HOME > 製品情報 > Wi-Fi(無線LAN )総合情報 > レコーダー+Wi-Fiで家中どこでも録画を楽しもう

レコーダー+Wi-Fiで家中どこでも録画を楽しもう レコーダーを買い替えることなく手軽にWi-Fi化。離れた部屋からのレコーダー起動&操作が簡単に。

レコーダー+Wi-Fiでできること

離れた部屋からレコーダーの電源をON→録画した番組をその場ですぐに楽しめる

2FのTVでは1Fのレコーダーで録画した番組が見られない… +Wi-Fiで解決!2Fでも1Fのレコーダーで録画した番組を見ることができる!

しかもモデムが離れていても大丈夫!!

無線LAN親機(Wi-Fiルーター)/子機とACアダプターでWi-Fi環境を整えれば、離れた場所の機器が簡単につながります。
回線機器から離れたレコーダーでも、BD-Live™や動画配信サービスなどのインターネットサービスが利用できます。

部屋もスッキリでうれしいわ!インターネットサービスも動画配信もばっちりだ!

録画番組のネットワーク再生を可能にする「DLNA」
DLNA

DLNA(Digital Living Network Alliance)は、ホームネットワークでつながったAV機器やパソコン、情報家電等を連携して利用するためのガイドラインです。DLNAに対応したレコーダーに録画されたテレビ番組は、同じネットワーク上のDLNA対応テレビやパソコンなどで再生することができます。世界で100社以上のメーカーが参加しており、DLNAガイドラインに対応した製品であれば、他のメーカーの製品とも連携が可能です。

離れた部屋からレコーダーの電源をON→録画した番組をその場ですぐに楽しめる

2階子供部屋 すぐにレコーダーを起動しに行けない 2階寝室 離れた部屋のレコーダー起動が面倒 1階キッチン レコーダー起動のために移動できない 1階リビング ホームネットワークを利用して、リビングのレコーダーの録画番組を、ワイヤレス視聴。・・でもレコーダーの電源を入れるために、毎回リビングまで行かなくてはいけないのは、けっこう面倒ですよね? プラスWi-Fiで解決! 2階子供部屋 リビングに行けなくても、レコーダーの試合がスグ観れるぞ! レコーダーをON! 2階寝室 ベッドから動かなくても、ラクラクON!録画した映画がすぐ観れる! レコーダーをON! 1階キッチン キッチンから離れなくても、ここで料理番組のレシピが観れるわ! レコーダーをON! 1階リビング バッファローの無線LAN子機とUSB充電器を追加するだけで、お持ちのレコーダーがグレードアップ。寝室からリビングのレコーダーの電源を入れられるから、部屋を移動する必要なし。すぐに録画番組が楽しめます。

※レコーダーのホームサーバー機能が「ON」になっている必要があります。
※スマートフォンやタブレットでレコーダーの録画番組(DTCP-IPコンテンツ)をご覧になる場合は、TV SideViewやTwonky Beam、DiXiM Digital TVなどのDTCP-IPコンテンツの再生に対応したアプリが必要です。

ネットワーク経由の電源 ON を可能にする遠隔電源ON機能「WOL」

WOL(Wake On Lan)は、ホームネットワーク上の機器の電源を、ネットワーク経由で電源 ON を可能にする技術です。WOL対応製品は、離れた場所からネットワーク経由で電源を入れられるため、製品の使用開始のたびに製品のある場所まで移動する必要がありません。

WOL対応製品はこちら

スマホアプリで録画予約できる

※外出先からの遠隔起動をするためには、VPN機能を備えたルーターやダイナミックDNSが必要です。

離れた部屋からのレコーダー起動や遠隔予約には、スマホアプリが便利
レコーダーの電源をON
StationRader

無線LAN親機(Wi-Fiルーター)を自動検知して、Wi-Fiリモコンをワンタッチで起動。ネットワークにつながったレコーダーの電源を手軽にONにできます。

ダウンロード
iOS版はこちら Andoroid版はこちら

※お使いの無線LAN親機(Wi-Fiルーター)が上記アプリに対応している必要があります。対応機器は下部「必要な機器」よりご確認ください。

離れたところから録画予約
TV SideView

外出先から録画番組の予約ができる「TV SideView」を利用して、ソニー製レコーダーの録画予約がかんたんにできます。

ダウンロード
iOS版はこちら Andoroid版はこちら

※ソニー製レコーダーをご使用の場合に上記アプリをご利用いただけます。その他メーカーのレコーダーをご使用の場合は、ご使用中のレコーダーメーカーへお問い合わせください。
※ブルーレイディスクレコーダーをインターネットに常駐接続しておく必要があります。

接続イメージ

1.WOL対応 無線LAN親機:無線LAN子機同士をつなぐ橋渡しをします。 2.WOL対応 無線LAN子機:レコーダーのLAN端子に接続することで、無線機能を追加します。 3.USB充電器:無線LAN子機にUSBケーブル経由で給電します。 4.WOL対応 無線LAN子機:レコーダーのLAN端子に接続することで、無線機能を追加します。

1.WOL対応無線LAN親機(Wi-Fiルーター)

acna5GHz ngb2.4GHz 1300+4500Mbps

WZR-1750DHP2

詳細はこちら

acna5GHz ngb2.4Ghz 866+300Mbps

WZR-1166DHP2

詳細はこちら

na5GHz ngb2.4GHz 450+450Mbps

WZR-900DHP2

詳細はこちら

na5GHz ngb2.4Ghz 300+300Mbps

WZR-600DHP3

詳細はこちら

2.WOL対応無線LAN子機

コンセント不要
テレビの背面にスッキリ設置

WLI-UTX-AG300/C

詳細はこちら

3.USB充電器

BSMPBAC01シリーズ

詳細はこちら

4.WOLレコーダー

型名 遠隔電源ON機能「WOL」対応 タブレット・スマートフォンへのストリーミング対応 Wi-Fi内蔵
※Wi-Fi内蔵モデルは当社製無線LAN子機不要。
BDZ-EX3000
BDZ-ET2100
BDZ-ET1100
BDZ-EW1100 ×
BDZ-EW510 ×
BDZ-E520 ×
BDZ-E510 ×
BDZ-ET2000
BDZ-ET1000
BDZ-EW2000 ×
BDZ-EW1000 ×
BDZ-EW500 ×
BDZ-E500 ×
BDZ-AX2700T ×
BDZ-AT970T ×
BDZ-AT950W ×
BDZ-AT770T ×
BDZ-SKP75 ×
BDZ-AX2000 × ×
BDZ-AX1000 × ×
BDZ-AT900 × ×
BDZ-AT700 × ×
BDZ-AT500 × ×

※記載のブルーレイディスクレコーダーについて詳しくは、ソニーマーケティング株式会社製品サイトでご覧下さい。
ソニー製ブルーレイディスクレコーダーの録画容量を後から増やせる当社にて動作確認を行った外付けハードディスク一覧はこちらよりご覧下さい。