HOME > 製品一覧 > 知ってなっとく接続規格 > コンポジット端子(RCA)

知ってなっとく接続規格 コンポジット端子(RCA)

コンポジット端子(RCA)とは

読み方:コンポジットタンシ

映像機器の映像をテレビに送るための接続規格です。
従来のアナログ放送のSD解像度の映像をアナログ方式で伝送します。多くの映像機器の入出力に利用されています。

主な特長

パソコンの映像をテレビに映す

コンポジット端子搭載のパソコンやグラフィックボードからテレビに映像を出力をできます。また、アナログRGB 15ピンの映像出力をコンポジット端子接続に変換できるパソコン用TV出力でも、同様に映像出力可能です。パソコンの動画を大迫力で楽しみたい場合などに便利です。

パソコンの映像をテレビに映せます

メディアプレーヤーの映像をデジタルテレビに映す

コンポジット端子でビデオプレーヤーをテレビに接続できます。

メディアプレーヤーをつなぐ

ビデオテープの映像をパソコンに取り込む

パソコンにビデオキャプチャーを増設し、ビデオデッキやチューナーなど映像をパソコンに取り込めます。

想い出の映像をパソコンに保存する

コネクター形状と接続口

パソコン側接続口

パソコン側接続口

コネクター形状

コネクターの差込み面と上面

リンクシアターとの接続

奥までしっかり差し込みます

同じ色同士で、奥までしっかり挿し込みます。

接続可能な周辺機器

  • ビデオプレーヤー
  • パソコン用テレビ出力機器
  • ビデオキャプチャー


ページの先頭へ

知ってなっとく接続規格:トップページへもどる

おすすめ情報

一覧を見る