二重化・分散書き込みで安全・高速保存 RAID 10

2台×2のペアでデータを二重化するRAID 10

RAID 10の特長ドライブ2台でデータを2重化したペアを、さらに2台×2でまとめて1組のHDD(アレイ)としてデータを分散して保存します。各ペアには、それぞれ同じデータが記録されます。万一のドライブ故障時には、ドライブを交換し、ペアのドライブからデータを復旧できます。同じデータを保存したペアのドライブが同時に故障しない限り、最大2台までのHDDの故障に対応できます。

アニメーションで見る 手順を図解で見る

保存の仕組み

RAID 10 保存ステップ1パソコンからデータをドライブに転送します。


-

RAID 10 保存ステップ2データを受け取ると、内部のRAIDコントローラー上で各データがブロックに分割されます。同時に、同じ内容のデータが複製されます。


-

RAID 10 保存ステップ3HDD2台1組同士で同じデータを書き込む形になるように各HDDにデータを分散して書き込み、保存されます。


-

復旧の仕組み

RAID 10 復旧ステップ1内蔵HDD4台のうちどれか1台が故障したとします。


-

RAID 10 復旧ステップ2 故障したHDDと新しいHDDを交換します。


-

RAID 10 復旧ステップ32重化されたデータの保存されているHDDのデータを元に、新しいHDDにデータを復旧(リビルド)します。


-

RAID 10 復旧ステップ4故障前の状態にデータが復旧されます。


-

RAID 10のポイントHDDが2台故障した場合も、ペアとなるデータを保存したHDDが正常であれば復旧が可能です。
※同じデータを保存しているHDDペアが2台同時に故障した場合、データは復旧できません。



RAID 10対応製品はこちら

おすすめ情報

一覧を見る