HOME > 製品情報 > プレスリリース > 2012年 > 3月 > オフィスのデータをスマートフォンでどこからでも活用できる iPhone及びAndroid向けアプリケーション 「WebAccess for Business」を開発
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
[お知らせ]
2012年03月26日

プレスリリース

オフィスのデータをスマートフォンでどこからでも活用できる
iPhone及びAndroid向けアプリケーション
「WebAccess for Business」を開発

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、ネットワーク対応ハードディスク(NAS)に保存されたデータを、スマートフォン及びタブレット端末から利用できるアプリケーション「WebAccess for Business(ウェブアクセス フォー ビジネス)」を開発いたしました。
 既に御好評をいただいているアプリケーション「WebAccess」に、企業でも導入しやすい管理者機能を付加。部門ごとに機能制限を設けるなど、セキュリティーポリシーを反映した運用が可能となりました。
 WebAccess for Business Android版はGoogle Playにて本日公開し無料配信を行っております。iPhone版はAppStoreにて近日中に無料配信を開始する予定です。

商品概要

 WebAccess for Businessは、当社製NAS「テラステーション」「リンクステーション」に、対応する端末(iPhone、iPad、Androidスマートフォン・タブレット)からインターネットを経由してアクセスできるアプリケーション。
 オフィスに設置したNASを外出先でも社内からでも、スマートフォンの外部ストレージのように利用できます。
 さらにビジネスユースを想定し管理者による設定管理に対応。端末別アクセス制限・機能制限などを備え、ビジネスの現場でも安心してお使いいただけます。

利用例



主な管理者向け機能

複数の設定(プロファイル)を使い分け、部門別の機能制限が可能

・ダウンロード、アップロードの制限
・フォルダー作成の制限
・コピー、移動、名前変更の制限
・共有URLの作成(Android版)
・拡張子によるファイルのフィルタリング

 本アプリを使用するNAS及び設定したグループ単位機能制限が可能。きめ細かいセキュリティー管理が行えます。

利用可能端末をリストで管理。非正規端末を排除

・ホワイトリスト(使用可能端末の登録)による管理
・ブラックリスト(使用不可端末の登録)による管理

複数端末への導入の工数を低減

 管理者が作成したプロファイルをWebサーバーにアップロードし、複数端末に同一の設定情報(プロファイル)を配布できます。

開発の背景

 本アプリケーションは、スマートフォンやタブレット端末の業務用途での利用の拡大・侵透を受け、業務データの活用の利便性を高める目的で開発されました。
 これまで、サーバーやNAS上に保存された業務データは、PC上での扱いに限られることが多く、スマートフォンやタブレット端末の機動性の高さを活かしきることが困難でした。WebAccess for Businessでは、データをやりとりするルートを確立する役割を果たすと共に、内部統制に欠かせない管理機能も搭載。
 最新の業務データを、外出先や社内の会議室など、様々な場所やシーンで活用できるソリューションを手軽に構築いただけます。

追記

※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.