HOME > 製品一覧 > 映像・音響 > 地上デジタル/地デジチューナ > お使いのパソコンで地デジが見られる・録れる

地上デジタル/デジタルチューナ

お使いのパソコンで地デジが見られる・録れる

地デジ対応度を今すぐチェック

  • 地デジ特集TOPへ

お使いのパソコンに地デジチューナをつけると地デジパソコンに早がわり

地デジチューナを取り付けたパソコンは、地デジテレビ+レコーダと同じ事ができる

お使いのパソコンで地デジチューナが使えるか調べてみよう

テストを行う前に

パソコンの地デジ対応度を簡単に調べられる「ストリームテスト for 地デジ」はとっても便利。テストの結果を少しでも良くするために、先に準備をしておきましょう。

「ストリームテスト for 地デジ」で対応判定できる地デジチューナー製品

外付けモデル:DT-H50/U2DT-H45/U2DT-H30/U2DT-H30/U2RA
内蔵モデル:DT-H50/PCIDT-H51/PCIDT-H50/PCIEDT-H50/PCIEW

※「DT-F100/U2」「DT-H33/U2」「DT-H33/PCI」「DT-H10/U2」「DT-H10/PCI」対応の「地デジ環境チェックツール」について

「地デジ環境チェックツール」配布中
地デジチューナーDT-F100/U2DT-H33/U2DT-H10/PCIDT-H10/U2DT-H10/PCIは、上記の「地デジ環境チェックツール」でパソコンの対応を確認できます。本ページからダウンロード可能な「ストリームテスト for 地デジ」は、その他のバッファロー製パソコン用地デジチューナーに対応したものとなりますので、予めご了承ください。

グラフィックボードのドライバーは最新バージョンにする

最新バージョンで著作権保護に対応しているものがありますので、忘れずにバージョンアップしておきましょう。各社Webサイトから最新版をダウンロードしてお使いください。
〈主なグラフィックチップメーカのドライバー入手先〉
 AMD(ATI)社製グラフィックチップ用ドライバーダウンロードサイト(英語)
 NVIDIA社製グラフィックチップ用ドライバーダウンロードサイト
 その他のグラフィックスチップについてはパソコンメーカ・グラフィックボードメーカのWebサイトをご覧ください。

テスト中は他のアプリケーションを終了しておく

バッファローの地デジチューナはケーブルテレビのパススルー方式に対応。 ケーブルテレビをお使いの方も地デジをお楽しみいただけます。

テストと地デジチューナ対応検索の結果が異なる場合

地デジチューナ対応検索では「×」が表示される結果となった場合でも、 「バッファロー ストリームテスト for 地デジ」でテストした結果が 「問題ない」と表示される場合があります。この場合は、「バッファロー ストリームテスト for 地デジ」で表示された結果を 優先させてください。

テストの仕方

下のダウンロードボタンを押してストリームテスト for 地デジ(pcastdigest.exe)を入手。
※地デジチューナー「DT-H10/U2」「DT-H10/PCI」に対応した地デジ環境チェックツールは、後日ダウンロード配布予定です。

ストリームテスト for 地デジをダウンロードする

ダウンロードした「pcastdigest.exe」をダブルクリック。

インストール後、そのままOKを押せばすぐにテスト開始。

テスト途中で目視によるスキップも可能ですが、正確な計測を行うためにはそのままテストを続行するのがおすすめです。

テスト結果の見方

下の結果画面サンプルFLASHの各項目をクリックすると、各メッセージの説明が表示されます。

※上記の解説は「ストリームテスト for 地デジ Ver1.03」を基に作成しております。バージョンにより細部が異なることがあります。
※「ストリームテスト for 地デジ Ver1.03」より、選択可能な視聴モードに“LLPモード”が追加されました。

テスト結果を改善するには

Windows XPをお使いの方の改善ポイント

Windows XP をお使いで、現在SP1以前の場合は、Windows Updateを実行いただくことでSP2以降にできます。

著作権保護非対応の場合の改善ポイント

著作権保護機能を有効にする、対応機器を増設するなどで改善可能です。

最新ドライバーに更新ノートパソコンの場合

グラフィックドライバーを最新バージョンに更新
最新ドライバーに含まれるCOPPドライバーを導入することで改善できる場合があります。

最新ドライバーに更新デスクトップパソコンでディスプレイがアナログ接続の場合

グラフィックドライバーを最新バージョンに更新
最新ドライバーに含まれるCOPPドライバーを導入することで改善できる場合があります。
なお、アナログ接続時はSP/LPモードのみ視聴可能です。

デスクトップパソコンでディスプレイがデジタル接続の場合

最新ドライバーに更新(1)グラフィックドライバーを最新バージョンに更新
最新ドライバーに含まれるCOPPドライバーの導入することで改善できる場合があります。

アナログ端子D-sub接続(2)ディスプレイをアナログ接続に変更
使用しているグラフィック機能及び液晶ディスプレイが両方、もしくは片方が著作権保護機能「HDCP」に対応していないと考えられます。アナログ接続に変更いただくことで地デジ視聴が可能になります
なおアナログ接続時はSP/LPモードのみ視聴可能です。

デジタル端子DVI端子接続(3)HDCP機器にアップグレード
ハイビジョン(DP/HPモード)で視聴する場合は、グラフィックボードと液晶ディスプレイの両方をHDCP対応機器に変更ください

ハイビジョン非対応の場合の改善ポイント

著作権保護機能を有効にする、対応機器を増設するなどで改善可能です。

最新ドライバーに更新ノートパソコンの場合

グラフィックドライバーを最新バージョンに更新
最新ドライバーに含まれるCOPPドライバーを導入することで改善できる場合があります。

デスクトップパソコンでディスプレイがデジタル接続の場合

最新ドライバーに更新(1)グラフィックドライバーを最新バージョンに更新
最新ドライバーに含まれるCOPPドライバーの導入することで改善できる場合があります。

デジタル端子DVI接続(2)HDCP機器にアップグレード
ハイビジョン(DP/HPモード)で視聴する場合は、グラフィックボードと液晶ディスプレイの両方をHDCP対応機器に変更ください

テスト結果が出たら、こちらもチェック

結果がOKの方はおススメの地デジチューナへ

デスクトップパソコン用 DT-H30/U2 デスクトップパソコン用 DT-H50/U2 ノートパソコン用

デスクトップパソコン用 DT-H30/U2 デスクトップパソコン用 DT-H50/U2 デスクトップパソコン用 DT-H50/PCI デスクトップパソコン用 DT-H50/PCIE デスクトップパソコン用


著作権保護非対応の判定の方はHDCP対応のグラフィックボード・液晶ディスプレイへ

HDCP対応グラフィックボード情報

HDCP対応液晶ディスプレイ情報

おすすめ情報

一覧を見る