• ショッピング
  • 製品・サービス一覧
  • 対応情報
  • ダウンロード
  • お客様サポート
法人のお客様
HOME > 製品一覧 > ストレージ > データが消えた?故障かな?と思ったら

ストレージ

データが消えた?
故障かな? と思ったら

万が一、データが見つからなくなったり機器が使えないと気づいた場合は、まずは落ち着いて状況の
把握を。正しい対応で、データはまだ取り戻せる可能性があります。
バッファローなら必要に応じて、専門家による復旧の相談も可能です。

機器とデータの状態を調べる

パソコンやハードディスクのデータが読み込めない、データが見つからないと思った場合には、慌ててケーブルを引き抜いたりせず、まずは状況を確認しましょう。

ゴミ箱の確認

ゴミ箱の確認

間違ってデータを削除してしまった場合、ゴミ箱に残っている場合があります。
別のフォルダーに誤って移動されていないかも確認を。

ケーブルの挿し込み

ケーブルの挿し込み

パソコンとハードディスクをつなぐケーブルが外れていたり、しっかり差し込まれていない場合があります。

電源のON/OFF

電源のON/OFF

ACアダプターを別途つなぐハードディスクの場合、コンセントに接続されていなかったり電源がオフになっている場合があります。

機器の異常

機器の異常

パソコンやハードディスクから異音や異常な発熱がある場合は、機器が故障している可能性があります。
他の機器への影響を避けるため、ただちに使用を中止ください。

論理障害

物理障害

軽度

ファイルシステムの破損や損失などの障害

スマート障害(不良セクタ)

中度

初期化・削除などの人為的な操作による障害

ヘッド、メディア等の破損が認められ、
ハードディスクの開封作業を要する障害

重度

複合的な要因で、復旧により高度な解析を必要とする障害

・重度なハードウェアの障害 ・データ部の破損、重複障害により極めて復旧が困難で高度な設備と技術が必要な障害 ・他社ですでに復旧作業されている機器

バックアップから復元しよう

バックアップから復元

パソコンやハードディスクからデータが消えてしまっても、別の機器にバックアップを行っていればデータの復元が可能です。
バックアップから復元した後は、再度別の機器にバックアップを行いましょう。

パソコンの復元機能を使おう

WindowsパソコンとMacには、それぞれOS標準のバックアップ機能でバックアップしたデータの復元機能が搭載されています。復元機能を使って、バックアップデータからデータの復元が可能です。

Windows 回復イメージ
  1. タスクバーの検索ボックスに「ファイルの復元」と入力し、[ファイル履歴でファイルを復元] を選びます。
  2. 目的のファイルを検索し、矢印を使って、そのすべてのバージョンを表示します。
  3. 目的のバージョンを見つけたら、[復元] を選んで元の場所に保存します。 別の場所に保存する場合は、[復元] を長押し (または右クリック) して、[復元場所の選択] を選び、新しい場所を選びます。
Mac 復元イメージ
  1. Time Machineメニューで[Time Machineに入る]を選択するか、DockでTime Machineをクリックします。
  2. 復元するファイルを探します。
  3. [復元]をクリックして、選択ファイルを復元するか、「control」キーを押しながらファイルをクリックして、その他のオプションを表示します。

データが消えた?
故障かな?と思ったら

あらためて状態を確認しても、データが見つからなかったり機器が繋がらない場合は、バッファローではデータ復旧サービスをご利用いただけます。診断やお見積りは無料、保証期間内の軽度の論理障害は無償で対応いたします。