サイト内検索&Quick!ナンバー

企業情報 ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > ネットワーク > 無線LAN > アクセスポイント(法人向け) > WAPS-HP-AM54G54
 
無線LAN

無線LAN AirStation

WAPS-HP-AM54G54
製品写真
 

中規模オフィスや公共施設の設置に最適なHighPower無線LANアクセスポイント

IEEE802.11a/g/b 同時使用対応 無線LANアクセスポイント ビジネス向けHighPowerスマートモデル(ブリッジタイプ)

WAPS-HP-AM54G54

型番 価格 JANコード 備考
WAPS-HP-AM54G54
-
4981254667125 販売終了

世界標準11a&11g/11bの3規格同時接続に対応。無線通信の強化により従来の法人向けアクセスポイントに比べ安定した通信環境を実現。オフィスでの利用のために認証によるセキュリティや有線・無線VLAN、PoE、QoSなどの機能を満載したスマートモデル。

※表記の数値「54Mbps」「11Mbps」は、無線LAN規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
※Windows 8対応には、設定方法/制限事項を含む場合があります。詳しくは、対応情報をご覧下さい。

無線規格
世界標準11a11g11b
無線セキュリティ
8021X/EAPWPA2AESTKIPWEP
無線強化
HIGHPOWER水平面無指向性アンテナ
FMC
NTTDocomo FMC対応
無線強化
WDS
機能特徴
WLE-ADT対応電波混雑防止機能MultiSSID有線タグVLANQoSPoE受電AUTO-MDIX3年間保証
有線ポート
有線4ポート


主な機能
HighPower無線LANで、通信の死角を解決

無線IP電話使用に必要な機能を搭載
 
高度な管理機能により大規模ネットワ−クでの使用に対応

様々なシーンでの使用を考慮した設置性

管理ツールを一つにまとめて管理者の手間を軽減

ネットワーク集中管理・設定ソフトウェア試用配布中

>>詳しくはこちら

「ハイブリッド校内LANのススメ」特集公開中

ハイブリッド校内LANのススメ

>>詳しくはこちら

HighPower無線LANで、通信の死角を解決

無線LAN3規格に対応、11aと11g/11bが同時に使える

11a11g11b

高速で電波干渉の少ない”11a”、高速で障害物にも強い“11g”、広く普及している“11b”の3つの無線規格の全てに対応。規格の違う無線LAN製品を両方持っていても、同時に通信ができて便利です。

※無線LANは、無線と有線による接続で複数台のパソコンをネットワークにつなぐ中継機器です。

ハイパワー設計で無線LANの通信安定性が向上

HIGHPOWER

無線通信の強化により、従来法人向けアクセスポイントに比べ接続安定性を向上。アクセスポイントの近くではより高速に、離れた場所からの通信も途切れにくく快適な通信環境とすることが可能です。


電波干渉を防止、水平面無指向性アンテナ

水平面無指向性アンテナ

従来はアンテナを中心に球状に電波を発信していたため上下方向に電波が漏れ、上下のフロアでの無線LANの電波干渉要因となっていました。WAPS-HP-AM54G54で採用されているアンテナは、水平方向にのみ同心円状の電波発信を行うため、他フロアへの漏出が抑えられます。

結果として、上下フロアの電波干渉が軽減され効率的な無線LAN運用が可能となります。


無線LANチャンネルの重複による電波干渉を防ぐ、電波混雑防止機能

電波混雑防止機能

無線LANの速度に影響を与える“電波干渉”。他所の無線LANと干渉しては、満足な性能が引き出せません。

電波混雑防止機能(AutoChannel)があれば、AOSS™設定時または電源ON時に自動で全チャンネルをスキャンし、空いているチャンネルに自動で設定しますので、手間をかけずに快適にお使いいただけます。


電波干渉問題を解消「電波出力制限機能」

電波送信出力を制限することにより、各アクセスポイントの電波到達エリアを小さくし、電波干渉を解消します。

※100%(出荷時)から25%まで、5%ごとの設定が可能です。(FW Ver2.11以降対応)
※最小値(25%)にした場合は、通信距離が約1/4になります。


通信安定性を高めるダイバシティアンテナを搭載

2本の搭載アンテナのうち通信がより安定している側へ使用アンテナを逐次切替える「ダイバシティ方式」を採用。


リピータ機能をサポート

WDS

アクセスポイント間の無線通信(WDS)機能をサポー ト。最大6台までの通信が可能です。中継(リピータ)機能で、通信距離の延長や、電波の届かない死角エリアへの中継を可能にします。

※アクセスポイント間通信(WDS)は、2.4GHzおよび5.2GHz(W52)のみ対応です。


より効率的なデータ転送技術フレームバースト

フレームバースト

高速化技術「フレームバースト」は、データ(パケット)をある程度まとめた上で一度に転送する技術です。そのため、通信内容(ファイルの種類)による影響を受けずに通常よりも高速にデータを送受信することができます。映像・画像・音声などの圧縮率の高いファイルも高速転送が行えます。

ワンタッチ設定の「AOSS™」対応で 無線LAN設定作業を効率化

AOSS

ボタンを押すだけで最適な無線LAN環境を自動設定するAOSS™機能に対応。アクセスポイントの設定作業を大幅に効率化し、簡単にビジネスでのセキュアな無線LAN環境構築が行えます。

※5台以上接続の 場合は通常手順を推奨。

無線IP電話使用に必要な機能を搭載

通話品質を向上させるQoS(Quality of Service)機能に対応

QoS

帯域を予約しておくことで、特定の通信のためのパケットを優先的に通して一定の速度を確保する「QoS(802.11e/EDCA)」に対応。パケットの伝達に遅延が起こると通話に支障が出るIP電話を使用する際、QoSにより通話品質を向上させることができます。


無線IP電話の使用に対応した各種パラメータ設定

無線IP電話との通信の際、不要なパケットの送受信による携帯端末への負荷を軽減するための各種パラメータ設定に対応しています。

※設定可能なパラメータ:DTIM、802.11再送回数、BeaconPeriod


無線LAN上でVoIP通信を行うVoWLAN(Voice over Wireles LAN)に対応

NTTドコモのビジネスmoperaIPセントレックス指定認定

NTTDocomo FMC対応

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ様が提供する携帯電話FOMA+無線LAN+IP電話で実現するIPテレフォニーソリューション「ビジネスmoperaIPセントレックス」の指定無線LANアクセスポイントとして認定。
「ビジネスmoperaIPセントレックス」とは
企業側にIP-PBX等の設備を必要とせず、ドコモ網内のIPセントレックス装置を介して外線・内線通話・PBX系付加機能を提供する法人向けIP電話サービスです。

IPセントレックスイメージ
ポイント
外線通話(IP電話)機能 IP電話なので、安価な通話料で外線通話が可能。ドコモ携帯への通話料もお得。
内線通話・PBX系付加機能 企業へIP-PBXを設置することなく、内線通話・PBX系付加機能(ピックアップ等)が利用可能。
様々なオプションサービス プレゼンス/IM、留守番電話、電話会議サービスなど、お客様のニーズに合わせて各種付加サービスが利用可能。
機器構成

サービスに関するお問い合わせは http://www.docomo.biz/b-mopera/intro/ip/



VoWLAN(無線VoIP)機能対応表

VoWLAN時に便利な機能 WAPM-HP-AM54G54 WAPS-HP-AM54G54
音質 WMM-EDCA
WMM Admission
Control(TSPEC)
省電力 WMM PowerSave
(U-APSD)
高速H/O PMK Cache
WPA2-EAP(IEEE802.11i)
WPA-EAP(※1)
-
柔軟性 送信出力 16段階 16段階
Rate Set 1〜54Mbpsにて任意選択可能 1〜54Mbpsにて任意選択可能
Beacon/DTIM間隔
認定・採用 ビジネスmoperaIPセントレックスmoperaIPセントレックス ビジネスmoperaIPセントレックスmoperaIPセントレックス

※1対応機種限定

「FOMA」「mova」「ビジネスmopera」「ビジネスmoperaIPセントレックス」は NTTドコモの登録商標です。

大規模ネットワ−クにも対応する高機能

無線LANネットワークでも管理が行える無線VLAN「MultiSSID」に対応

MultiSSID 有線タグVLAN

一台のアクセスポイントが複数のSSIDを持つことで、接続するクライアントPCをグループごとにネットワークを分離できる無線VLAN「MultiSSID」に対応。WAPS-HP-AM54G54では最大10個のSSIDを設定可能です。

タグVLANで分離されている有線ネットワークと、MultiSSIDによってグループ分けされている無線ネットワークを併用することで有線と無線の混在利用が可能です。

※以下のクライアント(子機)ではMultiSSIDに接続することはできません。
WLI-CB-G54L、WLI2-CB-B11、WLI2-USB2-G54、WLI-CB-G108

その他のクライアント(子機)において、条件によってMultiSSIDに接続できない場合があります。詳細は、ファームウェアダウンロードにあるReleaseNoteをご覧ください。

簡単にセキュアな無線LAN環境を構築

IEEE802.1X / EAP対応で、認証システムの構築が可能

8021X/EAP

ネットワークの不正利用を防ぐユーザ認証IEEE802.1X/EAPに対応。
Radius(認証)サーバとの組み合わせで、アクセスを許可されたユーザだけをネットワークに接続可能にし、セキュアなネットワークを構築できます。

認証システムの構築イメージ

※上記の構成はあくまでイメージです。


■AirStation Proシリーズ「ユーザー認証(802.1X/EAP)機能」比較

  WAPM-HP-AM54G54
WAPS-HP-AM54G54
WAPS-HP-G54
SessionTimeOut(※1)
登録可能Radius(認証)サーバー数 2台(プライマリ/セカンダリ)※2
対応EAP TLS
MS-PEAP
802.1X/EAP時の
選択可能無線暗号方式
WEP
TKIP
AES
対応Radius(認証)サーバー Windows Server 2008 R2 Windows Server 2003 IAS
対応サプリカント 【バッファロー】
クライアントマネージャー3
クライアントマネージャーV

【マイクロソフト】
Windows 7/Vista SP2/XP SP3以降
OS標準サプリカント
【バッファロー】
クライアントマネージャー3

【マイクロソフト】
Windows XP SP1 / 2000 SP4以降
OS標準サプリカント

※1.SessionTimeOut・・・無線クライアントパソコンに再認証を求める機能。SessionTimeOutに対応していない場合は、一度認証されると、無線接続が切断(終了) されるまで、そのまま認証された状態が継続されます。なお、SessionTimeOutの再認証時間は、Radius(認証)サーバもしくはアクセスポイントにて設定し、両方にて設定されている場合はRadiusサーバ側の設定が優先されます。
※2.ファームウェアVer.2.52以降ではRadiusサーバーは16台まで登録可能となり、そのうちの2台をSSIDごとにプライマリー及びセカンダリーサーバーとして指定可能です。


■動作評価済Radius(認証)サーバー&サプリカント

  WAPM-HP-AM54G54
WAPS-HP-AM54G54
WAPS-HP-G54
Radius(認証)サーバー センチュリーシステムズ
RA-730 Ver.1.8.2
センチュリーシステムズ
RA-630 Ver.1.6
ソリトンシステムズ
Net'Attest EPS EPS-SX03 Ver.4.00.00
ステラクラフト
Stellar Craft Enterpas Std 2.1
認証方式 EAP-TLS
EAP-MS-PEAP
EAP-TLS
EAP-MS-PEAP
EAP-TLS
EAP-MS-PEAP
EAP-TTLS

EAP-TLS
EAP-MS-PEAP
EAP-TTLS(※3)

サプリカント 【マイクロソフト】
Windows XP SP2
OS標準サプリカント
Windows 7 Professional
OS標準サプリカント
【バッファロー】
クライアントマネージャー3

【マイクロソフト】
Windows XP SP2
OS標準サプリカント
【ソリトンシステムズ】
Soliton 1XGate
【バッファロー】
クライアントマネージャー3

【マイクロソフト】
Windows XP SP2
OS標準サプリカント

【Funk Software】
Odyssey Client Manager 4.32(※4)

※3.Windows XP SP2 OS標準サプリカントはEAP-TTLSに未対応です。
※4.EAP-TTLSのみ動作確認。
注)上記の動作評価情報はあくまで参考情報であり、動作を保証するものではありません。
Radius(認証)サーバに関するご質問は、各メーカにお問合せください。

 

【WPA2(802.11i)】

WPA2

強力な無線LAN通信の暗号化規格「WPA2対応」 。AES方式の暗号化を規格に取り込み、従来のWPAよりもさらに強力になりました。


【AES】

AES

アメリカ政府が採用した強固な暗号化方式。
従来のWEP脆弱性の原因のひとつとされる暗号化方式(RC4)を抜本的に見直したさらに高度な暗号化方式。現時点での解読手法は存在していません。


【TKIP】

TKIP

解読の難易度を大幅に向上
暗号化キーを生成する乱数列(IV)を24bitから48bitに強化。これによって数週間から数ヶ月に及ぶパケット収集でも、解読が困難なレベルになりました。


<暗号キーの交換を実現
WEPでは暗号キーの交換ができませんでしたが、TKIPとAESではアクセスポイントとクライアント間で暗号キーの交換が可能に。

【高い互換性の従来暗号化方式「WEP」】

WEP

従来の無線LAN機器で使用されている一般的な暗号化方式。暗号キーに64bit/128bit長のデータを使用しセキュリティを実現します。
最近WEPで暗号化したデータの脆弱性も指摘されていますが、暗号の解読には設備と専門知識が必要となるため一般的な使用の範囲では充分活用いただけます。
業務用途やより強力な暗号化を求める用途ではTKIPやAESといった方式がおすすめです。

第三者から存在を隠蔽する「Any接続拒否」機能

対策されていない無線LANアクセスポイントを使用している環境で、クライアント側の[SSID]を[Any]にセットすると、あらゆる[SSID]を持つ無線LANに接続できてしまうため、これを拒否します。
他者から接続できなくすることで、情報漏えいを防止するセキュリティ機能です。

MACアドレスフィルタリング機能

MACアドレスフィルタリング機能搭載(MACアドレス登録最大256)。

ネットワークの負荷を分散する、ロードバランス機能<接続台数制限機能>

ロードバランス機能 (Load Balance)により、1台のアクセスポイントへの接続台数制限が設定可能です。複数のアクセスポイント活用において、接続台数の偏りをなくします。

ネットワークにかかる負荷をコントロールすることにより、より安定したスムーズなネットワーク活用を実現します。


3年間保証を実現

3年間保証

高耐久性・高信頼性を追及し、3年間保証を実現。


設置の自由度を広げるさまざまな機能

壁掛け設置可能

壁掛け用金具を標準添付。

WAPM/WAPSシリーズ専用 オプション製品

設置する環境に合わせて利用できる、便利なオプション製品もご用意しています。

天井取付金具 縦置スタンド ショートアンテナ
天井取付金具
WLE-OP-CK
縦置スタンド
WLE-OP-STN
ショートアンテナ
WLE-OP-SHA

APを天井に設置することで、電波の死角を減少。

壁掛けができないオフィスで縦置きが可能に。

電波到達範囲を制限し、予想外のAPへの接続を防止

 

LANケーブルで電源供給、PoE受電機能(標準規格「IEEE802.3af」準拠)

POE受電

電源をLANケーブルから供給可能にするPoEの標準規格「IEEE802.3af」に準拠。PoE対応のスイッチやPoE給電アダプタやPoEインジェクタ(別売) と接続することによって、LANケーブルを通しての給電が可能になります。

PoEを利用することで、電源のある場所にとらわれない自由な設置が実現。電源を引き回すための工事も不要になり、設置費用も削減できます。また、高い位置への設置が求められるアクセスポイントは、美観的にも違いが出ます。


対応PoE給電装置(別売)

▼PoE動作確認済機器例
BS-POE-2024GMR BIJ-POE-1PR

対応詳細はPoE動作確認済機器一覧をご覧ください。


管理ツール「Admin Tools」対応で管理・運用の負担を大幅に軽減

WLE-ADT対応

アクセスポイント管理ツールである「Admin Tools」(WL-ADT・別売)の活用で、遠隔操作での集中管理や一括設定・変更が可能に。専任のシステム管理者を設置しにくい中小規模オフィスでの管理・運用の手間を大幅に削減します。

Admin ToolsのAOSS™機能対応により、壁掛け状態でも遠隔からAOSS™の設定が簡単に行えるようになります。

※WAPS-HP-AM54G54のファームウェアVer2.01以降、AdminTools(WL-ADT)は Ver1.41以降で対応。

ビル間通信のための屋外アンテナ(オプション)に対応

敷地内に複数の隣接した建物が隣接していたり、1km程度の距離で拠点が点在しているような場合には、ビル間のLANを無線LANで接続するのが便利です。

WAPS-AM54G54はオプションの屋外通信用アンテナに対応し、拠点間ネットワーク敷設コストの削減に効果を発揮します。オプションアンテナの対応状況については「無線LAN対応オプション表」をご覧下さい。

※屋外での無線LAN通信は11gモードでのみご利用いただけます。

ビル間無線をセキュアに構築、アクセスポイント間通信(WDSモード)を強力に暗号化

ビル間無線イメージ

アクセスポイント間通信(WDS)時に高度な暗号化「AES」が利用可能。

従来、WEPだったセキュリティ機能が強化されたことで、ビル間などの屋外無線LAN環境もよりセキュアに構築できます。


10M/100MスイッチングHub(4ポート)搭載

AUTO-MDIX4ポート

VLAN(802.1q)・QoS対応の有線ポートを4ポート装備。

無線のMultiSSIDとタグVLAN併用すれば、大規模ネットワークにも対応した柔軟なネットワーク構成もを行うこともできます。

また、全ポートがクロス/ストレートケーブルの各ケーブルを自動認識するAUTO-MDIXに対応。
ケーブル種別による結線ミスを未然に防ぐため、安心して接続できます。

関連情報

【比較表】管理者機能搭載アクセスポイント製品比較表
【対応表】無線LANオプション対応表
【関連製品】法人無線/有線製品向け保守サービス「保守パック」 対象製品 保守パック
【特集】無線セキュリティー概要解説

※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせプライバシーポリシー copyright
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー