容量・安全性・高速性のバランスが良い RAID 5

ドライブ1台の故障から復旧できるRAID 5

RAID 5の特長データからパリティー(誤り訂正符号)を生成し、データとともに複数のドライブに分散して記録します。
4つのドライブのうち、どれか1つドライブが破損しても、ドライブ交換することでパリティー内の情報から復旧が可能なモードです(HDD4台で構成時)。HDD3台分の容量が使用できます。

アニメーションで見る 手順を図解で見る

■ディスク交換手順を動画で公開中
ハードディスクエラー発生後、ハードディスクを交換し、ディスクアレイの再構築が完了するまでを、早送り/カット無しでご紹介しております。
>>TeraStationハードディスク交換手順はこちら
例.TS-X4.0TL/R5(RAID5)

ディスク交換手順を動画で公開中

※動画ではRAID5での交換手順ですが、RAID6、RAID10、2ベイのRAID1設定時でも同様の手順で交換可能です。
※ラックマウントモデルではボタン配置等は違いますが、同様の手順で交換可能です。(ボタン配置等は各製品ページやマニュアル等を参照ください。)

保存の仕組み

RAID 5 保存ステップ1パソコンからデータをドライブに転送します。


-

RAID 5 保存ステップ2データを受け取ると、内部のRAIDコントローラー上で各データがブロックに分割されます。同時に、「パリティー」と呼ばれる各ブロックのデータを修復するための符号を生成します。


-

RAID 5 保存ステップ3ドライブ内の各HDDに、パリティーも含めてデータを分散して書き込み、保存されます。


-

復旧の仕組み

RAID 5 復旧ステップ1内蔵HDD4台のうちどれか1台が故障したとします。


-

RAID 5 復旧ステップ2 故障したHDDと新しいHDDを交換します。


-

RAID 5 復旧ステップ3データを修復する符号であるパリティーを元に、新しいHDDにデータを復旧(リビルド)します。


-

RAID 5 復旧ステップ4故障前の状態にデータが復旧されます。


-
RAID 5対応製品はこちら

おすすめ情報

一覧を見る