HOME > 製品情報 > プレスリリース > 2012年 > 3月 > 公衆無線LANスポットサービス「FREESPOT」の 英語版Webサイトを開設
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
[お知らせ]
2012年03月27日

プレスリリース

公衆無線LANスポットサービス「FREESPOT」の
英語版Webサイトを開設

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)が主宰するFREESPOT協議会は、外国人観光客のインターネット環境改善希望に応えて、FREESPOT英語版公式サイトを2012年3月23日より開設いたしました。

 公衆無線LANスポットサービス「FREESPOT」は、外出先で手軽に使えるインターネット接続環境づくりを目指して2002年にスタート、サービス提供にご協力頂ける施設を募集し続け、現在では全国に9,400箇所(※1)を数えて更なる拡大を続けています。
 
■英語版サイトURL
 URL : http://www.freespot.com/users/map_e.html

 訪日外国人観光客数は、年々増加傾向にあります。そして、ノートパソコンやスマートフォンなどの無線LAN端末が普及するにつれ、外国人観光客の無料無線LANに対するニーズも非常に高いものになってきました。
 観光情報を取得するため、自国の知人に連絡するため、様々な用途に気軽に使える無線LAN環境が強く求められており、店舗オーナーからも、FREESPOTの外国語対応を求める声があがっておりました。
 FREESPOT協議会ではこうした声に応え、FREESPOTについての説明、所在地MAPなどの利用についての情報を翻訳し、提供させていただくことといたしました。

 日本国内の公衆無線LANをお探しの海外の方がいらっしゃいましたら、是非こちらのサイトをご紹介ください。

 FREESPOT協議会及び当社は、今後もサービスの利便性向上に努めて参ります。

※2012年3月27日現在

商品概要

公衆無線LANスポットサービス「FREESPOT(フリースポット)」とは

 FREESPOTとは、全国に展開している、公衆無線LANスポットサービスです。
 公共施設では住民サービスとして無料で提供されていたり、また、民間の店舗の場合でも施設の有償サービス(飲食や宿泊など)をご利用いただいたお客様に、FREESPOTを無償でお使いいただけるなど、施設利用者への付加サービスとして利用されています。

 無線LANでインターネットにアクセスできる環境を提供することで、利用者はメールチェックやインターネットでの情報収集、さらにはVPNによる社内サーバーへのアクセス等のより高度なネットワーク活用をも実現しています。
 また、本サービスの特徴として、オーナー制を採用している点が挙げられます。店舗や公共施設がFREESPOTオーナーとなっていただくことで、集客手段としてご活用いただき易くなっています。
 このようにFREESPOTは、利用者にも提供するオーナー様にも、どちらにもメリットのある環境づくりをコンセプトに活動しており、近年では、震災時の復興支援のボランティア関連施設での活用や催事の際にもご利用いただくなど、ネットワーク社会の新たなインフラとして注目されています。

FREESPOTに関するお問合せ

TEL:050-5538-5496
受付時間 平日9:00~12:00、13:00~18:00 定休日 土・日・祝日・年末年始

追記

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.