HOME > 製品情報 > HDD総合情報 > 管理者・RAID機能搭載NAS(法人様向け) > Windows Storage Server 2008 R2 搭載 WS-VLシリーズ

Windows Storage Server、Intel Atom D510搭載

Windows Storage Server 2008 R2、Intel Atom D510搭載 フルラインナップ テラステーションWSS”

高速CPU・大容量メモリーを搭載した強力ハードウェアで高性能・高機能を実現

データのリード/ライトが高速 複数クライアントからの同時アクセスにも強い

本製品はデュアルコア、高クロックのIntel Atom D510を採用。大容量2GBメモリーを搭載し、高いパフォーマンスを実現。従来製品に比べ、データ転送速度を大幅に高速化しました。大容量データの運用や多くのパソコンが接続するオフィスなど処理スピードが重要視される環境に最適です。

データ転送速度の比較

※【測定環境】(2011年3月 当社調べ)
<測定機器> [PC] CPU:Intel Celeron P4500(1.86GHz),Memory:2GB,OS:Windows 7 Home Premium 32bit [NAS]WS-QV4.0TL/R5(RAID 1設定),WS-Q4.0TL/R5(RAID 1設定)
<測定方法>WS-QV4.0TL/R5、WS-Q4.0TL/R5をパソコンとLAN接続し、ベンチマークソフト(CrystalMark2004 R3(Ver0.9.126.451))にてシーケンシャルライトを計測。
※測定値はあくまで特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。

ネットワーク経由で遠隔地にデータ保存できる「DFSレプリケーション」機能

ネットワーク経由で別地域の本製品にバックアップ可能。万一の災害時にもデータを守ることができます。また本社のデータを遠隔地にある各営業所にバックアップを取る場合なども簡単に行なえます。

図

※ネットワーク環境によっては、バックアップに支障の出る場合があります。事前の評価検証を推奨致します。
※本機能を利用するには、Windows Server 2003 R2以降のActive Directory環境に参加している必要があります。
 また2台のテラステーションWSS(右図のWSS-1とWSS-2)が、同一フォレストにある必要があります。

Windows Storage Server 2008 R2を搭載

本製品はWindows Server OSから用途に限定して機能を絞り込まれたOS「Windows Storage Server 2008 R2」を搭載。低コストで手軽にWindows環境に最適な「ファイルサーバー/データストレージ」として導入できます。
既存のWindows環境との親和性が高く、ActiveDirectoryとの連携も非常にスムーズに行えるとともにWindowsならではの各種機能が使用可能。
従来のWindows Storage Server 2003 R2モデルに比べ、iSCSI機能の搭載やハードウェアスペックの強化とファイル共有プロトコルSMB2.1対応で高速化を実現したほか、バックアップ機能の強化やiSCSIストレージの対応、ディスク暗号化機能の追加など豊富な機能が充実しました。さらに、対応ソフトウェアを利用して機能の追加も簡単に行えます。


またWindows Storage Server 2008 R2を搭載した各製品のエディションによる違いは以下のようになります。

Windows Storage Server 2008 R2 エディション Workgroup Standard
テラステーション WSS ラインナップ WS-6VL/R5シリーズ
WS-QVL/R5シリーズ
WS-WVL/R1シリーズ
WS-RVL/R5WEシリーズ
WS-QVL/R5SEシリーズ
WS-RVL/R5シリーズ
接続ユーザー数 50 ※1 無制限
iSCSI Software Target
単一インスタンス ストレージ(SIS) ×
フェイルオーバー クラスタリング × ×
OEMカスタマイズ可能なOOBE
Web RDP クライアント
仮想化(Hyper-Vホスト/ゲスト) × × ※2
分散ファイルシステム レプリケーション(DFSR)
ファイルサーバー リソースマネージャ
プリントサーバー
DHCPサーバー
DNS ×
RODC ×
BranchCache - ホストされるキャッシュ × ×

※1. Workgroup Editionは50ユーザー以内でご利用が可能です。
  ユーザーアカウントは再割り当て可能ですが、90日以内の再割り当てはできません。
  また、以下の条件下であれば51人以上のアカウントが登録された「AD環境下」で利用可能となります。
  ・ユーザー1人につき1つのアカウントが割り当てられていること。
  ・1つのアカウントを複数人で利用しないこと。
  ・ユーザーは、常に自分のアカウントでのみNASへアクセスすること
※2. OSとしては対応しておりますが、搭載CPUがVirtualization Technologyをサポートしていないためご利用いただけません。

ラインナップ

Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup Edition 搭載モデル 容量 RAID対応
6ドライブモデル WS-6VL/R5シリーズ
詳しくはこちら
製品写真
16TB
12TB
RAID 5
RAID 1
RAID 0

USB3.0
usb2.0/1.1 × 2

4ドライブモデル WS-QVL/R5シリーズ
詳しくはこちら
製品写真
8TB
8TB
RAID 5
RAID 1
RAID 0

USB3.0
usb2.0/1.1 × 2

2ドライブモデル WS-WVL/R1シリーズ
詳しくはこちら
製品写真
16TB
8TB

RAID 1
RAID 0

USB3.0
usb2.0/1.1 × 2

ラックマウントモデル(1U・4ドライブ) WS-RVL/R5WEシリーズ
詳しくはこちら
製品写真
4TB RAID 5
RAID 1
RAID 0

USB3.0
usb2.0/1.1 × 3

Windows Storage Server 2008 R2 Standard Edition 搭載モデル 容量 RAID対応
4ドライブモデル WS-QVL/R5SEシリーズ
詳しくはこちら
製品写真
8TB
8TB
RAID 5
RAID 1
RAID 0

USB3.0
usb2.0/1.1 × 2

ラックマウントモデル(1U・4ドライブ) WS-RVL/R5シリーズ
詳しくはこちら
製品写真
8TB
4TB
RAID 5
RAID 1
RAID 0

USB3.0
usb2.0/1.1 × 3

オプション

交換用HDD OP-HDシリーズ
詳しくはこちら
製品写真
保守サポートパック
デリバリー保守パック OP-TSDN
詳しくはこちら

対応情報

ページの先頭へ

おすすめ情報

一覧を見る