セキュリティーを強化できる管理機能対応USBメモリーを導入する

>>他のテーマを見る | ウイルス感染対策 | データ流出対策
社内にたくさんあるUSBメモリー管理が大変・HDDの紛失や盗難でデータ流出の恐れが・・・
バッファローのセキュリティーUSBメモリー&管理ソフトウェアで解決

設定管理ソフトウェアでセキュリティーUSBメモリーを一元管理

■企業オリジナルのパスワードポリシーを設定可能

システム管理者向けUSBメモリー設定管理ソフトウェア「RUF2-HSC-MGR」を導入すれば、管理機能に対応したUSBメモリーに保存されるデータの重要度や、利用ユーザーの部門種別、持ち運びの頻度により、システム管理者がセキュリティーポリシーをきめ細かに設定して運用を行えます。またユーザーによるセキュリティーポリシーの変更を禁止できるので、コンプライアンスを徹底することができます。 システム管理者向けUSBメモリー設定管理ソフトウェア RUF2-HSC-MGR

■マスターキーファイルで集中管理が可能

USBメモリーの管理設定を最初に施すと、管理者PCに「マスターキーファイル」という鍵ファイルが生成。以後は、「RUF2-HSC-MGR」とセキュリティーUSBメモリーに管理者を示す「マスターキーファイル」が揃ってはじめて管理・設定を更新できます。

<管理設定例>
・ユーザーのUSBメモリに管理者としてアクセスが可能です
・ユーザーによる初期化や管理設定の変更を禁止
・マスターキーを統一すれば、多数のUSBメモリを一括管理可能
・パスワード忘れ、パスワード失敗時の緊急事態(ロック等)を救済、データ消失を防止

複数USBメモリーの管理に便利
部署や役職別などでマスターキーを統一すれば、効率的に管理することができます。 複数USBメモリーをまとめて管理

パスワードを忘れても初期化不要 複数USBメモリーをまとめて管理

■離れた場所にいても、忘れたパスワードの復元と解除が可能

パスワードトラブルにもその場で対応ユーザーが別拠点などの遠隔地にいても、忘れたパスワードの復元やパスワードロックの解除が可能です。これにより管理者が出向いたり、USBメモリーを回収したりする必要がなくその場で簡単に対応できます。

※「パスワード復元」「PINコード」機能の利用には事前に設定が必要です。

「パスワード復元」機能:
USBメモリーから「復元ファイル」を生成して、管理者にメールで送ることで管理者は「パスワード」を復元します。あとは復元した「パスワード」をユーザーに連絡するだけです。

「Pinコード」機能:
パスワードロック時に表示される「識別コード」を管理者に伝えることで、管理者はロックを解除できる「PINコード」を発行。あとは「PINコード」をユーザーに連絡するだけです。

■利用状況が確認できるログ機能

利用ユーザーが行った操作がメモリーに保存されるので、管理者は使用状況を監視することができます。

※ログの確認には「Secure Lock Manager」(Ver1.4 以降)が必要です。

デバイス制御機能を持った各社ソフトウェアにも対応

セキュアな運用が行えるUSBメモリーを利用するために

接続許可されたUSB製品だけがパソコンで利用が可能にすることで、未許可のUSB製品による情報漏洩を防ぐことができる各社のデバイス制御機能搭載ソフトウェアに対応しています。

>>各社の対応ソフトウェアはこちらをご覧ください。

この製品で解決しました

セキュリティーUSBメモリーを集中管理。運用面の負荷を低減
セキュリティーUSBメモリーに、システム管理者が企業オリジナルの設定を施すことができる設定管理ソフトウェア。USBメモリーの初回設定時にマスターキーファイルを作成。 マスターキーファイルにより管理者として、パスワード不要でファイルの読み出しや各種設定の変更が可能。システム管理者の運用面での負荷を低減します。
>>RUF2-HSC-MGRシリーズ 製品詳細はこちら

RUF2-HSCUW/3シリーズ

ウイルスチェック機能は3年間の更新ライセンス付き、管理機能に対応
全自動暗号化機能を搭載したセキュリティーUSBメモリーに、USBワームウイルス等からパソコンを守る、3年間のパターンファイル更新ライセンス付きウイルスチェック機能を搭載。またシステム管理者向けUSBメモリー設定管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager」(有償)で企業オリジナルのセキュリティー設定が可能。社内運用ルール(コンプライアンス)を適応できる社内標準指定品にオススメなUSBメモリーです。
>>RUF2-HSCUW/3シリーズ 製品詳細はこちら
>>RUF2-HSC-TVA3シリーズ 製品詳細はこちら

RUF2-HSCUW/3シリーズ

ウイルスチェック機能、管理機能に対応
全自動暗号化機能を搭載したセキュリティーUSBメモリーに、USBワームウイルス等からパソコンを守るウイルスチェック機能を搭載。またシステム管理者向けUSBメモリー設定管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager」(有償)で企業オリジナルのセキュリティー設定が可能。社内運用ルール(コンプライアンス)を適応できる社内標準指定品にオススメなUSBメモリーです。
>>RUF2-HSCUWシリーズ 製品詳細はこちら
>>RUF2-HSC-TVシリーズ 製品詳細はこちら

RUF2-HSCUWシリーズ

 
バッファローの提案するセキュリティーストレージソリューションを見る

サポート&サービスのご案内

サービス

事前調査・設置サービス

添付品の購入について

導入前の事前調査、評価機の貸出から、導入後の保守までメニューを用意しております。

ダウンロード

最新のドライバ、マニュアル、カタログ、製品写真がダウンロードいただけます。また、おすすめのソフトウェアをご紹介します。

対応情報

お使いのパソコンなどに対応する周辺機器をお調べいただけます。

サポートセンター

電話、Webにて、製品の分からないことやお困りの点についてお答えいたします。

おすすめ情報

一覧を見る