HOME > 製品一覧 > ストレージ > ブルーレイ/DVD/MO/FDドライブ総合情報サイト > アップスケーリング保存で映像をもっとキレイに残せる

アップスケーリング保存で映像をもっとキレイに残せる


ハイビジョン画質でキレイに残す

百聞は一見にしかず 違いを見比べてみよう

元になる映像とアップスケーリングを行って変換した映像の違いを見比べてみましょう。再生時の縦横サイズ、輪郭のシャープさ、色の鮮やかさ、動きのなめらかさが違います。

Point 1:変換前の映像をそのまま再生 サイズが小さいムービー再生

Point 2:変換前の映像をアップスケーリングで保存して再生 サイズが大きくなって、輪郭がくっきり、色が鮮やかムービー再生

Point 3:そのまま拡大とアップスケーリング機能を並べて比較 サイズ、輪郭、色、動きを見比べるムービー再生


※ダウンロードボタンをクリックすると空白の別ウィンドウが表示され、ファイルのダウンロードが始まります。
※映像はできるだけ大きく表示していただくと、違いが分かりやすくなります。

映像を再生するために必要なパソコンの構成はこちら

最小構成:720ピクセルのビデオ再生
OS

○Windows 7/ Vista / XP

CPU

○2.4 GHz以上または同等

メモリー

○384MB

グラフィック

○VRAM64MB以上

画面解像度

○1024 x 768ピクセル

最適構成:1080ピクセルのビデオおよび5.1チャネルサラウントサウンド再生
OS

○Windows 7/ Vista / XP

CPU

○3.0 GHz以上または同等

メモリー

○512MB

グラフィック

○VRAM128MB

画面解像度

○1920 x 1440ピクセル または
1920 x 1080ピクセル


閉じる

キレイに保存する技術

ハイビジョン画質でシャープな輪郭、なめらかな動き、色を明るく鮮やかにする技術と、 より臨場感のあるサウンド技術でアップスケーリング保存を実現しています。

高画質でシャープな映像へ

解像度をアップしながら、低解像度映像で出やすい輪郭のギザギザなどを取り除き、ぼんやりとした映像を輪郭がはっきりしたシャープな映像へと変身させることができます。

元の映像データとアップスケーリング保存した映像データの輪郭の比較

明るく鮮やかな色表現

再生映像をより鮮明で適切な明るさへと自動的に調整します。手動でお好みの画質に調整することも可能です。

主なビデオフォーマットに対応

ファイル形式の異なる映像データでもまとめて高画質な映像に変換できます。

取り込み可能なビデオフォーマット
MPEG-1, MPEG-2, MPEG-4


わたしでもできる簡単ハイビジョン ファイルを選んで変換するだけだから簡単。難しい設定は一切不要です。 もちろん、手動での画質調整も可能です。

まず、アップスケーリング保存したいSD画質の映像を用意します。


フォルダアイコン をクリックして、[メディアファイルのインポート]から用意したSD画質の映像を選択します。

SD画質の映像を画面にドラッグ&ドロップします。2 の画面が表示されたら、[なし]をクリックします。


[編集]→[補正/強調]→[ビデオエンハンスメント]にチェックします。

[出力]→[ファイル]をクリックし、ファイル形式とHD画質のプロファイルを選択します。 その後[開始]をクリックします。


以上で変換完了です。

ブルーレイディスクを作成して、ブルーレイプレーヤーやゲーム機などで再生して リビングの大画面ハイビジョンテレビでも楽しめます。

※ブルーレイディスクの作成手順は製品マニュアルをご参照ください。



対応製品は「アップスケーリング保存」が目印

  • 外付けブルーレイ
  • ポータブルブルーレイ
  • 内蔵ブルーレイ

ページの先頭へ

PR

リアルデジタルライフの実生活レビュー

サポート関連情報

ダウンロード

ファームウェアをアップデートすると、対応メディアが増えたり新機能が追加されます。
その他、最新のソフトウェア/製品マニュアルもこちらからダウンロード頂けます。

対応情報

お使いのパソコンに対応した製品をお探しいただけます。

最新OSの対応情報を一覧でご確認いただけます。

サポートセンター

おすすめ情報

一覧を見る