サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > ストレージデバイス > SerialATAのここがポイント!

CONTENTS
SerialATAが高速転送出来る理由
SerialATAとIDE(ParallelATA)の外見上の違い
最新規格「SerialATAII」って何だろう?
対応製品一覧 HOME
Serial ATAはパソコンとハードディスクなどのドライブを接続する最新規格です。
ここでは、従来の接続規格であるIDE[Parallel(パラレル)ATA]と比較しながら
これからの標準規格であるSerial ATAの特徴をわかりやすく解説いたします。

SerialATAが高速転送出来る理由

従来のIDEハードディスクは、Parallel(パラレル)ATAと呼ばれ、複数の信号線を使って複数のデータを同時に送る“パラレル(並列)転送”をおこなっていました。これに対してSerial ATAは、1組の信号線を使って、順番にデータを転送する“シリアル(連続)転送”を採用しています。

 

■一見すると、同時に複数のデータを送ることができるパラレル転送のほうが高速に見えますが…

パラレル転送は、複数の信号線の間で
データが干渉することがあります。
また、高速化により複数のデータを同時に
受け取るタイミングがシビアになっていきます。

シリアル転送は、データの干渉を
気にする必要はありません。
また、データを順番に受け取ればよいので
これからも高速化を期待できます。


■転送速度比較(理論値)

「Serial ATAはどんどん高速化!これからの基本インターフェースになります!」

このように高速化に適した技術であるSerial ATA。さらに上位規格であるSerial ATA IIでは、300MB/sへの対応が進められています

TOPへ戻る▲

SerialATAとIDE(ParallelATA)の外見上の違い

複数の信号線を使うIDEでは、横長の40ピンフラットケーブルを使います。それに対してSerial ATAは1組の信号線で済むため、コネクタは幅1cmほどで非常にスリムなケーブルです。

 

Serial ATAとIDEのケーブル

 

Serial ATAのスリムなケーブルは、従来のフラットケーブルのように内部の空気の流れを妨げないので発熱対策にも効果的。

■Serial ATAではケーブル1本にハードディスク1台

ジャンパーの設定が不要で接続するのも簡単

 

■IDEではケーブル1本にハードディスク2台

2台つなぐため、ハードディスク側でマスタ/スレーブのジャンパーの設定が必要


 

Serial ATAはホットプラグにも対応しています。

SerialATAはホットプラグにも対応しています。コンピュータの電源を入れたまま、装着が可能な仕様となっています。

 

「Serial ATAはスリムなケーブルで扱いやすく、メリットがたくさん!」

着脱も簡単で、細くてフレキシブルなケーブルは取り回しもラクチン。ビギナーでも安心して増設作業ができます。

TOPへ戻る▲

最新規格「SerialATAII」って何だろう?

Serial ATA IIは、Serial ATAの上位規格。
複数のコマンドを効率のよい順序で処理し、ハードディスクのアクセスを最適化する新技術「NCQ(ネイティブコマンドキューイング)」に対応しており、NCQ対応マザーボードを搭載しているパソコンでは、ハードディスクの性能をフル活用できます。

※NCQを使用する場合は、Srial ATA II対応のインターフェイスボードやマザーボードが必要です。

 

NCQ(ネイティブコマンドキューイング)

従来のハードディスクでは
A→B→C→D→Eとコマンド処理するように命令された場合、A→B→C→D→Eと来たコマンドの順番にデータを読み書きするしかなく、ディスクをより多く回転し、データの読み書きに時間がかかっていました。


 

NCQ対応ハードディスクでは
最も効率のよいコマンド処理の順序に並び替えます。図の場合ではA→C→B→E→Dとコマンドを並び替えることで、より少ない回転で(=より短時間で)データの読み書きが可能です。



Serial ATAとSerial ATA IIの互換性

Serial ATAとSerial ATA IIは完全上位互換となっており、Serial ATA IIハードディスクをSerial ATAポートに接続するとSerial ATAハードディスクとして使うことができます。またSerial ATA IIポートにSerial ATAハードディスクを接続可能です。


「最新規格Serial ATA IIも登場。高性能化するハードディスクの実力をフルに引き出します」

TOPへ戻る▲

対応製品一覧

ハードディスク

「ヒートシンクボディ」HD 高速7,200回転&ファンレス/流体軸受けドライブ採用

 

高速インターフェースSerial ATA II対応&流体軸受けドライブ採用

 


高速インターフェースSerial ATA 対応&流体軸受けドライブ採用

 

高速インターフェースSerial ATA、UltraATAに両対応!流体軸受けドライブ採用

 


増設インターフェイス

ケーブリングが容易!SerialATA内部2ポートUltraATA/133内部1ポート

Serial ATA外部2ポート、外付ハードディスク対応

 


DVDライター

使い勝手と速さを両立のスーパーマルチドライブ採用DVDライター!

 

DVD-R片面2層書込みに対応。「オートストラテジー」機能搭載DVDマルチドライブ

 


DVD±R 16倍速&DVD+R片面2層(8.5GB)で5倍速書込みを実現。さらに高速化したマルチドライブ

 


TOPへ戻る▲


※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせ プライバシーポリシー情報セキュリティポリシー Copyright, BUFFALO INC. All rights reserved.
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー