高速性を重視するなら RAID 0

高速性を重視したストレージを実現できるRAID 0

RAID 0の特長HDD4台を一つの保存領域として扱い、データ保存時には分散して書き込むため高速性に優れています。
ただし内蔵しているドライブが1台でも故障すると、データは復旧できません。

アニメーションで見る 手順を図解で見る

保存の仕組み

RAID 0 保存ステップ1パソコンからデータをドライブに転送します。


-

RAID 0 保存ステップ2データを受け取ると、内部のRAIDコントローラー上で各データがブロックに分割されます。


-

RAID 0 保存ステップ3 ドライブ内の各HDDに、データを分散して書き込みます。


-

RAID 0 保存ステップ4データが各ドライブに保存されます。


-

復旧について

RAID 0は 復旧不可能HDD4台を1つのドライブとして扱っているため、構成している内蔵HDDが1台でも故障すると復旧・アクセスともに不可能となります。


-
RAID 0対応製品はこちら

おすすめ情報

一覧を見る