特長別RAIDモードガイド

▼RAIDとは
複数のHDDドライブをひとつのHDDのように認識・表示させる技術です。複数のドライブにデータを分散して書きこむため、データの安全性向上や高速化に役立ちます。 詳しくはこちら

特長で選べるRAIDモード

RAIDには目的別に機能の異なる「モード」がいくつか存在します。ここでは一般的なRAIDモードをいくつかご紹介します。
ご利用の目的に合わせて、高速性重視、安全性重視、使用可能容量のバランスからRAIDモードを選べます。

各RAIDモードの特長
RAID 6はデータから2重にパリティー(誤り訂正符号)を生成し、データとともに複数のドライブに分散して記録します。
RAID 1はドライブ1台×2を1組のHDD(アレイ)としてデータを保存します。ペアには、それぞれ同じデータが記録されます。
RAID 10はドライブ2台でデータを2重化したペアを、さらに2台×2でまとめて1組のHDD(アレイ)としてデータを分散して保存します。
RAID 5はデータからパリティー(誤り訂正符号)を生成し、データとともに複数のドライブに分散して記録します。
RAID 0はHDD4台を一つの保存領域として扱い、データ保存時には分散して書き込むため高速性に優れています。

RAIDモード名称をクリックすると、各モードの詳細解説ページへ進みます。

RAIDモード 安全性 高速性 保存可能容量
>RAID 6 ■■■■■ ■  (構成するハードディスクの台数−2)×ハードディスクの容量
>RAID 5 ■■ ■■■  (構成するハードディスクの台数−1)×ハードディスクの容量
>RAID 10 ■■■ ■■■■  1/2
(構成するハードディスクの全体の容量の半分)
>RAID 1 ■■■■ ■■  1/2
(構成するハードディスクの全体の容量の半分)
>RAID 0 - ■■■■■  1/1
(構成するハードディスクの全体の容量)

RAID対応製品

  接続 対応RAIDモード
6 5 10 1 0
法人様向け LAN 管理者・RAID機能搭載NAS
iSCSI iSCSI対応HDD
USB
eSATA
RAID機能搭載HDD
個人のお客様向け LAN ネットワーク対応HDD(NAS)
USB
IEEE1394
IEEE1394b
eSATA
外付けHDD

おすすめ情報

一覧を見る