機器の故障などで大事なデータが消えないよう対策する

万が一のデータ消失を防止したいが・・・
バックアップ機能が充実したバッファローのNASで解決

データの自動バックアップに対応・復旧も迅速、レプリケーション機能

テラバイトクラスのデータ保護なら、2台の〈テラステーション〉にデータを保存する「レプリケーション機能」がおすすめです。「レプリケーション機能」なら、万が一、1台が故障しても、もう1台の〈テラステーション〉にLANケーブルをつなぎかえるだけで、信頼性が高く、可用性に優れたシステムを構築できます。

※レプリケーション可能な機器は導入される〈テラステーション〉の製品ページをご確認ください。

■通常(レプリケーション状態)

通常(レプリケーション状態)〈テラステーション〉の2つのLANポートのうち、1つはネットワークに、もう1つはバックアップの〈テラステーション〉に接続。 メインに書き込んだデータは、ファイル単位でバックアップに書き込まれます。

■メイン故障発生時

メイン故障発生バックアップ側の〈テラステーション〉のWeb設定画面を開いて設定変更し、メインとして使用できます。

■レプリケーション再構築

レプリケーション再構築修理した〈テラステーション〉は、バックアップとしてメインのLANポートにつなぎます。再度、レプリケーション設定を行うことで、メインとバックアップのデータの整合性をとり、レプリケーション状態になります。

■レプリケーション機能による予備機運用メリット

● 大容量NASのバックアップ問題を解消
● LANポート2ポートで、ネットワーク負荷をかけずにバックアップ
● バックアップ用予備機のフォルダを、最新状態に常時維持
● メイン機が利用できない状況でも、最小時間でサーバー復旧

■きめ細かな設定でニーズにあわせた様々なバックアップに対応

■バックアップ先
ネットワーク上の別の〈テラステーション〉、USB接続した外付けハードディスク
■バックアップ元のタスク設定(最大8個まで設定可能)
曜日・時間指定可能なスケジュール機能を使用して。定期的に自動バックアップがとれます。
■バックアップ先の隠し共有フォルダ設定
読み取り専用設定、パスワード設定が行えます。
バックアップ設定を変更することにより、ネットワーク上からバックアップ用の〈テラステーション〉を見えなくしたり、不意な上書き、書き換えによるデータ損失を防ぐことが出来ます。
■お知らせメールの送信機能
バックアップ終了時にメールで通知するため、離れた場所にいてもバックアップを確認できます。メンテナンスの手間が軽減できる便利な機能です。

故障時に予備ドライブが起動、ホットスペア機能

■即時にRAIDを再構成して自動復旧。ホットスペア機能搭載

ホットスペア機能を利用することで、RAIDを構成するディスクの1台が故障した場合、障害ディスクを論理的に切断、ホットスペアディスクを利用し自動でRAID再構成。障害で信頼性が失われる時間を最小化し、データを守ります。

ホットスペア動作イメージ

更なる安心運用。「ミラーリング&ホットスペア+内部バックアップ」でトリプルで安全対策

安心運用の例 大容量/低価格化により、必要十分な容量を確保しながら二重三重の安全対策が実現。
●RAID1(ミラーリング)で、ディスク障害発生でもデータアクセスが可能
●ホットスペア設定で、ディスク障害時には最小時間でRAIDが自動復旧
●タイマーバックアップ併用で、ミスによる誤消去・上書き消失からも保護

ホットスワップ・ポートトランキングで万が一の障害にも対応

■ディスク故障時に電源を落とさずディスク交換できるホットスワップへ対応 

ホットスワップの仕組み電源保護回路を搭載し、ハードディスク故障時に、電源を落とさず交換可能となりました。

■LANポート2ポート利用でリンク切断の冗長性を確保するポートトランキング対応

ポートトランキングの仕組み 2本のLANケーブルを使用して二重に通信経路を確保。LANポートを冗長化し、通信の信頼性を高められます。


 

クライアントパソコンを丸ごと高速にバックアップ

テラステーションを活用したバックアップクライアントパソコンの内容を丸ごとバックアップができる「SB-TI3」(別売)を使用すれば、パソコンの不調やトラブル時に正常時の状態のデータに 書き戻すことができます。

■SB-TI3 新機能

SB-TI3 ● バックアップ時のネットワーク帯域制限機能で速度低下を防止
● バックアップスケジュール機能で自動バックアップに対応
● バックアップオプションも豊富(空き容量変化時、指定時間経過時など)
>>SB-TI3 製品詳細はこちら

■データ転送速度が大幅向上

従来モデルと転送速度を比較ネットワーク設計を一新。データ転送速度を従来モデル(TS-HTGL/R5シリーズ)に比べ、約2倍に高速化しました。ギガビット時代の大容量データの転送に適しています。
 

<測定方法>
TS-X2.0TL/R5 、TS-H2.0TGL/R5(各製品ともRAID 5に設定)をパソコンとLAN接続し、ベンチマークソフト(CrystalMark2004 R3(Ver0.9.126.451))にてシーケンシャルリードを計測。(2009年04月07日当社調べ)
<測定環境>
PC:Dell Vostro200(OS:WindowsXP Professional SP2、CPU:Intel Core2Duo E6750(2.66GHz)、メモリー:3GB)

この製品で解決しました

大容量NAS 据置モデル
データ転送速度の向上やバックアップ機能の強化など、業務用データの大容量化に対応するRAID5・管理者機能搭載ネットワーク対応HDD(NAS)です。
大容量化ニーズにお応えするため、TS-XL/R5シリーズは高速CPUの搭載により従来製品(TS-HTGL/R5シリーズ)と比較して約2倍のデータ転送速度を実現。通常のファイル転送から、バックアップなど大容量のデータ転送まで高速転送により作業を効率化します。
>>TS-XL/R5シリーズ 製品詳細はこちら
>>TS7000/5000/3000シリーズはこちら

TS-XL/R5シリーズ

 

1U化に対応したラックマウント対応モデルもラインナップ

ラックマウント対応モデルは、TIA/EIA-310-D規格準拠の汎用19インチラックに搭載可能。関連機器やケーブル類を集約することで、 他機器との接続も容易になり集中管理が容易になり、機器本体の盗難防止にも役立ちます。基本機能はTS-XL/R5シリーズと全く同じです。

■従来製品のスペースで倍の2台設置可能な1Uサイズ

従来2Uサイズ製品との比較従来製品(2U型)のスペースで2台設置が可能な1U型のラックマウントフォームファクターを採用。

■スリムなボディーに便利を凝縮

1Uサイズに便利機能を搭載 ●運用状態がわかる状態表示LCD
エラー時にはメッセージの表示と共に、アラームと赤色のバックライトで注意を促します。
●識別ボタン&識別LED
背面と正面にある識別ボタンを押すと、両面のLEDが点灯します。ラックに複数台機器を設置している場合のメンテナンス時に便利。
●大風量/高信頼ファン
背面の両端にラックマウント時にも効果を発揮する冷却ファンを2基搭載。効率的な放熱で安定動作を実現し、高い信頼性を確保し ています。

この製品で解決しました

大容量NAS ラックマウント対応モデル
19インチラックの1Uサイズ・ラックマウントに対応し、データ転送速度の向上やバックアップ機能の強化など、業務用データの高速化に対応するRAID5・管理者機能搭載ネットワーク対応HDD(NAS)です。
高速化ニーズにお応えするため、TS-RXL/R5シリーズは高速CPUの搭載により従来製品(TS-RHTGL/R5シリーズ)と比較して約2倍のデータ転送速度を実現。通常のファイル転送から、バックアップなど大容量のデータ転送まで高速転送により作業を効率化します。
>>TS-RXL/R5シリーズ 製品詳細はこちら
>>TS5400Rシリーズ 製品詳細はこちら
>>TS3400Rシリーズ 製品詳細はこちら

TS-RXL/R5シリーズ
 

 
バッファローの提案するネットワークストレージソリューションを見る

サポート&サービスのご案内

サービス

事前調査・設置サービス

添付品の購入について

導入前の事前調査、評価機の貸出から、導入後の保守までメニューを用意しております。

ダウンロード

最新のドライバ、マニュアル、カタログ、製品写真がダウンロードいただけます。また、おすすめのソフトウェアをご紹介します。

対応情報

お使いのパソコンなどに対応する周辺機器をお調べいただけます。

サポートセンター

電話、Webにて、製品の分からないことやお困りの点についてお答えいたします。

おすすめ情報

一覧を見る