HOME > 法人のお客様向け総合情報サイト > 新テラステーションWSSは高機能・高速性能に進化

Windows Storage Server2012搭載NAS TeraStation WSS

新テラステーションWSSは高機能・高速性能に進化

Windows環境との高い親和性とユーザー管理機能。新設計ハードウェアで、ワンランク上の高速性と高信頼性を実現。

 

メリット1 手軽に導入できるファイルサーバー/データストレージ専用Windowsサーバー

テラステーションWSSは、Windows Server OSから用途に限定して機能を絞り込まれたOS「Windows Storage Server 2012」を搭載。Windows環境の「ファイルサーバー/データストレージ」を低コストで手軽に導入できます。

比較ポイント テラステーションWSS テラステーション
OS Windows Storage Server Linux
Active Directory対応 対応(制限なし) 対応(ユーザー/グループ数制限あり)
ウイルス対策 市販のウイルス対策ソフト
インストールにて対応可能
Windows Storage Server対応ソフトウェアのみ
下記のいずれかにより対応
・ウイルスチェック搭載モデルの購入
・専用オプション「OP-TSVCシリーズ」のインストール(対応モデルのみ)
バックアップ DFSレプリケーション
レプリケーション※、※2
スケジュールバックアップ※2
テラステーションまとめてバックアップ※2
ほか、市販ソフトウェアインストール可能
Windows Storage Server対応ソフトウェアのみ
レプリケーション
スケジュールバックアップ
テラステーションまとめてバックアップ
ソフトウェアインストール
Windows Storage Server対応ソフトウェアのみ
×
コスト※1

※1: デスクトップ 4ドライブタイプのテラステーションWSSおよびテラステーション(Linuxモデル)の価格(2013年6月時点)を比較。
   WS5400D0804 ¥198,000(税抜)、TS5400D0804 ¥185,000(税抜)
※2:ファームウェアバージョンアップにて後日対応予定。

ページの先頭へ

メリット2 こんな課題にも、テラステーションWSS

業務運用中のWindows サーバーの残り容量がひっ迫してきた。

サーバーへの増設にテラステーションWSSをiSCSIでWindowsサーバーのローカルディスクとして接続。LAN接続で設置の自由度も高く、高速。増設用の他、バックアップとして使用する場合もおすすめ。

Windows環境のファイルサーバーとバックアップを低コストで導入したい。

バックアップにテラステーションWSS2台をファイルサーバーとバックアップとして構成。高価なWindowsサーバーの用意がなくても、低コストでファイルサーバー環境を構築可能。必要に応じ、バックアップソフトも選べる。

最大24TB。大容量をお手軽に

6ドライブモデルのWS5600Dシリーズなら、最大24TBまでのラインナップ。機能を絞ったWindows Storage Serverだから、一般的なWindowsサーバー機器よりも低コストで導入できます。

ファイルのウイルスチェックも

ウイルスチェック機能が社内で必須とされている場合も、テラステーションWSSなら対応ソフトウェアをインストールするだけで環境を導入できます。

別途ソフトウェアの購入・インストールが必要です。

ページの先頭へ

メリット3 今が導入のとき。Windows Storage Server 2012

大容量データ処理、BCP/DR対策が求められる時代にフィット。iSCSI標準対応や各種データ共有/保護機能が進化

近年要求されるビジネスの現場に合ったストレージ環境が、Windows Storage Server 2012なら今すぐ導入できます。
Windows Storage Server 2012は、Windows Storage Server 2003 R2(テラステーションWS初代モデルに搭載)と比較して、スピードや様々な用途に対応するストレージ機能において大幅な進化を実現。iSCSIインターフェースの搭載、遠隔バックアップも実現できるDFSレプリケーション対応、ファイル共有プロトコル(SMB)のバージョンアップによる高速化など、各種新機能の搭載/既存機能の向上が進んでいます。

機能 Windows Storage Server
2003 R2
Windows Storage Server
2008 R2
Windows Storage Server
2012
iSCSIターゲット 非対応 3.3 3.3
DFSレプリケーション 非対応 対応 対応
SMB 1.0 2.1 3.0
ファイルシステム NTFS NTFS ReFS(NTFS互換)
重複排除機能 非対応 対応(SIS機能)※1 対応(ファイルシステム標準)※1

※1 スタンダードエディションのみ対応

ハードウェアも劇的に進化。大容量データもスピーディーにシェア

データ転送速度の比較

CPUにIntel Atomデュアルコアプロセッサー、DDR3メモリー、USB3.0を採用し、さらなる高速化を実現。オフィスの情報共有スピードを引き上げます。

最新CPUを採用

デュアルコア・4スレッドで高速動作する最新CPU、Intel Atomを採用。

高速性を実現するハードウェア

最新CPUに加えDDR3メモリー 4GB搭載。さらにUSB3.0端子を搭載し、ネットワーク間のデータ転送や外付けHDDへのバックアップも高速に処理できます。

※【測定環境】(2012年12月 当社調べ)
<測定機器>[PC] MotherBoard:Intel DH77KC (PU-0015)、Chipset:Intel H77、BIOS:KCH7710H.86A.0095.2012.0608.1754、CPU:Intel Core i3 2100、Memory:DDR3-1600 2GB、System:64bit OS、Gigabit Ether:Intel 82579V Gigabit Network Connection、HDD:Seagate ST31000DM003 x2 RAID、OS:Windows7 x86 Professional SP1 [NAS]WS5600D、WS-6VL/R5
<測定方法>WS5600D、WS-6VL/R5をパソコンとLAN接続し、ネットワークドライブとして設定後、NASPT Ver.1.71にて5回測定し、最高値と最低値を除く3回の平均値を値とする。
※測定値はあくまで特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。

外付けHDDバックアップも高速のUSB3.0

USB2.0の約10倍高速(規格値)であるUSB3.0搭載により、USB2.0対応の従来製品に比べ外付けHDDへのバックアップ時間を大幅に短縮できます。

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012に最適

本製品は最新のファイル共有プロトコルであるSMB3.0に対応しています。SMB3.0はWindows 8やWindows 7、Windows Server 2012とのアクセス時に高速転送を実現できるように最適化されており、大容量データを取り扱うのに最適なスペックを備えています。

ページの先頭へ

おすすめ情報

一覧を見る