サイト内検索&Quick!ナンバー

企業情報 ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > ストレージデバイス > 増設インターフェース > IFC-CB2ES
 
増設インターフェース

eSATAインターフェースカード

IFC-CB2ES
製品写真
 

ノートパソコンに高速な「eSATA」接続機器を増設できる! eSATA外付HDDからの起動も可能

CardBus対応 eSATAインターフェースカード

IFC-CB2ES

型番 価格 JANコード 備考
IFC-CB2ES
-
4981254535196 販売終了

高速接続規格「eSATA」をノートパソコンでも使えるインターフェースカード。添付のブートマネージャーによりeSATA外付HDDからOSを起動できます。

ノートパソコンでもeSATA外付HDDからOSを起動可能!

eSATA コネクタ 2ポート搭載

eSATA コネクタ 2ポート搭載ノートパソコンに高速インターフェース「eSATA」を増設して使用できるCardBus対応インターフェースボード。eSATA外付HDDからOSを起動させることができる「ブートマネージャ」を添付しています。


eSATA外付HDDからの起動を活用!

OSの使い分けができる

・外付HDDからOS起動可能
eSATA接続の外付HDDからOSを起動することができます。1台のノートパソコンで内蔵HDDとeSATA外付HDDで、OSを使い分けることも可能です。

また、起動ドライブを大容量化・高速化も可能になります。


・外付HDDにバックアップしていたデータで、ノートPCを復旧
ノートパソコンの内蔵HDDが壊れた際にはeSATA外付HDDからOSを起動。万が一の時の復旧作業に便利です。

ノートPCの復旧作業に便利

・eSATA外付HDDにOSがインストールできる
内蔵HDD故障後でも、CD-ROMからeSATA接続の外付HDへOSのインストールが可能。

eSATA接続の外付HDDからOSを起動してパソコンがすぐに使用できます。

※パソコンに付属しているリカバリCDのインストールはできません。

※外付のCD-ROMドライブは利用できない場合があります。

※Windows 2000 SP4以降/Windows XPのインストールCDのみ対応。


内蔵HDDより高速なeSATA外付HDDの使用で起動時間を短縮

実測テストで約13%起動時間が短縮、高速化実現(従来52.4秒 ⇒ eSATA外付HDD45.4秒)。

※測定環境:PC:SOTEC WE3100xp、CPU:モバイル Pentium III 1GHz、メモリ:256MB、使用eSATA HDD:HD-HB160SU2、測定方法:WindowsXPの起動時間をストップウォッチで測定

高速な外付けハードディスクを接続できる「eSATA」

転送速度比較(理論値)

eSATA(外付け用コネクタのSerial ATA)は、従来外付け用ポートとして利用されていたUSB2.0やIEEE1394に比べ、データ転送速度が高速。映像データのような大容量データの扱いにも最適な新しい接続規格です。

eSATA接続用外付けハードディスクの取り付けにお使いいただけます。 


パソコン動作中のつなぎ換えが可能な「ホットプラグ」対応

SATAアンプラグユーティリティホットプラグ対応のアンプラグユーティリティを添付。eSATA接続において、パソコン起動中に接続機器を停止して、取り外しを安全に行え、OS標準のアンプラグアイコンで利用(HotPlug)が可能です。Plug&Play対応による、eSATA接続機器の自動認識とともに、利便性も優れています。

※システムディスクとして起動している機器は取り外しはできません。


内蔵ハードディスク同士での引越しもラクラク!「Acronis MigrateEasy」(Windows用)

MigrateEasy

ノートパソコンの内蔵HDD全体の情報を自動的にまるごとコピーできます。また、バックアップソフトとしても使用できます。


関連情報

Serial ATAを詳しく解説!「Serial ATA」のここがポイント!
インターフェースボードって何?そんな疑問にバッフィーがお答えします! おしえて!周辺機器
※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせプライバシーポリシー copyright
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー