サイト内検索&Quick!ナンバー

企業情報 ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > ネットワーク > 無線LAN > 子機 > WLP-CB-AG300
 
無線LAN

CardBus用無線LAN子機

<!--{$series}-->
製品写真
 

11n&IEEE802.1X/EAP対応。無線LAN規格11a/11g/b 対応で高速かつセキュアなネットワークを実現

〈エアステーション プロ〉 11n対応 11a/g/b CardBus用 無線LAN子機

WLP-CB-AG300

型番 価格 JANコード 備考
WLP-CB-AG300
-
4981254660911 販売終了

無線LAN高速化規格 11nに正式対応し、11aおよび11g/bの無線LAN全規格に対応した万能モデル。利用する親機の規格を意識することなく、障害物に強く、高速かつ安定した通信が可能。使う場所を選ばないCardBus用無線子機。

※Windows 7対応には、設定方法/制限事項を含む場合があります。詳しくは、対応情報をご覧下さい。
※表記の無線LANのスループット数値「300Mbps」「144Mbps」「54Mbps」「11Mbps」は、無線LAN規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

無線規格
11n世界標準11a11g11b
無線セキュリティー
802.1X/EAPWPA2-PSKWPA-PSKWPA2-eapWPA-eapWEP
無線設定
AOSSWPS
機能特徴
RoHS


簡単にセキュアな無線LAN環境を構築できるIEEE802.1X/EAP対応

802.1X/EAP

ネットワークの不正利用を防ぐユーザー認証IEEE802.1X/EAPに対応。
IEEE802.1X/EAP対応のRadius(認証)サーバーとの組み合わせにおいて、アクセスを許可されたユーザーだけがネットワークに接続が可能できるセキュアなネットワークを構築できます。


認証システムの構築イメージ

※上記の構成はあくまでイメージです。

〈エアステーション プロ〉ユーザー認証(802.1X/EAP)機能比較

  WAPM-APG300N
WAPM-AG300N
WAPM-HP-AM54G54
WAPS-HP-AM54G54
WAPS-HP-G54
WLAH-G54
WLAH-A54G54
WLAH-HG-G54/R
SessionTimeOut (※1) ×
登録可能Radius(認証)サーバー数 2台(プライマリ/セカンダリ) 2台(プライマリ/セカンダリ) 1台(プライマリ)
対応EAP TLS
MS-PEAP
802.1/EAP時の選択可能無線暗号方式 WEP ×
TKIP(WPA)
AES(WPA2)
対応Radius(認証)サーバー Windows Server 2003 IAS Windows Server 2003 IAS Windows Server 2003 IAS
対応サプリカント  【バッファロー】
クライアントマネージャ3
クライアントマネージャV

 【マイクロソフト】
Windows XP SP3以降
Windows Vista SP1以降
OS標準サプリカント
 【バッファロー】
クライアントマネージャ3
クライアントマネージャV

 【マイクロソフト】
Windows XP SP1以降
OS標準サプリカント
 【バッファロー】
クライアントマネージャ3
クライアントマネージャV

  【マイクロソフト】
Windows XP SP1以降
OS標準サプリカント
IEEE802.1X認証対応
無線LAN子機
WLP-CB-AG300 / WLP-UC-AG300 / WLP-EXC-AG300
WLI-CB-AGHP / WLI-CB-G54HP / WLI-CB-G54S
WLI-U2-KG54-AI

※1.SessionTimeOut・・・無線クライアントパソコンに再認証を求める機能。
SessionTimeOutに対応していない場合は、一度認証されると、無線接続が切断(終了)されるまで、そのまま認証された状態が継続されます。
なお、SessionTimeOutの再認識時間は、Radius(認証)サーバーもしくはアクセスポイントにて設定し、両方にて設定されている場合はRadiusサーバー側の設定が優先されます。


無線LANセキュリティー「WPA2」(Wi-Fi Protected Access)対応

WPA-PSKWPA2-PSK

WPA2とは、無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが2004年9月に発表した、無線LANセキュリティーの規格です。従来規格のWPAと互換性を持ち、無線LAN暗号化方式「AES」を標準化しています。



WPA-EAPWPA-PSK

従来の無線LANセキュリティー規格「WPA」にも対応。



暗号化方式には解読が困難な「AES」に対応

アメリカ政府が採用した強固な暗号化方式。従来のWEP脆弱性の原因のひとつとされる暗号化方式(RC4)を抜本的に見直したさらに高度な技術となっています。現時点での解読手法は存在していません。

暗号化イメージ

従来方式の暗号化にも対応

WEP

「TKIP(ティーキップ)」や「WEP(64/128bit)」といった従来方式の暗号化方式にも対応。お使いの機器の組み合わせに応じて適切な方式をお選びいただけます。


無線LAN高速300Mbps(規格値)を実現
障害物にも強い“大容量データ”時代の高速無線LAN「11n」

11n高機能MIMO 受信アンテナ3本

11nとは100Mbpsの実効スループットを目標とする無線LANの高速化規格です。MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を使用し、複数アンテナで送信/受信を行う事で、高速化と安定化を実現します。

※11nモードでの通信は、親機・子機共に対応している必要があります。

相互接続性を保証。Wi-Fiアライアンスの「Wi-Fi CERTIFIED® 11n」認証取得

Wi-Fi CERTIFIED

Wi-Fiアライアンスの認定ロゴプログラム「Wi-Fi CERTIFIED® 11n」は、11nの仕様や相互接続性などを検証し、要件をクリアした製品のみ認定するプログラムで、同認証ロゴを取得した製品同士の相互接続性を保証するものです。これにより、お客様は安心して高速無線LAN規格を導入することができます。


【高速】無線LAN「倍速モード」で約2倍高速化。無線LAN高速300Mbps(規格値)を実現

2007年6月の電波法の改正に対応し、2つのチャンネル(通信帯域)を使用して従来の2倍無線LANを高速化する機能「倍速モード」を搭載。規格上300Mbpsを実現します。

※電波法の改正とは、電波法施行規則等の一部改正のことです。

※300Mbps(規格値)で使用する場合、アクセスポイントと子機共に対応している必要があります。


図 法改正後帯域幅40MHz(20MHz×2)

【障害物に強い】2本のアンテナで同時に送受信。乱反射した電波(マルチパス)も通信に活用

屋内では、障害物による反射波(マルチパス)が多数存在。

アンテナには11nの「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」技術を採用。アンテナを“2本”搭載し、送受信時には2本のアンテナを同時に使うことにより、強力に通信できます。また、送信する信号そのものも、高速転送のために最適化された状態で送り出されます(バースト転送)。

さらに、屋内で多く発生する反射波(マルチパス)も積極的に通信に利用できる技術により、障害物が多い環境でもより安定した通信が行えます

※反射波は、壁や家具などの障害物に反射した電波のことです。反射波は直接波よりも信号が劣化するため、従来の11g/11b無線LANでは、反射波は通信悪化要因となります。


無線LAN全規格に対応。使い分ければ干渉にも強い

11a11g11b

高速化規格”11n”、高速で電波干渉に強い“11a”、高速で障害物にも強い“11g”、障害物に強い“11b”の無線規格の全てに対応。規格の違う親機を持っていても、通信が可能です。

※無線LANは、無線と有線による接続で複数台のパソコンをネットワークにつなぐ中継機器です。


<パソコンに本製品を増設>
通信速度向上 アクセスポイントが交換できない場合でも、パソコンに11n対応の子機にするだけでパソコン側の受信感度が向上。無線LAN通信の効率アップが可能です。もちろん、無線LAN内蔵パソコンに取り付けることもできます。


11aは5.6GHz帯域の使用が可能に、利用チャンネル8ch⇒19chへ拡大

無線LAN 5GHz帯「IEEE802.11a」規格が、2007年1月31日の電波法の改正により、5.6GHz帯域(W56)を利用できるようになりました。
5.6GHz帯域(W56)開放の周波数帯拡張にともない、11aで使用できる無線チャンネル数が従来の8chから19ch(11a W32:4ch、W53:4ch、W56:11ch)に拡大。これにより無線LANアクセスポイントの大量導入の際にも、チャンネルの不足を気にせずに柔 軟に無線LANアクセスポイントを配置することが可能です。

※電波法の改正とは、電波法施行規則等の一部改正のことです。

※W56の帯域開放は現在の11aで使用できる帯域に追加となるため、 現状W52 / W53の帯域を使用している方への影響はありません。

11aのW56帯域を利用すると屋外利用が可能

W56の(5.47GHz〜5.725GHz)帯域なら、W52 / W53の帯域では利用できなかった11a規格での屋外無線LANが利用可能になります。新規に開放された帯域になるため、電波干渉を受ける可能性が少なく安定した屋外通信が可能です。

※W52、W53の帯域は屋外使用不可です。

※W56の帯域を利用して通信を行うにはW56対応した親機が必要です。

※製品は5.6GHzの帯域に対応いたしますが、法律により国内での使用に限ります。


デリバリー保守パック対象製品だから、万一の故障時のサポートも安心

「法人ネットワーク製品デリバリー保守パック」(有償、保守期間:1/3/5年)の対象製品です。
万一、製品(ハードウェア)が故障した場合には、専用サポート窓口にコールを頂くと代替品を指定場所へ発送する保守サービスです。(原則、コール受付当日発送)
代替品が到着し、故障製品と交換いただいた後、故障製品をご返送頂く形となります。

 →「保守サービスパック」の詳細は<こちら>

インターネット接続の設定が簡単に

無線LANユーザーに便利な機能をひとつにまとめた「クライアントマネージャ」添付(Windows用)

無線LAN接続ソフトウェア「クライアントマネージャ3」を添付。バッファロー無線LANアダプタを増設したパソコンのほか、無線LAN内蔵パソコンでもご利用できます(※)。また、Windows Vista®に対応した「クライアントマネージャーV」も添付。幅広いお客様に安心してご利用いただけます。

【クライアントマネージャ3の特徴】
1.ワンタッチ無線LAN設定「AOSS™」の設定が行えます

AOSS

クライアントマネージャと親機のボタンを押すだけ。面倒な設定の入力はいりません。


2.ネットワークプロファイル保存機能を搭載
一度設定した接続情報は「プロファイル」に保存できます。次回からは再設定の手間無しで使えます。また、IPアドレスやプロキシ設定も自動切換えできます。

※すべての無線LAN内蔵ノートパソコンでの動作を保証するものではありません。弊社にて動作を確認したパソコンは「対応確認済みパソコン」にてご覧いただけます。

>>クライアントマネージャ3詳細へ

クライアントマネージャ3なら手間なし!

無線LAN簡単設定方式「WPS」に対応

WPSWi-Fi SETUP

WPS(Wi-Fi Protected Setup)とは、業界団体のWi-Fi Allianceが策定した、業界標準の無線LAN簡単設定方式です。WPSには、プッシュボタン式とPINコード式の2種類があり、本製品は両方式に対応しています。異なるメーカ間でも簡単に設定することが可能です。


AOSS、WPS-プッシュボタン式・WPS-PINコード式

※WPS-プッシュボタン式は、クライアントマネージャVを使ってWindows Vista®のみ対応。

※WPS-PINコード式は、Windows Vista®/XPのみ対応。

※WPSで設定を行うには無線LAN親機および無線LAN子機共にWPSに対応している必要があります。

地球環境に優しい国際レベルの環境性能

特定有害物質使用制限指令「RoHS指令」に準拠

RoHSRoHS

2006年7月からEU圏で施行された電子機器に対する特定有害物質使用制限指令「RoHS指令」に準拠しています。
<RoHS指令で使用が制限されている物質>
(1)鉛、(2)水銀、(3)カドミウム、(4)六価クロム、(5)ポリ臭素化ビフェニール、(6)ポリ臭素化ディフェニールエーテル

関連情報

【関連製品】法人無線/有線製品向け保守サービス「保守パック」 対象製品 保守パック

※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせプライバシーポリシー copyright
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー