パソコンの起動時間が半分、高速に生まれ変わる

主な特長

パソコンの起動時間が半分、高速に生まれ変わる

HDD搭載パソコン(標準)と
SDD搭載パソコン(本製品交換)を動画で比較

Windows XPの起動、Webブラウザ/表計算/フォトレタッチなどのソフトウェアの起動、デジカメで撮影した写真データの転送を動画で比較しました。同じパソコンでのSSD交換後の速度の違いをご覧いただけます。>動画を見る

<測定環境>
パソコン:DELL Inspiron5150(Intel 852PMチップセット搭載)、CPU:Pentium4 3.2GHz、メモリー:1GB(DDR)、OS:Windows XP SP3(2009年4月弊社測定)
<測定方法>
1st:Windows XPの起動とスタートアップに登録したメモ帳の起動までを測定
2nd:InternetExplorer7の起動後、buffalo.jpが表示されるまでを測定
3rd:Microsoft Excel 2007の起動を測定
4th:Adobe Photoshop CS2の起動を測定
5th:写真ファイル100枚(270MB)をカードリーダーからパソコンへの転送を測定
※特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。


話題の新方式ドライブ“SSD”。だから速い

SSDは、フラッシュメモリーにデータを保存する新方式の大容量ドライブです。
さらに、搭載した複数のフラッシュメモリーに同時アクセスして高速化を図る機能も搭載し、スピードに磨きをかけています。

速度性能をベンチマークでも実証

ベンチマークテストでも速さは歴然。シーケンシャルリード時82.38MB/sを記録しました。

データ転送速度比較

SSDの高速性能を実証

マザーボード:ASUS P4P800SE(ICH5)、CPU:Pentium 4 2.2GHz、メモリー:1.5GB(DDR)、OS:Windows XP SP1。ベンチマークソフトウェア「Crystal Disk Mark Ver.2.2」にてシーケンシャルリードを測定(2009年4月測定)。

今お使いのパソコンの状態をまるごと引越し。だから簡単

PATAポートの反対側にUSBポートを設置USB接続とAcronis Migrate Easyで簡単交換

本製品は、パソコンにUSB2.0で接続できます。USB接続の状態で添付の引越しソフト「Acronis Migrate Easy」を使えば、パソコンの環境を現在搭載されているHDDからSSDへ、環境移行が簡単に行えます。


Acronis MigrateEasy
Acronis Migrate Easy
パソコンの内蔵HDDの内容を、まるごと新しい内蔵SSDに転送し、引越しすることができます。

USB接続でデータをコピー
交換ステップ1
USBケーブルで直接接続し、添付のAcronis Migrate Easyを使用し、データをコピーします。終了したらUSBケーブルを取り外します。

内蔵HDDを取り外す
交換ステップ2
PATAポートから標準搭載の内蔵HDDを取り外します。

本製品を取り付ける
交換ステップ3
PATAポートに本製品を接続します。

交換完了
交換完了




バックアップやセキュリティーなど充実の添付ソフトウェア

バックアップソフトウェア
Acronis True Image LE
OS、データをバックアップ
外付けHDDがあればシステムをOS・ソフト・データまるごとで強力にバックアップできます。万が一のときにも、バックアップした時点まで安全・簡単に復帰することができるので安心です。

パーティーション操作ソフトウェア
Acronis Disk Director LE
パーティションを分割・統合
パソコンのパーティションの作成・変更がフォーマットせずに簡単に行えます。データの保存、ドライブを別けて使いたい方に便利です。

データ消去ソフトウェア
Acronis Drive Cleanser
不要なドライブのOS、データを消去
データを確実に消去・抹消でき、交換したHDDを捨てる際の大切な個人情報や重要なデータの外部流出を防ぎます。


本製品ご利用前のチェックポイント

本製品は右記の条件に当てはまるパソコンでご利用いただけます。ご不明な点はパソコンメーカーのサポートサイト、マニュアルでご確認ください。

■2.5インチHDD標準搭載
■PATA接続インターフェース搭載
  (UltraATA、ATA/100、ATA/66、ATA/33という規格名で記載されています)
■OS:Windows Vista / XP / 2000

※環境移行のためには、標準搭載HDDよりも容量の大きな本製品が必要です。
※パソコンが内蔵HDDの固定に特殊なケースを使用している場合など本製品が取り付けられない場合がございます。
(例.エプソンダイレクト製 F550P)


プチフリ(プチフリーズ)を解消する“ターボSSD”を無償ダウンロード可能

SSDに小さなファイルを頻繁に読み書きする状況では、パソコンの動作が鈍くなる現象プチフリ(プチフリーズ)が発生することがあります。バッファローではプチフリ発生の仕組みに着目し、独自にSSDへのアクセスを最適化するソフトウェア「ターボSSD」を開発。パソコンのメモリーをSSD専用の書き込みキャッシュに用いることでSSDへのアクセスの集中を緩和し、プチフリを解消します。パソコンの速度低下が起こらず快適に動作します。


ターボSSD無償ダウンロード


BCN AWARD 2010受賞

BCN AWARD 2010受賞BCN社による、全国パソコンショップの2009年(1月〜12月)実売データ集計においてシェアNo.1を獲得し、「BCN AWARD 2010 外付けハードディスクドライブ部門」で最優秀賞をいただきました。 当社の外付けハードディスクドライブがお客様に最も選ばれた信頼の証であり、今後も製品づくりに妥協することなく、より使いやすく、よりお求めやすい製品をお届けできるよう努力を積み重ねてまいります。
>>BCN AWARD 2010 特集ページを見る



ラインナップ


製品写真 容量 型番 価格 JANコード 備考
32GB SHD-NPUM32G - 4981254164105 32GB, 販売終了
64GB SHD-NPUM64G - 4981254164129 64GB, 販売終了
128GB SHD-NPUM128G - 4981254164143 128GB, 販売終了
224GB SHD-NPUM224G - 4981254164150 224GB, 販売終了

※掲載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。

仕様

対応機種 PATA(Ultra ATA)ポート及びUSB2.0ポートを標準搭載するDOS/V機(OADG仕様)
対応OS Windows 7 (32bit/64bit) / Vista (32bit) / XP / 2000
  WINDOWS
7 (32bit) 7 (64bit) Vista (32bit) XP 2000
FAT NTFS FAT NTFS FAT NTFS FAT NTFS FAT NTFS
添付ソフトウェア

○:対応
×:非対応
−:未確認
Acronis Migrate Easy × × × ×
Acronis True Image LE
Acronis Disk Director LE × × × ×
Acronis Drive Cleanser
Disk Formatter × × × × × × ×
インターフェース ATA/ATAPI 6 Specification準拠 PATAコネクタ / 50ピン
USB2.0 Specification準拠
電源管理 省電力モード対応
本体動作電圧 5.0V ± 0.25V
消費電力 最大4.75W
消費電流 最大950mA
外形寸法 W100×H9.5×D70mm
重量 90g
動作環境 PATA接続時:温度0〜70℃
USB接続時:温度0〜45℃
湿度(%): 20〜80%(結露なきこと)
RoHS指令準拠
製品構成 本体、USBケーブル、マニュアル、保証書、ユーティリティーCD(Acronis True Image LE、Acronis Migrate Easy、Acronis Drive Cleanser、Acronis Disk Director LE、DiskFormatter、Adobe Reader)

主な特長ラインナップ仕様製品写真マニュアルQ&Aドライバー/ファームウェアページの先頭へ戻る

おすすめ情報

一覧を見る