HOME > 製品情報 > プレスリリース > 2012年 > 4月 > アイドリングストップテクノロジーで電力消費の無駄を抑制。 省エネ法基準をクリアしたレイヤー2スイッチ24ポートモデル2機種
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
[新製品]
2012年04月04日

プレスリリース

アイドリングストップテクノロジーで電力消費の無駄を抑制。
省エネ法基準をクリアしたレイヤー2スイッチ24ポートモデル2機種

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、データの流れていない時に消費電力を抑制するアイドリングストップテクノロジー(IEEE802.3az EEE)を搭載し、省エネ法基準をクリアしたレイヤー2スイッチノンインテリジェント10/100Mスイッチ24ポートモデル「BS-2124U」(法人向け3年保証)及び「LSW3-TX-24NSR」(家庭・SOHO向け1年保証)を発売いたします。
 2012年4月下旬より、全国のパソコン販売店などでお求めいただけます。

商品概要

BS-2124U

高解像度画像

LSW3-TX-24NSR

高解像度画像

レイヤー2 ノンインテリジェント 10/100Mスイッチ

保証期間 型番 価格 出荷予定
3年間 BS-2124U ¥19,800(税抜) 2012年4月下旬


10/100M スイッチングHub 金属筐体/電源内蔵モデル

保証期間 型番 価格 出荷予定
1年間 LSW3-TX-24NSR ¥14,800(税抜) 2012年4月下旬


 BS-2124U及びLSW3-TX-24NSRは、従来の同等機種に比べ大幅な低消費電力を実現した省エネモデル。連続稼働するスイッチだからこそ必要とされる省エネ性能を高いレベルで実現し、2009年7月よりスイッチも追加された「エネルギー仕様の合理化に関する法律」(省エネ法)の基準をクリアしています。

 設計を改善することで従来の同等機種よりも63%(※1)も最大消費電力消費を低減。
 また、電力の無駄を抑制する様々な機能を搭載。未使用のポートへの電力供給の制限、接続されたLANケーブルの長さに応じて電力を調節、といった従来機種で好評だった機能に加え、本製品に搭載される「おまかせ節電NEXT」では、データの流れていないときの消費電力をカットするアイドリングストップテクノロジー(IEEE802.3az EEE ※2)を搭載。通信を行わないときはMAC層のチップへの電源供給をアイドリング状態にすることで大幅に消費電力を減らし、通常使用時においても大幅な節電を実現します。

 多彩な取付で運用も柔軟に行えます。付属金具で19インチラックへの収納、マグネットによる金属壁への取り付け、ネジでの壁面固定が行えます。

 ファンレス設計によりファンによる騒音が無く、静かなオフィスにも適しています。

※1 従来機種BS-2024UR及びLSW-TX-24NSRRの最大消費電力9.5Wに対し、BS-2124UR及びLSW3-TX-24NSRの最大消費電力3.5W。
※2 LANケーブルで接続された機器同士がIEEE802.3az EEEに対応していることが必要です。

アイドリングストップテクノロジーによる、電力消費量変化の図解


追記

※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.