HOME > 製品一覧 > ネットワーク > 有線LAN > スイッチ(法人様向け) > レイヤー3スイッチ設定変換ソフトウェア

レイヤー3スイッチ設定変換ソフトウェアで「BS-G3024MR」へのリプレースが容易に。

購入前の互換機能確認から、購入後の設定引き継ぎまでがスムーズに

導入レポート「株式会社ハクサン様」詳しくはこちら

セキュアなネットワーク環境の構築に適したレイヤー3スイッチ。バッファローの、レイヤー3スイッチ「BS-G3024MR」は、中小規模のネットワークが求める機能に特化したエントリーモデルです。

「BS-G3024MR」なら、「日本語Web設定」により新規の導入と管理を容易とし、また既存のネットワーク環境の拡張や、スイッチのリプレースの際にも、設定を簡単に引き継げるソフトウェアを用意。システム管理者の負荷を軽減します。

写真(BS-G3024MR)

レイヤー3スイッチ
BS-G3024MR(24ポート) -

Point1 高速化

オールギガビット対応により高速なネットワークの構築が可能

Point2 セキュア

VLAN機能、IPフィルタ機能、などセキュアなネットワークの構築が可能

Point3 安価

10万円を切るレイヤー3スイッチにより、低価格でネットワークの構築が可能

レイヤー3スイッチ設定変換ソフトウェア、活用ポイント

1.異なる機器の設定を
手軽に引き継げます

既に導入している複数のレイヤー3スイッチ※の設定ファイルがあれば、「BS-G3024MR」の設定ファイルに簡単に変換が出来ます。

2.導入前に必要機能の
確認が出来ます

導入しているレイヤー3スイッチ※の設定ファイルがあれば、「BS-G3024MR」に互換機能があるかの有無がすぐに分かります。

3.手軽に設定できるので時間と
コストを削減できます。

クリック一つで設定を引き継げるため、複数台を同時に導入するのも簡単。設定変換ソフトは無償でお使いいただけます。

※変換元対象レイヤー3スイッチ アライドテレシス「8624XL」「8724SL」(2008年10月 現在)

レイヤー3スイッチ設定変換ソフトウェアとは

クリックひとつで10/100M-レイヤー3の設定をGiga-レイヤ3の設定へ変換

現在使用中の10/100M-レイヤー3※1の設定ファイルがあれば、クリックひとつで同等設定内容のまま、Giga-レイヤー3スイッチ※2の設定ファイルへ自動変換。10/100M-レイヤー3で速度的に不満があるものの、入れ替え後の設定が面倒でGiga-レイヤー3スイッチの導入に躊躇しているネットワーク管理者をお助けします。

※1:変換元対象レイヤー3スイッチ アライドテレシス「8624XL」「8724SL」(2008年10月 現在)
※2:変換先対応レイヤー3スイッチ バッファロー「BS-G3024MR」(2008年10月 現在)
※全ての機能・設定情報が引き継げるわけではありません。
  現在「IP設定」「静的ルーティング」「VLAN」「システム情報」に関する設定情報の変換に対応。(2008年10月 現在)

設定変換が可能かどうかを自動判定、Giga-レイヤー3購入前の検討に便利

設定変換画面設定変換が可能かどうかを自動判定するとともに、設定変換できない箇所を表示。
変換可能部分だけを自動変換し、残りは手動で設定するという使い方もでき、機器入れ替えに伴う設定補助ツールとしても利用可能です。 

ライセンス料不要の無料ソフトウェア

購入前の事前確認から設定引継ぎまでスムーズに行える「レイヤー3設定変換ソフトウェア」の無償ダウンロードを実施中です。
・BM-G3024MRを導入する前に既存機器との互換性を確認できます。
・既存機器からの設定引継ぎを簡単に行えます。

※β版のため、サポート対象外となりますのであらかじめご了承ください。

レイヤー3スイッチ設定変換ソフトウェア ご利用手順

4ステップで設定ファイルを簡単変換

設定情報の取出し1.現在使用中の10/100M-レイヤー3スイッチ※1の設定ファイルを用意します。

※1:2008/9/末現在 変換元対応レイヤー3スイッチ アライドテレシス社製「8624XL」「8724SL」

<既存製品への設定ファイル保存反映手順はこちらをご覧下さい。>

設定の変換2.本ツールに設定ファイルを読み込みます

設定ファイルの書出し3.変換ボタンを押して変換を実行します。Giga-レイヤー3スイッチ※2用の設定ファイルに変換されます。変換後の設定ファイルを好きなファイル名で保存してください。

※2:2008/9/末現在 変換先対応レイヤー3スイッチ 当社製「BS-G3024MR」

おすすめ情報

一覧を見る