さらに高速になったホームサーバー

最大66MB/s※1、高速転送でさらに快適に

USB2.0用外付けHDDより約38%高速

高速Gigabitネットワーク対応、高速CPU採用により、従来製品より約2.5倍高速な最大約40MB/sの高速転送を実現。ハイビジョンビデオなどの大容量データも短時間で快適に転送できます。

※【測定環境】
PC:DELL Vostro200、CPU:Intel Core2 Duo E6750 2.66GHz、メモリー容量: 3GB、NIC:Intel PRO1000/PT、OS:WindowsXP Professional SP2
【測定方法】
「LS-WSX1.0TL/R1」と「LS-WS1.0TGL/R1」各製品をパソコンとそれぞれ有線LAN接続し、ベンチマークソフト(CrystalMark2004 R3(Ver0.9.126.451) Test Size:1024MB)にてシーケンシャルリードを計測。(2009年10月現在、当社調べ)

※LS-WSX1.0TL/R1は、LS-WSX1.0L/R1Jと同等製品となります。

パソコンやデジタル家電のデータを保存。どこからでもみんなで共有

パソコンのデータやデジカメ・ビデオカメラの写真・ビデオをまとめて保存して、どこからでもみんなで共有できます。家では保存したビデオをネットワーク対応テレビで再生して楽しんだり、外ではデジカメで撮った写真をその場でミニノートPCから保存したり、あなたの利用スタイルに合わせて、様々な使用法が可能。ご家庭のパソコン・デジタル家電の中心的存在となるネットワーク対応HDD(NAS)です。

無線LAN利用例

デジタル家電や各種の周辺機器とつなげて活用できる

デジタル家電や各種の周辺機器とつなげて活用できるDLNA

保存されているデータをDLNA対応のテレビ、オーディオなどのデジタル家電で再生できる「DLNAサーバー機能」を搭載。「DLNA(デジタルリビングネットワークアライアンス)」ガイドライン対応のデジタル家電やパソコンが、家庭内ネットワーク上でシームレスに相互接続可能。異なるメーカーの製品同士でも機器間でコンテンツを共有して再生を楽しめます。パソコンにしまい込んでいた写真やビデオ、音楽などのコンテンツが、家族みんなで楽しめるようになります。

「DTCP-IP」に対応。録画番組をダビング(ムーブ)して、DTCP-IP対応デジタル家電で再生

デジタル著作権保護機能の「DTCP-IP」に対応。地上デジタル放送番組などのデジタルコンテンツを、対応の機器同士で保存や転送が可能です。

デジカメなどから写真データをワンプッシュで転送できる「ダイレクトコピー機能」

直接写真を転送

対応するデジカメやビデオカメラをUSBケーブルで本製品に接続、ボタンをワンプッシュで画像・動画ファイルを転送できます。 ボタンを押すと、本製品の中に日付名のついたフォルダーを自動作成し、写真や動画データをコピーしてくれるので、転送にパソコンは不要です。

ダイレクトコピー対応接続機器
“USBマスストレージ”または“ptp”対応の 「デジタルカメラ」「デジタルビデオカメラ」「USBメモリー」など。

おもな対応フォーマット
画像・映像データ(JPEG、JPG、GIF、TIFF、BMP、RAW、PNG、MOV、MPG、MPEG、AVI、ASF、WMV、MTS、M2P)

家中でお気に入りの音楽を聴ける「iTunesサーバー機能」

本製品に保存した音楽ファイルを、LANにつながったパソコンのiTunesが自動的に発見し、再生できます。 最大5台のパソコンからの再生とiPodへの転送に対応しています。

対応フォーマット
音声データ(MP3 / M4A / M4P)

※iTunes 10をご利用の場合は、バージョン10.0.1以降をご利用ください。

※本製品からiPodにファイル転送する場合には、iTunesのライブラリに本製品の共有フォルダを登録することで、iTunes上から転送が可能になります。エクスプローラーなどでは転送できませんのでご注意ください。

※iTune Music Storeで購入した音楽も共有して再生が可能です。 (iTunes共有の仕様上、認証によって1ユーザーで5台までのパソコンで再生が可能です。認証はご家庭で使用されているiTunesのインストールされているパソコンで行うことができます。)

 1台のプリンターをみんなで共有できる「USBプリントサーバー機能」

ネットワーク上で1台のプリンターを複数のパソコンから共有できる「プリントサーバー機能」を搭載。プリンターをいちいち付け替えたり、プリンターのつながったパソコンまでデータを移動してプリントしたりといった手間が不要になります。

USBプリントサーバー機能

※Windowsのみ対応。双方向通信には対応しておりません。

※USBポートには最大プリンター1台を接続できます。

※すべてのプリンターでの利用を保証しておりません。

デジカメ写真をNASに自動アップロード。「Eye-Fi連動機能」に対応

「Eye-Fi」とは、無線LANを内蔵したSDカードです。本製品は「Eye-Fi連動機能」に対応し、デジカメやメモリーカードをパソコンに接続することなく、無線LAN経由で簡単・自動で写真を本製品に保存できます。撮影した写真はデジカメの電源がONの間そのままNASにアップロードされるため、メモリーカードの容量を気にすることなくどんどん撮影が可能です。

本製品は「Eye-Fi連動機能」に対応し、デジカメやメモリーカードをパソコンに接続することなく、無線LAN経由で簡単・自動で写真を本製品に保存

※「Eye-FiConnect X2」「Eye-Fi Explore X2」「Eye-Fi Pro X2」で動作確認済み。

※Eye-Fiの自動アップロードには、事前にパソコンでNAS上のEye-Fi機能の設定と、Eye-Fiカードの保存先設定・無線LANは接続先設定が必要です。

世界中で人気のファイル共有ソフト「BitTorrent」をNAS単体で利用できる

BitTorrent

世界で幅広く使用されているファイル共有ソフト「BitTorrent(ビットトレント)」のクライアントソフトを搭載。大容量のムービーやソフトウェアのダウンロードがパソコンをつけっぱなしする必要なくNAS1台で行えます。使い方は簡単、インターネットで.torrentファイルとして公開されているアドレスをパソコンのNAS設定画面から登録するだけ。また、.torrentファイルを ダウンロードして、追加することも可能です。パソコンより省エネなNASで、大量のダウンロードをより経済的に行えます。

パソコン+BitTorrentの場合・消費電力が多い。・ダウンロードしたビデオや音楽をそのまま共有できない。・パソコンに空き容量が必要。 NAS+BitTorrntの場合・低消費電力。・ダウンロードしたビデオや音楽をDLNA対応テレビでそのまま再生。・大容量のHDDにたっぷり保存。

※ダウンロードしたファイルの形式によって、再生できない場合があります。

保存したデータにパソコンやスマートフォン・iPadから楽しめる

Webアクセスで、外出先からのデータ編集や友人・家族へのデータ受け渡しをより手軽に

インターネット経由で、外出先から本製品内のデータのダウンロード・アップロードが可能になる「Webアクセス」機能を搭載。遠隔地とのデータの受け渡しなどに使用できます。
iPhone・iPad・Androidスマートフォンからは、専用アプリケーション(無償)のWebAccess i(iPhone・iPod touch用)/ WebAccess i HD(iPad用) / WebAccess A(Andoroidスマートフォン用)を使って、インターネット経由でどこからでも本製品に接続が可能。大容量のLinkStationに好きなだけ保存した映像・写真・音楽などのファイルを iPhone・iPod touch・iPad・Andoroidスマートフォンで好きな場所から再生することができます。また、外出先で撮影中、突然iPhoneやAndoroidスマートフォンの容量がいっぱいになっても安心。iPhone・iPod touch・iPad・Andoroidスマートフォンで撮影した映像・写真を、パソコンに接続することなくその場で本製品に保存できます。

>>iPhone・iPod Touch・iPad用アプリケーション 「WebAccess i」 について詳しくはこちら
>>Andoroidスマートフォン用アプリケーション 「WebAccess A」 について詳しくはこちら

Webアクセス

WebAccessの設定方法、PC・スマホからのアクセス方法を動画で公開中
外出先から自宅のNASにアクセスして、動画や音楽、写真などが楽しめるWebAccessの設定方法や、実際にPCやスマホからアクセスする方法の全ての手順を、早送り/カット無しでご紹介しております。
>>WebAccessの設定方法、PC・スマホからのアクセス方法
例.LS410Dシリーズ

buffalonas.comにログインすれば、共有ファイルがダウンロードできる

※動画ではLinkStation LS410Dシリーズを使用しておりますが、他のLinkStation、TeraStationでも同様の手順でご利用いただけます。

 

Webアクセス機能の使い方
1.インターネットにつながるLAN上に本製品を設置。
2.本製品の設定画面から「Webアクセス機能をON」にする。
3.データを共有したい相手に「buffalonas.comネーム」を連絡。アクセス制限する場合は必要に応じてパスワードを設定可能。

※Webアクセス機能のご利用には、本製品をインターネットに接続できる環境が必要です。固定IPアドレスを取得していない環境でも使用可能です。

※周辺機器等をネットワークを通じて接続する規格「UPnP(Universal Plug&Play)」 対応ルーターとの併用を推奨。

※LAN内でIPアドレスを変換する機器構成/ルーターの設定によっては、UPnPによる簡単設定が使用できない、またはWebアクセス機能が使用できない場合があります。


本製品を使うと、外出先からのアクセスや家族・友人とのファイル共有がますます便利になります。

buffalonas.comにログインすれば、共有ファイルがダウンロードできる

保存したビデオ・写真・音楽が、スマートフォン・iPadから楽しめる

Webアクセス機能は、スマートフォン・iPadにも対応。外出先から本製品にアクセスすれば、保存した映像・写真・音楽などのライブラリーを、楽しむことができます。

スマートフォン・iPadなどにも対応のWebアクセス機能

Webアクセスに対応する携帯端末は、下記をご覧ください。

» Webアクセス対応携帯端末一覧を見る

※最新のファームウェアをご利用下さい。

※携帯端末やWebアクセスのバージョンによっては、ファイルのダウンロード保存、ファイル名の変更・削除ができないことがあります。

※当社における動作確認のため、接続についてのご質問は当社サポートセンターまでお問い合わせください。


NASと○○○で、できるが広がる
»詳しくは、「NASと○○○で、できるが広がる」特集ページへ

「スカパー!HD録画に対応

デジタル著作権保護「DTCP-IP」に対応した本製品は、デジタルハイビジョンの衛星放送「スカパーHD」の録画用HDDとして利用できます。 放送の画質そのままのハイビジョン録画で、何度も見たい番組を美しいまま保存できます。1TBなら約240時間の録画※が可能。

※「スカパーHD録画」録画時間の目安です。録画時間を保証するものではありません。

※「スカパーHD録画」録画時間は録画する番組により異なります。


スカパー!録画 LAN

パッケージのこのロゴが目印!

スカパー! HDの録画用HDDとして利用

添付のLANケーブルで接続するだけの簡単設定

同時に複数のネットワーク対応HDD(NAS)を接続できます。録画先に指定できるのは1台のみですが、空き容量が無くなったら本製品を追加して、新しい方に録画できます。再生は接続されたどのNASからも行なえます。

LANケーブルでつなぐだけ

»接続の仕方(スカパーHD接続マニュアル)はこちら

迫力の3D放送「スカチャン3D」番組の録画にも対応

3D放送「スカチャン3D」番組録画に対応

「スカパーHD」録画は、高精細なハイビジョン放送のほか、さらに迫力の3D専門チャンネル「スカチャン3D169」番組の録画にも対応。通常の「スカパーHD」と同様に直接接続・ルーター経由の接続で番組録画・再生をお楽しみいただけます。

※録画した3D番組を視聴するには、サイドバイサイド方式に対応した3D対応テレビと対応テレビ専用3Dメガネが必要です。

※番組によっては録画不可の場合もございます。

スカパーHD対応チューナー

SP-HR200H

スカパーブランド 「SP-HR200H」

DST-HD1

ソニー製 「DST-HD1」

※スカパー光HD対応チューナー(SP-HR250H)およびPanasonic製「TZ-WR320P」でも同様にハイビジョン録画が可能です。

※スカパーHD対応チューナーのバージョン/ステータス番号および、LinkStationのファームウェアは最新の状態でご利用下さい。

※当社にて動作確認済みです。

たっぷり録れる大容量モデルをご用意

  録画機器・HDD容量
放送画質 2TB 1TB 500GB 240GB
スカパー
ハイビジョン
チャンネル
約480時間
(約260時間〜600時間)
約240時間
(約130時間〜300時間)
約120時間
(約65時間〜150時間)
約57時間
(約31時間〜72時間)
スカパー
3Dチャンネル

約300時間

約150時間 約75時間 約36時間
スカパー
標準画質
約820時間
(約520時間〜1580時間)
約410時間
(約260時間〜790時間)
約205時間
(約130時間〜395時間)
約98時間
(約62時間〜189時間)

※「スカパー! HD録画」録画可能時間の目安です。録画時間を保証するものではありません。

※「スカパー! HD録画」録画可能時間は、録画する番組により異なります。

DLPA NAS Level.3に対応 著作権保護コンテンツのムーブアウトが可能に

DLPA NASとはネットワークHDDにおける、写真、音楽、映像、さらには、著作権保護映像(主に、デジタル放送の録画番組)についての対応範囲をLevel.ごとに規定したものです。
本製品はLevel.3に対応しており、地デジなどの著作権保護コンテンツをBD/DVDや他の機器への書き出しを行うことができるためホームネットワークでさまざまにご活用いただけます。

DLPA NASに関するさらに詳しい情報は、一般社団法人デジタルライフ推進協会のWebサイトをご覧ください。

Level.1 〜ビデオ・写真・音楽ファイルの共有が可能〜

DLPA NAS Level.1に規定されたNAS製品は、ビデオ・写真・音楽ファイルの共有を行うことができます。

※DLNA ver.1.5のDMSまたはM-DMS認証を取得しているため、他機器との相互接続性が保証されています。

Level.2 〜著作権保護コンテンツの配信が可能〜

DLPA NAS Level.2に規定されたNAS製品は、Level.1でできることに加え、地デジ録画番組など著作権保護コンテンツのネットワークダビング(ムーブイン)と配信に対応しています。地デジ録画番組などをホームネットワークで共有して家族みんなで楽しむことができるようになります。

Level.3 〜著作権保護コンテンツの書き出しが可能〜

DLPA NAS Level.3に規定されたNAS製品は、Level.1、 Level.2に加え、ネットワークダビング(ムーブアウト)の機能を備えています。地デジ録画番組などの著作権保護コンテンツをNASから別のNASへ移動させたり、NASからBD/DVDレコーダーにムーブしてBDやDVDへの書き出しが行えるようになります。

ページの先頭へ

PR

リアルデジタルライフの実生活レビュー

サポート関連情報

ダウンロード

ドライバーやファームウェアなど、更新された機能を反映いただけます。

製品添付のマニュアルを紛失された時などにご利用下さい。

サポートセンター

おすすめ情報

一覧を見る