HOME>製品情報>ネットワーク>無線LAN>無線LANセキュリティに関する取り組み

無線LANセキュリティに関する取り組み


ネットワーク|無線LANセキュリティに関するガイドライン

無線LANでは、LANケーブルを使用する代わりに、電波を利用してパソコン等と無線LAN親機との間で情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続が可能であるという利点があります。
その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁等)を越えてすべての場所に届くため、セキュリティに関する設定を行っていない場合、以下のような問題が発生する可能性があります。

通信内容を盗み見られる

悪意ある第三者が、電波を故意に傍受し、「IDやパスワードまたはクレジットカード番号等の個人情報」「メールの内容」等の通信内容を盗み見られる可能性があります。

不正に侵入される

  • 悪意ある第三者が、無断で個人や会社内のネットワークへアクセスし、「個人情報や機密情報を取り出す」(情報漏洩)
  • 「特定の人物になりすまして通信し、不正な情報を流す」(なりすまし)
  • 「傍受した通信内容を書き換えて発信する」(改ざん)
  • 「コンピュータウイルス等を流し、データやシステムを破壊する」(破壊)
等の行為をされてしまう可能性があります。

本来、無線LAN機器は、これらの問題に対応するためのセキュリティのしくみを持っていますので、無線LAN製品のセキュリティに関する設定を行って製品を使用することで、その問題が発生する可能性は少なくなります。 無線LAN機器は、購入直後の状態においては、セキュリティに関する設定が施されていない場合があります。
従って、お客様がセキュリティ問題発生の可能性を少なくするためには、無線LAN機器をご使用になる前に、必ず無線LAN機器のセキュリティに関する全ての設定をマニュアルにしたがって行ってください。
なお、無線LANの仕様上、特殊な方法によりセキュリティ設定が破られることもあり得ますので、ご理解の上、ご使用ください。 セキュリティの設定などについて、お客様ご自分で対処できない場合にはサポートセンターまでお問い合わせください。
当社では、お客様がセキュリティの設定を行わないで使用した場合の問題を充分理解した上で、お客様自身の判断と責任においてセキュリティに関する設定を行い、製品を使用することをおすすめします。

社団法人 電子情報技術産業会(JEITA)
「無線LANのセキュリティに関するガイドライン」より

バッファローの無線LANセキュリティに対する取り組み

バッファローではお客様がより快適でセキュアな無線LANを簡単にお使いいただけるよう、製品開発に取り組んでおります。
以下、バッファローの無線LAN 〈エアステーション〉シリーズの無線LANセキュリティについてご説明いたします。
※ご利用の機種により搭載するセキュリティ機能は異なります。


簡単接続設定システム「AOSS™(AirStation One-Touch Secure System)」

“AOSS(エー・オー・エス・エス)”とは、これまで暗号化キーの設定や入力で煩雑だった無線LANの接続設定を飛躍的に簡単にするバッファローの新技術です。
 これを用いることで、ワンタッチでセキュアな無線LANネットワークに接続可能となります。
暗号化方式は、標準的な「WEP」(64/128bitWEP)のほか、最新のセキュリティWPAにも採用されている「TKIP」、米国政府の標準暗号化方式として採用されている強固な「AES」に対応しており、“AOSS”がそれぞれの機器のセキュリティ機能レベルを判断、最適な暗号化方式に自動設定します。
>>詳しくはこちら

AOSS

プライバシーセパレータ

無線クライアントPC間の通信を禁止する機能です。
これを使用することで、となりのPCのデータが見えなくなるため、プライバシーの保護が可能です。

プライバシーセパレータ

無線送信出力制限

無線送信出力を変更する機能です。この数値を低くした場合、無線の届く範囲が短くなるため、不要な電波漏れによる不正アクセスの防止が可能となります。

Any接続拒否

SSIDを「Any」にすることで誰でも接続できてしまう「Any接続」を禁止する機能です。

Any接続拒否

無線SSIDステルス機能

無線LAN親機が周辺に通知するために発信するビーコン信号を停止する機能です。 WindowsXPなどのビーコン信号を検地する機能を搭載している端末からSSIDをわからなくすることが可能です。

マルチセキュリティ機能

AOSS”ボタンを押すだけで、接続する機器が対応する最も高い暗号化レベルの暗号化での自動設定が行える機能です。AES、TKIP、WEPの3つのセキュリティ方式の混在利用が可能で、暗号化レベルを気にすることなく安心してご利用いただけます。

「マルチセキュリティ」機能

WEP接続子機からAES/TKIP接続子機へのアクセス制限

AES/TKIPに比べセキュリティレベルの低いWEP接続の子機から、セキュリティレベルの高いAES/TKIP接続の子機にアクセスできないようWEB設定画面にて制限できる機能です。

アクセス制限を行うことが可能

おすすめ情報

一覧を見る