よくわかるダビング10

地デジ番組のダビングディスク作成可能回数が、1回から10回に拡大してますます便利に。

ダビング10について

これを揃えれば地デジもダビングOK

地デジをダビングするために必要なもの


ダビング10とは

2008年7月4日から、地上デジタル放送のダビング規制を緩和するための新しい制御方式「ダビング10」が導入されました。今までは1回のダビング(しかも1回のダビングで元データは消滅)しかできませんでしたが、ダビング10によって、パソコンのHDDに録画した番組をDVDやブルーレイに9回のダビング+1回のデータ移動(移動時にHDDから録画データは消滅)の合計10回のダビングができるようになりました。これで地上デジタル放送の楽しみ方がますます広がります。


便利で安心ダビング10

「便利」家族みんなが同じ番組を、家中のプレーヤーで楽しめる

地上デジタル放送の番組をDVDやブルーレイディスクに10回もディスク作成できるので、番組をリビングの大型テレビで家族みんなで楽しんだり、別の部屋でひとりで楽しんだりと、地上デジタル放送の楽しみ方がますます広がりました。

しかも、10回目のディスク作成を行って録画データが消えるまでは、パソコンで録画番組をHDD上でも再生できるので、とっても便利です。


「安心」ダビング後も録画データが残るから、まさかの“データ消滅”が防げます

従来のコピーワンス方式は1回きりのダビングに失敗すると、録画データはDVD等のディスクに書き込まれないだけでなく、HDD上からも同時に消去され、“消滅”してしまいましたが、ダビング10ならダビング回数が1回減るだけで、元データはパソコンのHDDに残ったまま。ディスクの書き込みに失敗しても、録画データがいきなり消滅することがないので安心です。また、ダビングしても9回まではパソコンのHDDに録画データが残るので、ダビング後もパソコンで録画番組を楽しむことができます。


お気に入りの番組は、ダビングして残せばもっと安心

録画するHDDの容量が足りなくなって消去したり、うっかり削除してしまったり、パソコンの故障などのトラブルで、HDD上の録画番組がいつ見れなくなるとも限りません。そこで、お気に入りの番組は録画後すぐにDVDやブルーレイにダビングしておけば、ディスクで手元に残るのでもっと安心。

ダビング10 Q&A

Q.ダビング10対応の確認方法は?


地デジチューナー:バッファローの地デジチューナー機器はDT-F100/U2およびDT-H10シリーズを除く全ての機器が対応しています。対応機器にてダビング10に対応していない古いバージョン(Ver1.0)の視聴・録画ソフトをお使いの場合は、最新の視聴・録画ソフトをお使いいただくと対応可能となります。
ダウンロードはこちら

ブルーレイドライブ:バッファローのブルーレイドライブは全機種ダビング10に対応しています。

DVDドライブ:ドライブが著作権保護技術「CPRM」に対応している必要があります。DVDドライブメニューページでご確認いただけます。
>外付けDVDドライブ: http://buffalo.jp/products/catalog/storage/dvd.html
>ポータブルDVDドライブ: http://buffalo.jp/products/catalog/storage/dvd_portable.html
>内蔵DVDドライブ http://buffalo.jp/products/catalog/storage/dvd_in.html

ブルーレイ、DVDメディア
地デジ視聴・録画ソフトで指定のコピー・ムーブが可能なメディアならダビング10に対応しています。
従来ムーブに使えていたメディアもお使いいただけます。


Q.ダビング10でできないことは?


ダビング10対応機器でも、下記の使用制限があります。

  1. ダビング10非対応番組の録画データは、ダビングができない、または1回に制限されている場合があります。
    ダビング10対応以前に録画した番組などが該当します。
  2. 作成したDVDやブルーレイのディスクの複製は行えません。必ずパソコンのHDD内に録画した元データからしかダビングは行えません。
  3. 録画した番組(元データ)を削除した場合、ダビングの残り回数に関わらずダビングはできなくなります。
  4. 作成したディスクから、パソコンのHDDへの番組データの書き戻しは行えません。消費したダビング回数を復活させることはできません。


その他ダビング10についての質問はQ&A掲示板へ


※私的目的で録画したものでも、著作権者等に無断で、販売したりインターネットで公衆に送信すると著作権侵害になります。

おすすめ情報

一覧を見る