高速無線LAN 11n正式対応

バッファローなら一味違う GO!

11nとは? 既存規格を高速化するのが11n

最大300Mbpsのスピードで通信

11nとは、既存の無線LAN規格11gや11aを高速化する規格です。通常の11g/11aと比べ11nに対応した11g/11aでは、軽自動車とスポーツカーのスピードの違いのように、 規格値で従来の最大54Mbpsを超える約5.5倍の最大300Mbpsのスピードで、より大容量・広範囲・安定した通信が利用できます。

11nのしくみ

複数アンテナを利用する通信で高速化

複数の経路で多くのデータが送れるので速い

11nの核となる技術は、「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」。送受信それぞれを複数のアンテナで行うことで、データの輸送経路を増やし、一度に多くのデータを届ける技術です。 また、送信する信号もあらかじめ高速転送のために最適化された状態に処理 されています(バースト転送) 。

反射する電波も利用して高速化

反射した電波も効率よく捕まえるのでロスが少ない

さらに、屋内で壁や家具などの障害物により発生する反射波(マルチパス)も有効な信号として利用できる技術を搭載。より高速で安定した通信が行えます。

※反射波は、壁や家具などの障害物に反射した電波のこと。従来の11g/11b無線LANでは、反射波は通信悪化要因となっていました。

マルチパス

11nは、光・ハイビジョンに最適

コマ落ちが起きやすい スムーズに再生

転送速度に余裕のある11nは、例えば道幅の広い高速道路のようなもの。大量のハイビジョンデータも、パソコンのデータやゲームのデータと一緒に混雑なくスムーズに再生できます。光ファイバーの高速性を活かすのも、11nなら最適。

無線LANでハイビジョンについて詳しくはこちら

バッファローの11nハイパワーなら家中でハイビジョンが楽しめる

オープンスペースでの通信距離比較例

道幅のだんだん狭くなっていく道路で大きな車が途中で進めなくなってしまうように、電波で通信をする無線LANは親機と子機が離れるほど転送速度が下がります。
バッファローの11n無線LANは、電波出力の強化で既存の11n対応機器を超える強力な通信性能を実現したハイパワーモデル〈エヌフィニティー ハイパワー〉をラインナップ。 ハイビジョン映像を家中すみずみ快適に視聴したい方、無線LANで十分な通信速度が得られるか不安な方におすすめです。

11nハイパワーなら家中ハイビジョンが楽しめる
ページの先頭へ

バッファローの11n対応無線LAN製品はこちら。

家中すみずみまでハイビジョンが快適  INFINITI HighPower 光ハイビジョンを手軽に楽しむ INFINITI

※表示の数値は、本製品と同等の構成を持った機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

ページの先頭へ

おすすめ情報

一覧を見る