HOME > 製品情報 > HDD総合情報 > 管理者・RAID機能搭載NAS(法人様向け) > テラステーションWSS WS5000N6シリーズ > 柔軟なアクセス管理・機能追加で目的に応じたストレージを構築

柔軟なアクセス管理・機能追加で目的に応じたストレージを構築

TeraStation WSS 5000

  • TOP
  • 柔軟なアクセス管理・機能追加で目的に応じたストレージを構築
  • オフィスの情報共有やサーバーの容量不足を解消するハイパフォーマンス機
  • 機器管理者の負担を軽減する充実の機能
  • 業務を止めない高い耐障害性・可用性を提供
  • 導入から、保守まで安心の法人様用NAS

Active Directoryと完全連携。大規模なユーザー・グループのアクセス管理も容易に

Active Directoryサーバーに登録されているアカウント情報を利用したファイルやフォルダーのアクセス制限に対応。一元管理によって導入・管理の手間が省略できます。部署ごとにアクセスや利用容量もあらかじめ制限が可能なため、日々の運用も手軽に行えます。Windows Storage Server OS搭載だからユーザー・グループ数も無制限※で対応でき、大規模な環境にも適用できます。

※Standardエディションの場合。Workgroupエディションの場合、最大50ユーザー。

テラステーションWSSとテラステーション(Linux OS)比較図

目的に応じてソフトウェアを活用 各社ソフトウェアの利用で必要な機能をNASに後付け

WindowsベースのOSを搭載したテラステーションWSSならではのメリットは市販の対応ソフトウェアのインストールができること。
例えば、一口にデータ保護と言っても「クラウドへのバックアップ」「ストレージの仮想化」など手段はいろいろ。
用途に特化したソフトウェアを利用することで、必要な機能だけを無駄なく付加できます。

おすすめ情報

一覧を見る