ネットワーク配線コストや機器のコストダウンを実現する

有線LANだけでネットワークを構築していると・・・
バッファローの無線LAN導入で解決

バッファローの11n無線LAN導入でコストダウンが可能

上図のネットワーク構成で、有線LANのみのネットワークと無線LANを導入したネットワークの導入費用を比較します。

●有線LANのみで構成したネットワーク ●無線LANを導入したネットワーク
 
単価
合計
レイヤー3インテリジェントGigaスイッチ
BS-G3024MR 1台
¥99,800(税抜)
¥99,800(税抜)
レイヤー2インテリジェントGigaスイッチ
BS-G2116M 4台
¥53,800(税抜)
¥215,200(税抜)
¥315,000(税抜)
 
単価
合計
レイヤー3インテリジェントGigaスイッチ
BS-G3024MR 1台
¥99,800(税抜)
¥99,800(税抜)
11n対応無線LANアクセスポイント
WAPM-APG300N 1台
¥39,800(税抜)
¥39,800(税抜)
¥139,600(税抜)

11n高速無線LANに替えれば約175,000円コストダウン

※工事費・ケーブル費・部材費(モール他)、雑費(運送費他)、外部接続用ルーターは除く。機器の価格は2012年8月1日現在の希望小売価格です。最新価格は、各製品ページをご確認下さい。

 

100M有線LANにせまる高速性能と安定通信を実現

■あらゆる環境で高速・快適な通信が可能

複数のアンテナ同時利用による送受信<MIMO>でスループット向上
<マルチパスを利用>
壁などに反射して発生する反射波(マルチパス)を積極的に通信に利用する技術により、障害物が多い環境でも安定した通信を実現。

MIMO方式:複数アンテナで合成受信

11n準拠正式11nに対応
Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)により2009年9月に高速無線LAN規格IEEE802.11nが正式な規格として承認されました。 これにより弊社が従来より発売してまいりましたDraft2.0 11n対応の無線LAN製品はすべて正式11n対応製品となりました。
●正式11n対応製品
法人向け無線LAN親機製品:WAPM-APG300NWAPM-AG300NWAPM-APG600HWAPS-APG600HWAPS-AG300H
法人向け無線LAN子機製品:WLP-UC-AG300WLP-U2-300DWLP-EXC-AG300

オフィス実環境での11nのスループット測定結果

<測定環境>
アクセスポイント:上記の通り、PC1(有線接続)[CPU:Core2 Duo L7300、メモリー:1GB、OS : WindowsXP Professional SP2]、PC2(無線接続)[CPU:Core2 Duo T2400、メモリー:1GB、OS : WindowsXP Professional SP2]、無線LANアダプター:上記の通り
<測定方法>
無線APにPC1は有線、PC2は無線で接続。Iperf Ver.1.70 PC1→PC2にTCPにより30秒間転送。WindowsSize 128K設定で3回測定し、平均を算出。
※通信距離・速度は環境に依存します。

この製品で解決しました

正式11n対応アクセスポイント
ビジネス向けに豊富な機能を搭載した11n対応無線LANアクセスポイント。高速で安定した通信環境を実現するとともに、オフィスでの利用のために認証によるセキュリティー IEEE802.1X、WPA2 や、VLAN、PoEなどの機能を満載したインテリジェントモデルです。盗難防止用セキュリティーケースが付属し、アクセスポイント本体も保護できます。

11a・11g・11b全規格を同時に使用するなら
WAPM-APG300Nなら、11a・11g・11bを混在して利用することが可能。繋がっているクライアントを11aと11gに分けて別々に同時に送ることができるようになり、高速安定性に優れた無線LAN環境を構築できます。
>>WAPM-APG300N 製品詳細へ
>>WAPM-APG600H 製品詳細へ
>>WAPS-APG600H 製品詳細へ

11a・11g・11bを切り替えて使用するなら
WAPM-AG300Nなら、高速で電波干渉に強い 5GHz帯(11a)、高速で障害物にも強い2.4GHz帯(11g)、障害物に強い2.4GHz(11b)、11a、11gの高速規格(11n)の4つの無線規格に対応。2.4GHz帯と5GHz帯の切替利用が可能です。
>>WAPM-AG300N 製品詳細へ
>>WAPS-AG300H 製品詳細へ

WAPM-APG300N WAPM-AG300N
 
 

PoE給電により設置の自由度が広がる

■11nでもLAN配線で電源を供給するPoE給電に対応

電源をLANケーブルから供給可能にするPoEを搭載した無線アクセスポイントを使えば、対応した給電機器(PoEスイッチやPoEインジェクター)と接続することによって、LANケーブルを通しての給電が可能。
電源のある場所にとらわれない自由な設置が実現。電源を引き回すための工事も不要になり、設置費用も削減できます。

オフィス実環境での11nのスループット測定結果

この製品で解決しました

ハイパワーPoE対応給電機器
従来規格(IEEE802.3af)に加え、独自のハイパワー給電規格に対応しており、バッファロー製IEEE802.11n対応の高速無線LANアクセスポイントへのハイパワー給電を実現します。PoEインジェクターはスイッチ機能を持たない給電装置のため、既存ネットワーク機器と組み合わせて利用します。
>>BIJ-POE-1P/HG 製品詳細へ
>>BIJ-POE-4P/HG 製品詳細へ
>>BS-POE-2124GMR 製品詳細へ

BIJ-POE-1P/HG BIJ-POE-4P/HG BS-POE-2124GMR
 

従来規格(IEEE802.3af)PoE対応給電機器
従来規格IEEE802.3afの受電機器にも給電可能なPoE対応給電機器です。PoEインジェクターはスイッチ機能を持たない給電装置のため、既存ネットワーク機器と組み合わせて利用します。
>>BIJ-POE-1PR 製品詳細へ
>>BIJ-POE-4PR 製品詳細へ
>>BS-POE-2008MR 製品詳細へ
>>BSL-PS-2108MR 製品詳細へ

BIJ-POE-1PR BIJ-POE-4PR BS-POE-2008MR BSL-PS-2108MR
 
 
バッファローの提案するネットワークインフラソリューションを見る

サポート&サービスのご案内

サービス

事前調査・設置サービス

添付品の購入について

導入前の事前調査、評価機の貸出から、導入後の保守までメニューを用意しております。

ダウンロード

最新のドライバ、マニュアル、カタログ、製品写真がダウンロードいただけます。また、おすすめのソフトウェアをご紹介します。

対応情報

お使いのパソコンなどに対応する周辺機器をお調べいただけます。

サポートセンター

電話、Webにて、製品の分からないことやお困りの点についてお答えいたします。

おすすめ情報

一覧を見る