PCast TV for 地デジ

パソコンをあなただけのテレビ+HDDレコーダーに進化させる。あなたを裏切らない地デジ環境を。リビングでしか楽しめなかった視聴スタイルをあなたのパソコンに提供する、充実機能の専用視聴ソフト。

見る

パソコンで簡単・快適地デジ

ハイビジョン(1080i)高画質の地上デジタル放送が、そのまま高精細にパソコンで楽しめます。チャンネル切り換えやボリューム調整、そして録画スタートまで、すぐに使いたいボタンは全てマウスのワンクリックで行える洗練された画面レイアウトで、操作も快適。パソコンで地デジを楽しむために最適化された視聴環境を提供します。

番組表やデータ放送、地デジならではのサービスを利用できる

地デジ放送の特徴である、番組表(EPG)やデータ放送、字幕放送などにも対応。
番組表 1.いつでも見たい番組を探せる番組表(EPG)

地デジの放送予定が一覧できる番組表(EPG)が表示可能。視聴する番組をマウスクリックで簡単に選べます。スポーツ番組の延長などによる放送予定の変更も自動で反映されるため、いつでも最新の番組情報から番組が選択できます。 番組表は一週間先までチェック可能。もちろん録画予約も、番組表から選ぶだけの簡単操作で行えます。
*放送波から取得しますので1週間分の取得に多少の時間がかかります。 詳しくは「録る」へ

データ放送 2.番組情報や役立つ生活情報をキャッチできるデータ放送

各テレビ局配信のデータ放送視聴に対応。テレビを見ながら、その番組に連動したより詳しい説明や、ニュース、天気予報など様々な情報収集に活用できます。 さらに、パソコンをインターネットに接続していれば、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる双方向通信サービスもご利用いただけます。

字幕放送 3.音量を落としても番組が楽しめる字幕放送

字幕放送に対応した番組の、番組内のセリフやナレーションが字幕表示で楽しめます。深夜放送など、音量を絞って楽しみたいときも、放送内容を欠かさず楽しめます。
*字幕放送に対応した番組に限ります。
*字幕放送の録画には未対応です。

パソコンの性能に合わせて視聴モードを自動選択

視覚モードを自動選択

5〜6年前のXPパソコンや、EeePCなどの最新のUMPCで地デジが楽しめるようになる、視聴モードの選択が可能です。通常、地デジ放送そのままのハイビジョンを視聴するには高性能のパソコンが必要でした。PCastTV for地デジなら、そのままでは視聴困難なパソコン向けにも圧縮技術によって解像度・ビットレートを調整して地デジ視聴を可能にする、負荷軽減されたモードで楽しめます。
詳しくは「トランスコード」へ

あなたの視聴スタイルをサポートする3つの機能

  • (1)タイムシフト もう一度みたいシーンにさかのぼる
  • (2)スキップ 不要なシーンやCMを簡単スキップ
  • (3)早見再生 短い時間でも早見再生ですばやく情報入手
  1. 重大なシーンは見逃さない「タイムシフト」

    突然かかってきた電話などがあっても安心。もう一度見たいシーンに振り返ることができるタイムシフト機能を搭載。放送中の番組を視聴開始すると、番組の蓄積が自動的にスタートされ、蓄積された範囲内でいつでも内容をさかのぼって楽しめます。番組の蓄積は最大90分まで可能です。

  2. 不要なシーンはワンクリックでかんたん「スキップ」 *録画番組のみ

    録画番組中の不要なシーンをかんたんに飛ばせるスキップ機能を搭載。見たいシーンの続きをすぐ楽しめます。スキップする時間の幅が、CMなどをちょうど良く飛ばせる「30秒」となっているのがポイント。設定変更により、15秒や60秒など、スキップ幅の調整も可能です。

  3. 録画した番組を高速チェック「早見再生」

    録画番組を、音声の音程そのままで違和感なく早送り再生できます。 楽しみな番組はじっくり鑑賞、情報入手が目的の番組は早見再生で素早く把握するなど、あなたの目的に合わせた楽しみ方が可能になります。

AMDチップセット搭載“UVDテクノロジ”による動画再生支援機能に対応

「RADEON HD4000シリーズ」搭載の AMD製チップセット「780G」、「790GX」搭載の映像再生支援機能“UVDテクノロジ”に対応。 ハイビジョン・SD映像を問わず、パソコンでの再生をアシストします。

映像をなめらかに再生
再生をグラフィックボード上の専用回路で処理することで、地デジ映像をなめらかに再生できます。 従来、CPUの性能が十分ではなく再生時にコマ落ちが発生していたパソコンでも、UVDテクノロジのアシストで問題を解決できます。 また、CPU負荷を抑えることで消費電力の低減にも役立ちます。

ハイビジョンを快適に
美しい反面、情報量の多いハイビジョン映像は、従来のパソコンでは処理能力が不足し快適に扱うことが困難です。 UVDテクノロジによって、ハイビジョンの地デジ映像も快適に扱えます。

UVDテクノロジの詳細は、AMD社特集サイトをご覧ください。

録る

録画予約もかんたん。番組表から選ぶだけ

録画予約も、マウス操作で楽々。基本は番組表(EPG)から録画したい番組を見つけて、番組名をクリックし、予約確認のメッセージをOKするだけで録画予約は完了。もちろん時間帯やスケジュールの指定など、条件を指定した録画予約も可能です。

番組表

「おまかせ録画」も可能。インターネット電子番組表の利用で、録画をさらに便利に

バッファローの地デジチューナーの便利機能は、インターネットのテレビ番組情報サービス「Gガイド.テレビ王国」のインターネット電子番組表(iEPG)と連携しています。「Gガイド.テレビ王国」を利用して、さらに楽しくバリエーション豊かなテレビ録画が楽しめます。

*「Gガイド.テレビ王国」の各種サービスのご利用には、メンバーサービスへの登録、および 「iCommand」の設定が必要です。利用登録は無料です。
*iEPGをご利用いただくには、インターネットに接続できる環境が必要です。
「Gガイド、テレビ王国」について詳しくは、公式Webサイトをご覧ください。
  1. キーワードに合った番組を自動で録画する「おまかせ録画」

    「Gガイド.テレビ王国」でお好みのキーワードを登録すれば、そのキーワードに関連した番組を自動的に録画してくれる「おまかせ録画」サービスが利用可能。大好きな俳優の出演している番組や、すべての放送をチェックしたい特定のスポーツなど、今までチェックしきれなかった番組も逃さずキャッチできます。

  2. うっかりも安心。ケータイからも録画予約

    携帯電話を使って、いつでもどこでもパソコンの録画予約が可能です。録画予約を忘れてうっかり外に出てきてしまったときや、急に見たい番組ができたときも便利に使えます。

    *携帯電話から予約するには、携帯電話がiモード、EZweb、Yahoo!ケータイのいずれかに対応している必要があります。ケータイ予約には別途通信料がかかります。携帯電話からの予約内容を受信するため、録画に使用するパソコンはインターネット接続環境が必要です。

パソコンなら録画可能時間も無限大に

HDDに地デジを録画→外付けHDDで録画時間無限大

パソコンのHDDに番組を録画。大容量HDDを使って、たっぷり録画できます。例えば500GBで最大550時間(LLPモード)もの長時間録画が可能です。
パソコンだから、HDDの追加ももちろん可能。HDDの追加、つなぎかえに制限はないから、追加するHDDの数だけ録画時間はほぼ無限大に増やせます。高画質ハイビジョンの録画も、残り容量を気にすることなくどんどん楽しめます。

残す

大切な番組、みんなで見たい番組はディスクに残す

録画した地デジをブルーレイやDVDディスクへ書き出し(ダビング10対応)→外出先で、リビングで楽しむ

録画した番組をブルーレイ(BD-RE)やDVD-RW/DVD-RAMのディスクにコピーすることができます*1。ディスクに書き出せば、録画した番組が市販のDVDプレーヤなどでも再生可能になります。長く残したい保存版を作成したいときや、リビングの大画面テレビでみんなで楽しみたいときに活躍します*2
もちろん、10回までディスクへの書き出しが可能になった「ダビング10」に対応しています*3

*1 DVD-RW/DVD-RAMにムーブした場合はDVD画質になります。
*2 移動したDVD-RW/DVD-RAM(CPRM対応)の再生には、別途CPRM対応DVDプレーヤー、もしくはプレーヤーソフトが必要です。
*3 録画した番組もダビング10に対応している必要があります。
詳しくは「よくわかるダビング10」へ

ブルーレイなら、ハイビジョンそのまま

ブルーレイディスクへのコピーに対応した製品なら、録画した地デジを放送波そのままのフルハイビジョン(1080i)で残せます。 お気に入りの番組など、大切にとっておきたい番組は、ブルーレイで思い出を綺麗なまま残すのがおすすめです。

  • ※1 上記を満たしていても、環境により動作しない場合があります。パソコンの動作確認は「ストリームテスト for 地デジ」(無料配布中)で行えます。
    「ストリームテスト for 地デジ」のダウンロードはこちらから
    また、「DT-H10/U2」「DT-H10/PCI」「DT-H10/U7」はトランスコード機能非搭載です。
  • ※2 機能追加の最新アップデータを順次配布しておりますので、ご購入後にはアップデートのご確認をお願いいたします。
    ダウンロードサービスはこちらから
    また、「DT-H10/U2」「DT-H10/PCI」ではブルーレイ・DVDディスク保存など一部機能が非対応の簡易版視聴ソフトウェア「PCast TV for 地デジ Lite」で、「DT-H10/U7」ではWindows 7搭載のメディアセンター機能で視聴・録画を行います。
  • ※ 製品ラインナップ別の対応機能について詳しくは、製品比較表をご確認ください。
    パソコン用地デジチューナー製品比較表

PR

リアルデジタルライフの実生活レビュー

サポート関連情報

ダウンロード

ドライバーやファームウェアなど、更新された機能を反映いただけます。

製品添付のマニュアルを紛失された時などにご利用下さい。

対応情報

お使いのパソコンに対応した製品をお探しいただけます。

最新OSの対応情報を一覧でご確認いただけます。

サポートセンター

おすすめ情報

一覧を見る