールズ」により、さらにスピードに磨きがかかります。パソコン(OS)やアプリケーションの起動時間の短縮をはじめとして、パソコンの体感速度の向上に威力を発揮します。

 また、今までお使いになっていたパソコンの環境をそっくりそのまま“引っ越し”できるソフトウェア「Acronis True Image HD」を添付。既存のハードディスクからの載せ替えを手軽に行えます。

 本製品は2.5インチタイプのため、ノートパソコンのハードディスクの交換にご利用いただけます。また、3.5インチハードディスクを搭載したパソコンでもお使いいただける「3.5インチ変換マウンター」が標準で付属。デスクトップパソコンでもご利用いただけます。

※【測定環境】(2012年2月 当社調べ)<測定機器>[PC]マウスコンピューター LuvMachines Lm-i910S、CPU:Intel Core i7 3930K(3.2GHz)、チップセット:Intel X79、Memory:DDR3 16GB、OS:Windows 7 HomePremium (64bit)
<測定方法>本製品をパソコンのSATAポートに接続。ベンチマークソフトウェア「CrystalDiskMark 3.0.1(1000MB×5モード)」にて、高速化ソフトウェア:ターボPC EXを有効で測定

開発の背景

 本製品は、パソコンの性能を向上させたいというご要望に応える製品として開発されました。
 パソコンの速度が決める要素の中でも、ハードディスクは、あらゆる処理に関係する重要なパーツでありながら、CPUやメモリーといった他の処理機構に比べ格段に遅く“足を引っ張る”存在でした。
 このハードディスクを、数倍の速度をもつSSDに交換すると、パソコンの動作全般が快適になります。
 SSDへの交換は、パソコンのパワーアップ策として注目されているソリューションとなっています。

追記

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.